フィリーズレビュー

【フィリーズレビュー2022予想】コース解説(阪神芝1400m内回りコース)

阪神芝1400m
阪神芝1400m

フィリーズレビューは、阪神第1回開催10日目に実施されます。

阪神第1回開催はAコースを使用しています。

芝状態は向正面直線および正面直線に部分的な傷みが見られますが、その他の箇所については概ね良好な状態です。

阪神競馬場芝Aコース(内柵を最内に設置)は、一周距離が2,089m、幅員が24~29m、直線距離が473.6m、高低差が2.4mです。阪神芝1400mは、2コーナーの引き込み線がスタート地点になります。

3コーナーまでの距離は約450mと十分な距離があり、なだらかな下り坂で逃げ馬には息が入りやすく有利になり、追い込み馬には厳しいコース形態です。

3コーナー半ばの残り800m地点から直線の残り190m地点にかけて緩やかに下り、残り190m地点から高低差1.8m、勾配率1.5%の約95mの急坂を上がってゴールまで残り95mの平坦な直線を走ります。

阪神芝1400m内回りコースは、スピード能力に加えてタフさも要求されます。

内回りコースの直線は356mで外回りコースより117m短く、後方一気は難しい傾向があります。

ある程度の先行力と直線で一瞬の切れる末脚は有効になります。

独特なコース形態なので阪神芝1400m巧者の好走度が高くなっているのが、阪神芝1400m内回りコースの特徴です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【フィリーズレビュー2022予想】データ分析と傾向

フィリーズレビュー
フィリーズレビュー

フィリーズレビュー過去10年単勝人気別成績

2番人気は、2勝・2着3回・3着2回・着外3回、複勝率70%。

8番人気は、3勝・2着1回・3着0回・着外6回、複勝率40%。

11~13番人気1勝・2着1回・3着3回・着外25回、複勝率16%。

2番人気が複勝率70%と好成績。

勝率のトップは8番人気で30%。

11~13番人気も馬券に絡んでいます。

1~3着馬がすべて5番人気以内で決着した年は過去10年で1度もありまでん。

穴馬の激走に期待できるレースです。

フィリーズレビュー過去10年馬番別成績

1~6番は、8勝・2着2回・3着2回・着外48回、複勝率20%。

7~12番は、1勝・2着5回・3着3回・着外51回、複勝率15%。

13~18番は、2勝・2着2回・3着5回・着外45回、複勝率16%。

優勝馬11頭(2019年は1着同着)中8頭が6番以内から出ており、内枠有利は否めません。

フィリーズレビュー過去10年馬体重別

438キロ以下は、1勝・2着4回・3着4回・着外54回、複勝率14%。

440~458キロは、4勝・2着3回・3着1回・着外回、複勝率14%。

460~478キロは、5勝・2着2回・3着2回・着外30回、複勝率23%。

480キロ以上は、1勝・2着0回・3着3回・着外11回、複勝率26%。

特に優勝馬11頭中9頭は、440~478キロの馬が占めています。

480キロ以上馬が複勝率26%と高くなってます。

フィリーズレビュー過去10年前走クラス別成績

前走G1組は、3勝・2着4回・3着3回・着外19回、複勝率34%。

前走オープン・重賞組は、2勝・2着2回・3着2回・着外53回、複勝率10%。

前走1勝クラス組は、5勝・2着3回・3着5回・着外50回、複勝率20%。

前走新馬・未勝利組は、1勝・2着0回・3着0回・着外19回、複勝率5%。

前走G1組の複勝率が10%と高い。

狙いは前走1勝クラス組で、過去10年で5勝をあげています。

新馬・未勝利戦組は見送ったが無難。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【フィリーズレビュー2022予想】本命馬情報

フィリーズレビュー
フィリーズレビュー

【ナムラクレア】同舞台重賞2着

父ミッキーアイル。母サンクイーン。母の父Storm Cat。

デビュー2戦目のフェニックス賞(OP・小倉芝1200m)は、雨の影響で時計の掛かる馬場。

出遅れましたがスッと3番手へ順位を上げていき、36秒4のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し勝利。

格上挑戦での勝利は高く評価できます。

3走前の小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)は、中団の6番手を追走、直線は大外を回って上がっていき、33秒9のメンバー中最速上がりの豪快な末脚で差し切って、2馬身差を広げての快勝でした。

前々走のファンタジーS(G3・阪神芝1400m)は、中団前目の4番手を追走、直線では34秒6のメンバー中最速上がりの末脚で追い込みましたが2着でした。

前走の阪神JF(G1・阪神芝1600m)は1枠1番から勝負所で外を回って進出、じわじわ伸びて5着。

短距離馬ながら1600mで粘りました。

フィリーズレビューと同じ舞台であったファンタジーSで2着と結果を残している得意コース。

距離短縮で巻き返しは必至です。

【アネゴハダ】注意馬体重

父キズナ。母イニシャルダブル。母の父ウォーエンブレム。

前走の3歳1勝クラス(阪神芝1400m)は、ダートから芝に戻って3番手の好位で先行。

抜け出して先頭に立ち、後続の馬に並ばせず、芝で初勝利をあげました。

昨年の7月デビューから休養なく使われ、馬体減りしていないかがポイントになります。

馬体重が減っていなければ、前走阪神芝1400mでの強い勝ち方から、フィリーズレビューでも十分勝ち負けできる実力馬であることが推測されます。

【マイシンフォニー 】距離短縮でいい面が

父ディープインパクト。母テディーズプロミス。母の父Salt Lake。

前走の3歳未勝利(阪神芝1800m)は、4か月半の休み明けでしたが仕上がっていました。

好位のインコースを追走。

直線は馬郡を割って抜け出し1馬身の差をつけ、余力を残して勝利しました。

かかりながら走る気性の荒い気質なので距離短縮でいい面がでればフィリーズレビューで圧勝の可能性は十分にあると思われます。

【キミワクイーン】芝1400mで2戦2勝

父ロードカナロア。母チェリーペトルズ。母の父ダイワメジャー。

デビュー戦の2歳新馬(東京芝1400m)は、大外枠の8枠15番から先頭へ、後続に並ばせることなくスローペースで逃げ切り勝利しました。

前々走の2歳1勝クラス(東京芝1400m)は、3番手で先行。直線でやや外へ出され、前の馬を、交わして1着。

距離短縮で2勝目を挙げました。

芝1600m重賞では6着、10着と結果を出していませんが、芝1400mで2戦2勝の短距離馬。

フィリーズレビューでは、適性が高い距離に戻り変わり身を見せてくる可能性があります。

【サブライムアンセム】高い自在性

父ロードカナロア。母パストフォリア。母の父シンボリクリスエス。

前走の3歳未勝利(東京芝1400m)は、向こう正面で馬郡に包まれて走りにくそうにしていましたが、立て直して直線で外へ出されて34秒6のメンバー中最速上がりの末脚で伸びて勝利しました。

阪神芝1400mは、2戦2着2回と得意にしているコース、前走からの距離短縮になりますがフィリーズレビューへは十分対応可能です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【フィリーズレビュー2022予想】穴馬情報

フィリーズレビュー
フィリーズレビュー

【スリーパーダ】芝1200mベスト

父ミッキーアイル。母シンハリーズ。母の父Singspiel。

半姉に2016年のオークスを制したシンハライトがいる良血馬です。

父がミッキーアイルでスピードタイプの短距離色がかなり強くでています。

芝1200mでは2戦1勝・2着1回ですが、前走のファンタジーS(G3・阪神芝1400m)では7着に敗退。

芝1200mがベストで芝1400mを克服できるかどうかが鍵になりそうです。

【ウィリン】潜在能力高い

父スクリーンヒーロー。母レッドカーラ。母の父マンハッタンカフェ。

デビュー戦の2歳新馬(福島芝1200m)は、逃げて直線でも後続を突き放し7馬身差で圧勝したスピード能力が非常に高い馬です。

前走紅梅S(L・中京芝1200m)は、骨折の影響により、約半年ぶりの実戦でしたが、勝ち馬フォラブリューテから0秒5差の3着に入線して距離延長に対応できました。

まだ1勝馬ですが、潜在能力が高く重賞でも十分通用すると思われます。

【テイエムスパーダ】距離延長と急坂

父レッドスパーダ。母トシザコジーン。母の父アドマイヤコジーン。

デビュー2戦目のフェニックス賞(OP・小倉芝1200m)は、勝ち馬ナムラクレアと0秒1差の2着。

ナムラクレアが次走小倉2歳Sを勝ったことを考慮すれば、フェニックス賞のレースレベルが高かったことがわかります。

前走のあざみ賞(1勝クラス・小倉芝1200m)は、約半年ぶりの休養明けをあっさりとクリアし、2着馬に3馬身差をつける圧勝で潜在能力の高さを示しました。

200mの距離延長とゴール前の急坂を克服できるかどうかがポイントになりそうです。

【ゼロドラゴン】決め手勝負

父ブラックタイド。母スカイノダン。母の父サクラバクシンオー。

ブラックタイド×サクラバクシンオーは、歴史的名馬キタサンブラックと同じ配合です。

ゼロドラゴンは、母系の影響が強いタイプで短距離向きです。

前走の2歳未勝利(阪神芝1200m)は、34秒0のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し勝利。

3歳1勝クラス(阪神芝1200m)でも34秒0のメンバー中最速上がりの末脚を使い3着。

デビュー戦からスプリントに路線変更で良化を見せました。

速いペースでの直線末脚勝負が理想です。

決め手勝負になれば重賞でも勝ち負けは必至です。

【アドヴァイス】自在性と勝負根性

父モーリス。母テンシノホホエミ。母の父ダイワメジャー。

デビュー3戦目の2歳未勝利(福島芝1200m)は16頭フルゲート。

3番手を先行して、直線で35秒3のしぶとい末脚で抜け出して初勝利をあげました。

前々走の紅梅S(L・中京芝1400m)は、2番手先行から直線でしぶとく踏ん張り4着。

距離延長にも適応できました。

馬郡を気にせず、自在性と勝負根性があり、フィリーズレビューでの好走が期待されます。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【フィリーズレビュー2022枠順確定】

1-1 アドヴァイス
2-2 ナムラクレア
2-3 マイシンフォニー
3-4 サブライムアンセム
3-5 ラブリネスオーバー
4-6 アネゴハダ
4-7 コンクパール
5-8 テイエムスパーダ
5-9 ブッシュガーデン
6-10 キミワクイーン
6-11 ゼロドラゴン
7-12 スリーパーダ
7-13 サウンドクレア
8-14 ウィリン
8-15 モチベーション

【フィリーズレビュー2022予想オッズ】

人気馬名予想オッズ
1ナムラクレア1.7
2マイシンフォニー5
3アネゴハダ5.8
4キミワクイーン10.9
5サブライムアンセム17
6ビジュノワール17.9
7スリーパーダ21.3
8ウィリン31.8
9テイエムスパーダ32.8
10コンクパール51.8
11サウンドクレア72.7
12ホワイトターフ78.3
13アドヴァイス90
14ブッシュガーデン95.9
15ゼロドラゴン97.7
16モチベーション148.9
17ラブリネスオーバー163.2
フィリーズレビュー2022予想オッズ