金鯱賞

【金鯱賞2022予想】コース解説(中京芝2000m)

中京芝2000m
中京芝2000m

第1回中京競馬終了後、傷みの大きかった3コーナーから4コーナー約4,000平方メートルの芝張替が実施されました。

芝馬場の損傷した箇所に洋芝を追加播種されました。

馬場内側全周に渡り、約2週間保温効果のあるシートで養生されました。

部分的に先開催までの傷みが残っていますが、全体的には良好な状態です。

金鯱賞は開幕週に開催されます。

中京芝2000m芝コースの1周距離は阪神競馬場や中山競馬の内回りコースよりも長く、直線の長さは京都競馬場の外回りよりも長いコースで、ローカル競馬場でも中央競馬場に近いコース設定になっています。

中京競馬場芝Aコースの1週距離は1705.9m、幅員は28~30m、直線距離は412.5m、高低差は3.5mです。

3.5mの高低差は中山競馬場、京都競馬場に次いで国内競馬場で3位となっています。

コース全体の高低差は、スタートしてゴール地点を通過した辺りから向こう正面半ば、スタートしてから900m地点まで高低差約1mのなだらかな上り勾配が続きます。

この1番高い地点からは直線の入口にかけて高低差3.5mを下ります。

直線に向いてすぐの残り340mの地点から高低差2.1m、勾配率2.1%、中山競馬場(勾配率2.24%)に次ぐ急坂を上がりきってからゴールまで約200mを全力で走ることが求められる非常にタフなコース設定になっています。

中京芝2000m芝コースは、直線距離が412.5mと長く、高低差は中山競馬場に匹敵します。

金鯱賞(中京芝2000m)では、急坂を2回超えるスタミナとパワーが求められます。

また、ゴール前の急坂を上がりきって残り200mの直線距離を、一瞬の瞬発力でトップスピードにギアチェンジできる反応の良い馬の好走率が高い傾向があります。

中山競馬場、阪神競馬場とは異なる急坂は馬の底力が問われます。

高速決着で苦戦していた馬が上がりのかかる中京競馬場で一変激走することがあります。

逆に高速決着で連勝していた馬が金鯱賞で人気を裏切っての大敗のパターンもあります。

金鯱賞は直線の急坂を2回上る非常にタフなコース。

前半はスピードを持続して、直線でも瞬発力を使えるスタミナが要求されます。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【金鯱賞2022予想】データ分析と傾向

金鯱賞
金鯱賞

金鯱賞過去5年単勝人気別成績

1番人気は、3勝・2着1回・3着1回・着外0回、勝率%、連対率%、複勝率100%。

2番人気は、1勝・2着0回・3着1回・着外3回、複勝率40%。

3番人気は、0勝・2着0回・3着0回・着外0回、複勝率0%。

4番人気は、0勝・2着0回・3着0回・着外0回、複勝率0%。

5番人気は、0勝・2着1回・3着0回・着外4回、複勝率20%。

6番から9番人気は、0勝・2着3回・3着2回・着外15回、複勝率25%。

10番人気以下は、1勝・2着0回・3着1回・着外13回、複勝率13%。

金鯱賞過去5年の単勝1番人気は3着内率100%で信頼度は高い。

2021年は最下位10番人気だったギベオンが勝利を収めたほか

2018年以降の4回は9頭から13頭と少なめの荒れる可能性があると少なめの頭数で開催されています。

2着・3着に人気薄が絡む波乱傾向があるレースです。

金鯱賞過去5年前走との間隔別成績

中8週以下は、1勝・2着1回・3着3回・着外24回、複勝率17%。

中9週以上は、4勝・2着4回・3着2回・着外21回、複勝率32%。

過去5年の3着以内馬15頭中10頭は前走から中9週以上のレース間隔をあけていました。

間隔の空いている馬が中心になりそうです。

金鯱賞出走予定馬の中京芝2000mの持ち時計

――――――――――――――

中京芝2000mコースレコード
2017/07/15
1分58秒3
マレーシアカップ
ストロングタイタン

――――――――――――――

第1位
ランブリングアレー
1分58秒7

――――――――――――――

第2位
ギベオン
1分59秒3

――――――――――――――

第3位
ジャックドール
1分59秒4

――――――――――――――

第4位
ショウナンバルディ
1分59秒6

――――――――――――――

第5位
サンレイポケット
1分59秒8

――――――――――――――

第6位
シフルマン
1分59秒9

――――――――――――――

第7位
ソフトフルート
2分00秒0

――――――――――――――

第8位
アカイイト
2分00秒6

――――――――――――――

第9位
アラタ
2分01秒2

――――――――――――――

第10位
ポタジェ
2分01秒9

――――――――――――――

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【金鯱賞2022予想】本命馬情報

金鯱賞
金鯱賞

【アカイイト】末脚強烈

父キズナ。母ウアジェト。母の父シンボリクリスエス。

昨年のエリザベス女王杯は初騎乗の幸英明騎手が10番人気の低評価を覆して、後方13番手から捲り35秒7のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し、G1初挑戦・初制覇を達成しました。

これまで20戦中13戦でメンバー中上がり3F最速を計時した強烈な末脚があります。

休み明けの府中牝馬を使われて、馬が本格化してエリザベス女王杯を優勝しました。

アカイイトのこれまでの実績から有馬記念(G1)は相手が強すぎると思われましたが、7着に粘り込み実力を示しました。

21戦中13戦でメンバー中最速上がりの末脚を使った実績から、直線距離が412.5mと長い中京芝コースで高いポテンシャルを発揮しての勝ち負けが金鯱賞で期待されます。

【ジャックドール】2枚脚

父モーリス。母ラヴァリーノ。母の父Unbridled’s Song。

昨年9月の3歳以上1勝クラス(中京芝2000m)、浜名湖特別(2勝クラス・中京芝2000m)、ウェルカムS(3勝クラス・東京芝2000m)、白富士S(L・東京芝2000m)の左回りの芝2000mを逃げ・先行で4連勝中の昇り馬です。

ジャックドールは逃げ、または2番手で先行しながら直線で速い瞬発力が使える2枚脚を持っています。

中京芝2000m(金鯱賞)は、直線の急坂を2回上る非常にタフなコースで前半はスピードを持続して、直線でも瞬発力が求められるコースでジャックドールの2枚脚が最大限いかされると思われます。

【サンレイポケット】左回り巧者

父ジャングルポケット。母アドマイヤパンチ。母の父ワイルドラッシュ。

昨年の新潟大賞典(G3・新潟芝2000m)は、早朝の雨で時計の掛かる馬場、11番手の後方から、直線36秒5のメンバー中最速上がりの末脚で差して優勝しました。

天皇賞(秋)(G1)、前走のジャパンカップ(G1)は、一線級強豪馬を相手に連続4着して、G1でも通用する実力があることを示しました。

前走の京都記念(G2・阪神芝2200m)は、道中は中団を追走から直線に入って馬郡を割って伸びて3着に善戦しました。

ジャパンC(G1)4着、天皇賞(秋)(G1)4着、そして左回りで4勝をあげている左回り巧者。左回りの中京芝2000m(金鯱賞)で重賞2勝目をあげるか注目されます。

【レイパパレ】ベストの条件

父ディープインパクト。母シェルズレイ。母の父クロフネ。

デビュー5連勝で挑んだ、大阪杯は、時計の掛かる馬場をマイペースで逃げ、4馬身差の圧勝でコントレイル、グランアレグリアを抑えて優勝しました。

宝塚記念はユニコーンライオンに先手をとられ2番手で先行、ハナを奪うことができず自分のリズムをつかめなかったことが敗因で3着。

その後オールカマー(G2)4着、エリザベス女王杯(G1)6着、香港C(G1)6着とG1・G2で善戦しています。

レイパパレは国内での芝1600mから芝2000mでは6戦全勝、中京芝2000m(金鯱賞)はベストの条件で、巻き返してくる可能性は十分にあると思われます。

【ポタジェ】昨年3着

父ディープインパクト。母ジンジャーパンチ。母の父Awesome Again。

・2018年セレクトセールにて2億520万円で落札された期待の良血馬です。

2020年に生田特別(1勝クラス)、西部日刊スポーツ杯(2勝クラス)、岸和田S(3勝クラス)、白富士S(L)を4連勝してオープン入りしました。

その後金鯱賞(G2)3着、新潟大賞典(G3)2着、毎日王冠(G2)3着と重賞でも好走。

前々走は天皇賞(秋)(G1)で強豪馬を相手に6着に好走。

前走のアメリカジョッキーC(G2)は初めての芝2200mでしたが5着に入線。

芝2000mでは天皇賞(秋)6着以外は全て3着以内に入っています。

芝2000mへの距離適性が非常に高い馬です。昨年の金鯱賞は勝ち馬と0秒1差の3着、2年連続で馬券に絡む可能性は十分にあると思われます。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【金鯱賞2022予想】穴馬情報

金鯱賞
金鯱賞

【シャドウディーヴァ】瞬発力勝負なら

父ハーツクライ。母ダイヤモンドディーバ。母の父 Dansili。

昨年の府中牝馬(G2・東京芝1800m)は、後方14番手追走から直線、外へ出されて上がり3Fを33秒1のメンバー中最速上がりの末脚で差し切って優勝しました。

ジャパンC(G1)は、1コーナーで不利を受けましたが優勝馬コントレイルから0秒9差の7着と牝馬ながら善戦しました。

ジャパンC、有馬記念の長距離G1からの距離短縮でパフォーマンスを上げてくると思われ、金鯱賞がスローの瞬発力勝負になれは中京の長い直線でまとめて差し切るシーンがあっても驚けません。

【ステラリア】5戦連続最速上がり

父キズナ。母ポリネイター。母の父Motivator。

デビュー2戦目から5戦連続メンバー中最速上がりの末脚を使っています。

昨年の忘れな草賞(L・阪神芝2000m)を勝利後は優駿牝馬(G1)13着、秋華賞(G1)6着でした。

しかし前走のエリザベス女王杯(G1)は、勝負所で馬郡に包まれましたが直線外へ出されて伸び、内の馬を交わして2着に入線して実力がついてきたことを示しました。

5戦連続最速上がりの末脚は、中京の長い直線でいかされると思われます。

【ソフトフルート】3勝の舞台

父ディープインパクト。母ストロベリーフェア。母の父Kingmambo。

オープン未勝利馬ですが、前々走のエリザベス女王杯(G1・阪神芝2200m)では後方15番手から、直線は馬群を割って上がっていき2着馬ステラリアと0秒1差の4着に粘り込みました。

前走の愛知杯(G3・中京芝2000m)は後方15番手を追走。4コーナーで外を回り、直線大外を33秒9のメンバー中最速上がりの末脚で追い込み4着。

外々を回った距離ロスを考慮すれば負けて強しの競馬でした。

中京芝2000mで3勝をあげている得意のコースで重賞初制覇が期待されます。

【アラタ】重馬場巧者

父キングカメハメハ。母サンシャイン。母の父ハーツクライ。

昨年4歳以上1勝クラス(中山芝2200m)、駒ケ岳特別(2勝クラス・函館芝2600m)、STV杯(3勝クラス・函館芝2000m)、ケフェウスS(OP・中京芝2000m)を一気の4連勝した潜在能力が高い馬です。

前走の福島記念(G3・福島芝2000m)は、9番手に控えて追走。勝負所で外から上がっていき、直線35秒3のメンバー中最速上がりの末脚で追い込みましたが3着でした。

時計のかかる馬場で力強く、速い末脚を使えるタイプなので、金鯱賞が重い馬場になれば勝ち負けは必至です。

【ショウナンバルディ】得意の距離

父キングズベスト。母バノヴィナ。母の父Redoute’sChoice。

昨年の鳴尾記念(G3・中京芝2000m)は2番手先行から直線でもスピードを持続して2着に粘り重賞で初連対しました。

続く七夕賞(G3・福島芝2000m)は、前夜の雨の影響が残って時計の掛かる馬場。8番手を追走から、直線でやや外へ出され、馬郡を割って伸びて3着。

勝ち切れませんでしたが、しぶとい競馬で実力がついてきたことを示しています。

前々走の中日新聞杯(G3・中京芝2000m)は、1枠2番から先頭へ、競りかけられることなくスムーズに逃げ、直線でも余力十分でゴール、後続に並ばせることなく逃げ切りました。

中京芝コースは7戦3勝・2着1回・3着1回で勝率43%、連対率57%、複勝率71%と金鯱賞出走メンバー中トップクラスのコース適性を誇り、得意の距離での巻き返しが期待されます。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【金鯱賞2022予想】コース適性情報

金鯱賞
金鯱賞

【ランブリングアレー】持ち時計第1位、1分58秒7。

父ディープインパクト。母ブルーミングアレー。母の父シンボリクリスエス。

中京芝2000mは1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%。

中京コースは1戦0勝・2着2回・3着0回で複勝率は100%。

芝2000mは6戦1勝・2着3回・3着0回で複勝率は67%。

左回りは2戦0勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%です。

愛知杯(G3・中京芝2000m)は1分58秒7の好時計で勝馬マジックキャッスルとタイム差無しの2着。

ヴィクトリアマイル(G1)2着、小倉大賞典(G3)2着と重賞で好走。

金鯱賞では全く人気になりそうではありませんが、持ち時計第1位ならおさえておいた方が良さそうです。

【ギベオン】持ち時計第2位、1分58秒7。

父ディープインパクト。母コンテスティッド。母の父Ghostzapper。

中京芝2000mは5戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は40%。

中京コースは5戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は40%。

芝2000mは12戦3勝・2着0回・3着0回で複勝率は25%。

左回りは13戦3勝・2着1回・3着0回で複勝率は31%です。

中日新聞杯(G3)1着、2020年金鯱賞(G2)4着、2021年金鯱賞(G2)1着と中京芝2000mの重賞で2勝しています。

ここ4戦は凡走が続いていますが、昨年優勝したコースなら巻き返しがあっても驚けません。

【ジャックドール】持ち時計第3位、1分59秒4。

父モーリス。母ラヴァリーノ。母の父Unbridled’s Song。

中京芝2000mは2戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

中京コースは2戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

芝2000mは8戦5勝・2着2回・3着0回で複勝率は88%。

左回りは5戦4勝・2着0回・3着0回で複勝率は80%です。

3歳以上1勝クラス(中京芝2000m)を2番手で先行しての1分59秒4の時計は非常に優秀です。

中京芝2000mは2戦2勝と抜群のコース適性があります。

初重賞挑戦の金鯱賞で、勝ち負けは必至です。

【ショウナンバルディ】持ち時計第4位、1分59秒6。

父キングズベスト。母バノヴィナ。母の父Redoute’sChoice。

中京芝2000mは7戦3勝・2着1回・3着1回で複勝率は71%。

中京コースは8戦3勝・2着1回・3着1回で複勝率は63%。

芝2000mは20戦4勝・2着3回・3着3回で複勝率は50%。

左回りは10戦3勝・2着1回・3着1回で複勝率は50%です。

2020年中日新聞杯(G3)4着、鳴尾記念(G3)2着、前々走中日新聞杯(G3)1着と中京芝2000mで開催される重賞は3戦全て4着以内に好走しています。

適性が高い中京芝2000m開催重賞の金鯱賞なら好走する可能性は十分にあると思われます。

【サンレイポケット】持ち時計第5位、1分59秒8。

父ジャングルポケット。母アドマイヤパンチ。母の父ワイルドラッシュ。

中京芝2000mは、4戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。

中京コースは5戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は40%。

芝2000mは14戦4勝・2着3回・3着1回で複勝率は57%。

左回りは15戦4勝・2着2回・3着2回で複勝率は53%です。

昨年の金鯱賞は、雨の影響が残ってかなり時計の掛かる馬場でしたが、勝ち馬 ギベオンから0秒2差の6着。

天皇賞(秋)4着、ジャパンカップ4着の走りは、左回りコースへの適性が高いことを十分に示しています。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【金鯱賞2022枠順確定】

1-1 ショウナンバルディ
2-2 ギベオン
3-3 ジャックドール
4-4 ソフトフルート
4-5 ポタジェ
5-6 アカイイト
5-7 シャドウディーヴァ
6-8 アラタ
6-9 シフルマン
7-10 レイパパレ
7-11 ステラリア
8-12 ランブリングアレー
8-13 サンレイポケット

【金鯱賞2022予想オッズ】

人気馬名予想オッズ
1ジャックドール2.1
2レイパパレ3.9
3サンレイポケット6.2
4アカイイト8.6
5ポタジェ9.1
6シャドウディーヴァ21.3
7ステラリア23.9
8アラタ30.8
9ソフトフルート32.5
10ショウナンバルディ43.8
11ランブリングアレー57.1
12ギベオン70.9
13グラティアス95.2
14シフルマン229.6
15ワールドウインズ320
金鯱賞2022予想オッズ