アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想】コース解説

中山芝2200m外回り
中山芝2200m外回り

中山芝2200mCコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)の芝状態は、3コーナーから4コーナーおよび正面直線の内側に若干の傷みがありますが、その他の箇所は引き続き良好な状態です。

中山芝2200m芝外回りCコースの1周距離は1,877.3mm、幅員は18~26m、直線距離は310m、高低差5.3mです。コース全体の高低差の5.3mが、2階建ての建物に相当することをイメージすると、中山コースがいかにタフなコースであるかが分かると思います。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)中山競馬場2200m外回りコースの全体像は、スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端です。芝2000mのスタート地点から少し右に移動したところからの発走となります。

最初の1コーナーまでの距離は約432m、スタート直後のゴール地点から1コーナーにかけて高低差2.2m、勾配率2.24%の1回目の急坂超えが待ち受けています。

2コーナーの手前で最高到達点を迎え、そこから外回りコースを使うため、2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブで、ここから下り勾配へと転じます。

2コーナー半ばから向こう正面、3コーナー半ばにかけて約4mの下り坂です。

向こう正面半ばの平坦部分を挟み、残り230m地点まで長い下り坂が続きます。

向正面の山の頂上から3~4コーナー中間までも、非常に緩やかで、スピードに乗りやすいカーブです。

ゴール前直線では2回目の110mで2.2mの勾配率2.24%の急坂を一気に上がります。

最後の直線距離は310mと、中央競馬4場の中では最短距離です。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)のレース展開は、2コーナー半ばからの下りから徐々にペースアップしていき、残り1200m地点からのロングスパートで体力消耗していますので、2回目のこの急坂は中山芝2200mの最大の難関です。

文字通りの国内屈指のタフなコースです。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は、逃げ切り、直線一気も難しく、後半の向正面あたりから長く脚を使えるスピードの持続性、スタミナと急坂を上がるパワーが求められます。

中山競馬場芝2200mで好走実績がある馬が再度激走することもあります。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)では、人気薄でも中山競馬場芝2200m巧者は、おさえておきたいレースです。

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想】本命馬情報

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

【①キングオブコージ】長期休養明け3戦目

父ロードカナロア。母ファイノメナ。母の父Galileo。
父は短距離馬のロードカナロアですが、サドラーズウェルズのクロスがあり、スタミナが底上げされ長距離適性が高められています。一昨年に、4歳以上1勝クラス、潮来特別(2勝クラス)、湾岸S(3勝クラス)、目黒記念(G2)を4連勝している実力馬です。骨折休養明けの産経賞オールカマー9着、中日新聞杯5着とまだ本調子とは言えない状態です。しかし先行しても、後方待機からでも、直線での末脚を発揮できる総合能力が非常に高い馬です。長期休養明け3戦目での良化が期待されます。

【②アサマノイタズラ】直線末脚勝負

父ヴィクトワールピサ。母ハイタッチクイーン。母の父キングヘイロー。
昨年菊花賞トライアルのセントライト記念(G2・中山芝2200m)は、内枠から後方11番手に控えてじっくり脚をためながら追走、直線34秒6のメンバー中最速上がりの豪快な末脚で4コーナー11番手からまとめて差し切って優勝しました。菊花賞(G1・阪神芝3000m)は、タイトルホルダーが中盤で大きくペースを落とし先手を主張、最後方の18番手から直線勝負にかけた走りは、超スローペースが向きませんでした、34秒7のメンバー中最速上がりの末脚を使いましたが9着が精一杯でした。有馬記念(G1・中山芝2500m)は見せ場なく16着に大敗しました。昨年の疲労が抜けているかどうかが鍵になりますが、折り合いに懸念がなく長距離レースに対応できます。得意の中山コースで直線末脚勝負の流れになれば、まとめて差し切れる瞬発力を備えていますので、巻き返してくる可能性は十分にあると思われます

【⑥ポタジェ】安定した先行力と瞬発力

父ディープインパクト。母ジンジャーパンチ。母の父Awesome Again。
2018年セレクトセールにて2億520万円で落札された期待の良血馬です。一昨年に生田特別(1勝クラス)、西部日刊スポーツ杯(2勝クラス)、岸和田S(3勝クラス)、白富士S(L)を4連勝してオープン入りしました。その後金鯱賞(G2)3着、新潟大賞典(G3)2着と重賞でも好走。これまで12戦して、前走の天皇賞(秋)6着以外は全て3着以内を確保しています。また12戦中10戦で上がり3Fをメンバー中3位以内の末脚を、6戦でメンバー中最速上がりの末脚を使っています。スタートが上手く、安定した先行力と瞬発力が成績の安定を押し上げています。天皇賞(秋)は、一線級馬のエフフォーリア、コントレイル、グランアレグリアを相手の6着の実力はここ、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中上位で、重賞初制覇が期待されます。

【⑧アンティシペイト】折り合い課題

父ルーラーシップ。母アンチュラス。母の父ディープインパクト。
前々走のオホーツクSは、34秒7のメンバー中最速上がりの末脚で2着馬に1馬身差をつけて快勝しました。重賞初挑戦だった前走のアルゼンチン共和国杯(G2・東京芝2500m)は、スローペースのなか2番手で先行しましたが、折り合いにスムーズさを欠いて体力を消耗したため、直線で失速して8着に敗れました。芝2200mから2600mで2勝・2着3回の実績から高い中長距離適性があることが推測されます。入れ込みが心配されますが、オホーツクSを折り合って勝利したような競馬が再現できれば、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)でも十分勝ち負けになることが推測されます。

【⑪オーソクレース】超良血馬

父エピファネイア。母マリアライト。母の父ディープインパクト。
新馬戦(札幌芝1800m)、アイビーS(L・東京芝1800m)をメンバー中最速上がりの末脚で差し切り2連勝しました。ホープフルS(G1・中山芝2000m)はインコースを追走、直線で2番手まで順位を上げましたが、ダノンザキッドに抜け出されて2着でした。皐月賞2週前追い切り後に右後肢に違和感が出て出走を断念、検査の結果、右脛骨部の骨折と診断されクラシックを見送りました。休養明けのセントライト記念(G2・中山芝2200m)は、速いラップを刻む厳しい展開でも長くいい脚を使って3着に粘り込み、右後肢に違和感は解消されたと思われます。前走の菊花賞(G1・阪神芝3000m)は、フルゲートの不利な大外枠18番が懸念されましたが馬群の中から進出してゴール寸前で内のディヴァインラヴ、外のステラヴェローチェに先着して2着、優勝したタイトルホルダーとの差はありましたが、世代トップクラスの実力があることは示せました。父エピファネイア、母マリアライト、母の父ディープインパクトの成長力のある超良血馬、古馬になって更に強くなっていることが推測されます。

Twitterやっています
Twitterのフォローよろしくお願いします。

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想】穴馬情報

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

【⑤エヒト】持ち時計2位

父ルーラーシップ。母ヒーラ。母の父ディープインパクト。
前走のサンタクロースS(3勝クラス・阪神芝200m)は、良馬場ですが力の要る馬場で開催。1枠1番から6番手の中団インコースを追走、直線は馬郡を割ってインを突いて抜け出すと、後続をよせつけず差を3馬身に広げて圧勝しました。デビュー18戦目で念願のオープン入りしました。芝2200mから芝2600mで2勝・2着2回・3着1回とアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)芝2200mへの距離適性は高いことが推測されます。芝2200mの持ち時計2分11秒3は、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中2位です。重賞初挑戦になりますが距離適性が高いことから、馬券に絡んでくる可能性は十分にあると思われます。

【⑦ダンビュライト】2018年AJCC覇者

父ルーラーシップ。母タンザナイト。母の父サンデーサイレンス。
芝重賞での実績は2勝・2着2回・3着5回で、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)メンバー中トップクラスの実力馬です。ここ2走は、みやこS(G3)13着、名古屋グランプリ(G2)3着とダートを使われています。芝→ダート→芝を使われることで大きな変り身を見せることがあります。2018年のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)を優勝実績もあり、芝→ダート→芝のローテーションでの変わり身の可能性もあるかもしれません。

【⑨ボッケリーニ】馬場の良い外から

父キングカメハメハ。母ポップコーンジャズ。母の父ダンスインザダーク。
これまでの成績は17戦5勝・2着5回・3着1回で複勝率は64.7%、17戦中15戦で掲示板を確保している安定した走りができている潜在能力が高い馬です。2020年中日新聞杯(G3・中京芝2000m)で重賞初制覇、2021年小倉大賞典(G3・小倉芝1800m)2着と重賞で勝ち負けした実績があります。33秒台の鋭い末脚が使えます。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)で勝ち負けに持ち込むには、馬場の良い外から攻める必要があり、騎手の手腕次第のとこがあります。

【⑩ラストドラフト】AJCC・2年連続3着

父ノヴェリスト。母マルセリーナ。母の父ディープインパクト。
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は2020年3着、2021年3着と2年連続で馬券に絡んでいます。中山芝2200mの持ち時計2分15秒5の、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中10位からわかることは、時計のかかる馬場で本領発揮できるタイプということです。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)を2年連続で3着した馬場は時計のかかる馬場でした。冬場の中山は時計がかかる傾向があるので、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)3年連続で馬券に絡んでくる可能性は十分にあると思われます。

【⑬スマイル】中山5戦連続複勝圏内

父ダイワメジャー。母アシュレイリバー。母の父Mr. Greeley。
中山芝コースは5戦連続で3着以内に入線中の中山巧者です。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)と同じ舞台で開催された、前走の迎春S(3勝クラス・中山芝2200m)は、好位の4番手を追走から勝負所で上がっていき、4コーナーでは2番手まで順位を上げ、直線は余力十分で抜け出し、2馬身差をつけて快勝しました。休み明けでも仕上がっており、今回のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)では更なる良化が見込めそうです。中山芝2200mの持ち時計2分14秒7は、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中8位です。ダイワメジャー産駒は重賞を43勝、スズカプレストが京都ハイジャンプ(G2・障芝3930m)を勝った以外での平地重賞42勝は全て1800m以下でした。血統的に距離が若干懸念されます。

Twitterやっています
Twitterのフォローよろしくお願いします。

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想】データ分析と傾向

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)過去10年人気別成績

1番人気は、2勝・2着2回・3着0回・着外4回。
2番人気は、3勝・2着1回・3着2回・着外4回。
3番人気は、1勝・2着2回・3着1回・着外6回。
4番人気は、1勝・2着0回・3着2回・着外7回%。
5番人気は、0勝・2着2回・3着1回・着外7回%。
7番人気は、2勝・2着1回・3着1回・着外6回%。

1番人気、1番人気は複勝率60%と堅実。

穴では7番人気が好成績で複勝率40%と高い確率で馬券に絡んでいます。

7番人気は、2017年タンタアレグリアと19年シャケトラがAJCCを優勝しています。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)過去10年脚質別成績

逃げが、1勝・2着0回・3着1回・着外9回。
先行が、7勝・2着6回・3着2回・着外22回。
中団が、2勝・2着3回・3着6回・着外46回。
後方が、0勝・2着0回・3着0回・着外33回%。
マクリが、0勝・2着1回・3着1回・着外0回%。

先行馬が7勝と先行馬が圧倒的に有利なレースです。

後方待機組は1勝もできていません。

先行馬を中心に予想を組み立てるのが堅実かと思われます。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)過去10年前走クラス別成績

前走G1組は、6勝・2着4回・3着1回・着外24回。
前走G2組は、3勝・2着0回・3着3回・着外22回。
前走G3組は、0勝・2着4回・3着4回・着外28回。

前走中山金杯組は、0勝・2着1回・3着1回・着外15回。
前走ディセンバーS組は、0勝・2着2回・3着1回・着外7回。
前走3勝(1600万)組は、1勝・2着0回・3着1回・着外11回。

前走G1組が6勝と強く有馬記念組から勝ち馬が3頭、菊花賞組から勝ち馬1頭がでています。

前走G1・G2組で9勝、前走G3組以下は苦戦を強いられているレースです。

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想】コース適性

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

【②アサマノイタズラ】持ち時計2位タイ

父ヴィクトワールピサ。母ハイタッチクイーン。母の父キングヘイロー。
中山芝2200mは2戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。中山芝コースは7戦2勝・2着1回・3着1回で複勝率は57%。芝2200mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%です。昨年のセントライト記念(G2・中山芝2200m)を優勝した時の持ち時計2分21秒3は、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中第2位タイです。菊花賞9着、有馬記念16着と連敗していますが、適性が高い芝2200mへのコース替わりで巻き返してくる能力があります。

【④クレッシェンドラヴ】中山2勝

父ステイゴールド。母ハイアーラヴ。母の父Sadler’s Wells。
中山芝2200mは6戦2勝・2着0回・3着1回で複勝率は50%。中山芝コースは12戦4勝・2着1回・3着1回で複勝率は50%。芝2200mは6戦2勝・2着0回・3着1回で複勝率50%です。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)と同じ舞台で開催された、オールカマー(G2)は、2019年5着、2020年4着と大負けはしていません。長期休み明けにはなりますが、ステイゴールド×Sadler’s Wellsの配合から芝2200mでの1発激走があっても驚けません。

【⑦ダンビュライト】持ち時計1位

⑦7父ルーラーシップ。母タンザナイト。母の父サンデーサイレンス。
中山芝2200mは3戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は67%。中山芝コースは6戦1勝・2着0回・3着3回で複勝率は67%。芝2200mは7戦2勝・2着0回・3着2回で複勝率は57%です。2018年のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)優勝馬です。2018年のオールカマー(G2・中山芝2200m)3着時の持ち時計2分11秒7はアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中第1位です。中山芝2200mでの重賞実績、持ち時計から、侮れない存在です。

【⑬スマイル】中山巧者

父ダイワメジャー。母アシュレイリバー。母の父Mr. Greeley。
中山芝2200mは5戦3勝・2着0回・3着1回で複勝率は80%。中山芝コースは7戦4勝・2着1回・3着1回で複勝率は86%。芝2200mは6戦3勝・2着1回・3着1回で複勝率は83%です。中山芝コースは直近5戦連続で3着以内に入線中の中山巧者です。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)と同じ舞台で開催された、前走の迎春S(3勝クラス・中山芝2200m)は2馬身差をつけて快勝して、改めて中山コースへの適正の高さを示しました。

【⑭マイネルファンロン】持ち時計2位タイ

父ステイゴールド。母マイネテレジア。母の父ロージズインメイ。
中山芝2200mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。中山芝コースは7戦2勝・2着1回・3着2回で複勝率は71%。芝2200mは1戦1勝・2着回・3着回で複勝率は100%です。昨年新潟記念(G3)を優勝しており、重賞で勝ち負けできる実力馬です。芝2200mの持ち時計2分21秒3は、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走メンバー中第2位タイの実績からコース適性は高きことが推測され、人気薄での1発の可能性を秘めていると思われます。

Twitterやっています
Twitterのフォローよろしくお願いします。

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022枠順確定】

1-1 キングオブコージ(横山典弘)
2-2 アサマノイタズラ(嶋田純次)
3-3 キャッスルトップ(仲野光馬)
3-4 クレッシェンドラヴ(津村明秀)
4-5 エヒト(菅原明良)
4-6 ポタジェ(川田将雅)
5-7 ダンビュライト(松若風馬)
5-8 アンティシペイト(大野拓弥国)
6-9 ボッケリーニ(横山武史
6-10 ラストドラフト(戸崎圭太)
7-11 オーソクレース(C.ルメール)
7-12 ソッサスブレイ(柴田大知)
8-13 スマイル(田辺裕信)
8-14 マイネルファンロン(松岡正海)

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想オッズ】

人気馬名予想オッズ
1オーソクレース1.6
2ポタジェ3.6
3アサマノイタズラ7.3
4キングオブコージ10.7
5ボッケリーニ15.4
6ラストドラフト19.9
7アンティシペイト52.4
8スマイル59
9ダンビュライト69
10クレッシェンドラヴ75.6
11マイネルファンロン79.6
12キャッスルトップ150.5
13エヒト192.9
14ソッサスブレイ238.9
アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2022予想オッズ