中山記念

【中山記念2022予想】コース解説(中山競馬場芝1800m内回りコース)

中山芝1800m
中山芝1800m

中山競馬場芝内回りコースの1周距離は1,667.1m、幅員は20~32m、直線距離は310m、高低差は5.3mです。

内回りコースの1周距離は札幌競馬場の約1640mと大差はなく、直線距離310mは小倉競馬場の直線293mとあまり変わりません。

ローカルの小回りコースに似たコース設定になっています。

ローカル競馬場との大きな違いは、コース全体の高低差が5,3mとJRA全10競馬場で最も厳しいコース設定です。

2階建ての建物に相当するこの高低差は、JRA全競馬場の中でも最大です。直線は残り180mから残り70m地点にかけての上り坂の高低差は2,2m、最大勾配は2,24%と馬力が求められる急勾配になっています。

スタンド前坂下からのスタート、ゲートオープン後、すぐに急坂が待ち構えています。

最初の1コーナーまでの距離は約200mと短く、1~2コーナーの中間までは上り坂です。

急坂を上りながらゆっくり進む為に、スローに近いミドルペースになる傾向にあります。

その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦です。

3~4コーナーあたりから、各馬が一斉に仕掛けだすのでペースが速くなっていきます。

4つのコーナーがあり外を回ると距離ロスが大きくなり、距離ロスなく走れる内枠は断然に有利になります。

中山競馬場芝1800m内回りコースは、特殊なコース形態であることから、コース適性の高い馬が狙って出走するレースです。

先行力、4つのコースでの機動力、器用さと、2度の急坂を走る抜くパワーが重視されるコースです。

特に時計のかかる馬場の場合はダート中距離のような、パワー型の人気薄の逃げ馬は要注意です。

【中山記念2022予想データ分析と傾向】

中山記念
中山記念

中山記念過去10年前走別成績

――――――――――――――

G1は、5勝・2着4回・3着4回・着外23回、勝率13.9%、連対率25.0%、複勝率36.1%

G2は、0勝・2着0回・3着3回・着外20回、勝率0%、連対率0%、複勝率13.0%

G3は、4勝・2着4回・3着2回・着外19回、勝率13.8%、連対率27.6%、複勝率34.5%

オープン特別は、0勝・2着1回・3着0回・着外18回、勝率0%、連対率5.3%%、複勝率5.3%

障害のレースは、0勝・2着0回・3着0回・着外2回、勝率0%、連対率0%、複勝率0%

海外G1は、1勝・2着1回・3着1回・着外6回、勝率11.1%、連対率22.2%、複勝率33.3%

――――――――――――――

前走G1組だった馬の複勝率36.1%が最も高く、勝ち馬も5頭でています。

海外G1組だった馬の複勝率33.3%も高く、勝ち馬も1頭でています。

2018年、2019年と中山記念連覇したウインブライト、2021年の中山記念優勝馬ヒシイグアスは前走中山金杯で、前走G3組だった馬の複勝率34.5%も高く、勝ち馬が3頭でています。

前走がG1・G3だった馬を中心に狙いたいところです。

――――――――――――――

中山記念過去10年前走の距離別成績

――――――――――――――

2000m以下は、7勝・2着8回・3着9回・着外54回、勝率9.0%、連対率19.2%、複勝率30.8%

2200m以上は、3勝・2着2回・3着1回・着外34回、勝率7.5%、連対率12.5%、複勝率15.0%

――――――――――――――

中山記念過去10年3着以内に入線した馬30頭中24頭は前走距離が2000m以下の馬でした。
その中で
前走2000mだった馬が5勝・2着4回・3着2回・着外31回でした。
前走2200m以上だった上位人気馬には注意が必要です。

――――――――――――――

中山記念出走予定場の中山芝1800mの持ち時計

――――――――――――――

中山芝1800mのコースレコード
1分44秒9 
2004年02月29日
中山記念 G2
1枠1番 サクラプレジデント
武豊 (57.0kg)

――――――――――――――
第1位
ウインイクシード
1分45秒0

――――――――――――――
第2位
ゴーフォザサミット
1分45秒4

――――――――――――――
第3位
パンサラッサ
1分45秒7

――――――――――――――
第4位
コントラチェック
1分47秒4

――――――――――――――
第5位
ソッサスブレイ
1分48秒0

――――――――――――――
第6位
アドマイヤハダル
1分48秒1

――――――――――――――
第7位
トーラスジェミニ
1分49秒2

――――――――――――――
第8位
ガロアクリーク
1分49秒7

――――――――――――――
第9位
レッドサイオン
1分50秒1

――――――――――――――
第10位
カラテ
1分50秒4

――――――――――――――
第11位
ワールドリバイバル
1分52秒7

――――――――――――――

【中山記念2022予想】本命馬情報

中山記念
中山記念

【ダノンザキッド】中山G1優勝

父ジャスタウェイ。母エピックラヴ。母の父Dansili。


2歳新馬、東京スポーツ杯2歳S、ホープフルSをデビュー3連勝でG1を制覇した実力馬。

弥生賞ディープインパクト記念は、34秒2のメンバー中最速上がりタイの末脚で伸びて3着に入線。

皐月賞は1番人気に支持されましたが、見せ場なく15着に大敗しました。

前々走の富士Sは8番手を追走、馬群の外から直線上がっていきましたが、休み明けで馬体重が22キロ増、成長分を加味してもやや太目残り、それでも4着には踏ん張りました。

前走のマイルチャンピオンSは、中団の8番手を追走、直線は馬群を割って上がっていき、優勝馬グランアレグリアから0秒2差の3着に好走、G1でも十分通用する実力があることをあらためて示しました。

ホープフルS(G1・中山芝2000m)優勝、弥生賞ディープインパクト記念(G2・中山芝2000)の中山コースの実績から、同じコーナーが4回の中山芝1800mなら十分実力を発揮できるコースです。

【カラテ】マイラー

父トゥザグローリー。母レディーノパンチ。母の父フレンチデピュティ。


昨年3歳以上2勝クラス(中山芝1600m)、若潮S(3勝クラス・中山芝1600m)、東京新聞杯(G3・東京芝1600m)を3連勝で重賞初制覇しました。

前々走のニューイヤーS(L・中山芝1600m)は約4か月ぶりの休み明け初戦、斤量58キロという厳しい条件ながら、道中折り合い、4コーナー10番手から34秒3のメンバー中最速上がりの豪快な末脚で差し切って圧巻の競馬で勝利して、実力が本物であることを示しました。

東京新聞杯(G3・東京芝1600m)はスタートで不利があり後方の11番手を追走、直線は33秒9の速い末脚で追い込み3着に入線しました。

全6勝中5勝をマイルで挙げているマイラー、約2年半ぶりの芝1800mへ対応できるかがポイントになりそうです。

【ウインイクシード】中山巧者

父マンハッタンカフェ。母イクスキューズ。母の父ボストンハーバー。


全4勝中3勝をコーナーが4回ある小回り、内回りコースで挙げている内回り巧者です。2020年中山金杯2着、2021年中山金杯3着、中山記念3着と中山開催重賞で好走実績があります。

前走の中山金杯は、クビ・ハナ・ハナ・クビ差の接戦での6着で、実力は示せたレースでした。

中山記念は昨年3着した得意コースです。

適性が高い中山コースなら上位進出も十分可能であることが推測されます。

【パンサラッサ】3勝小回り

父ロードカナロア。母ミスペンバリー。母の父Montjeu。


3走前のオクトーバーS(L・東京芝2000m)を逃げ切って快勝。

前走の福島記念(G3・福島芝2000m)は前半1000m、57秒3のハイペースを果敢に逃げ、直線では一時後続に7から8馬身差をつけ、ゴールまで高いレベルでスピードを持続して4馬身差でゴール、2番手で先行したコントラチェックが15着に大敗したことを考慮すれば、ハイペースを逃げ切った能力は非常に高いことが推測されます。

福島記念を鮮やか過ぎる逃げで重賞初制覇。心肺機能がかなり強化され、2連勝しました。有馬記念(G1・中山芝2500m)は、さすがに相手が強すぎて13着は仕方がないところです。

全4勝中3勝をコーナーが4回ある芝2000mの小回り・内回りコースであげているので、中山芝1800mでも十分高いパフォーマンスを発揮してくる可能性があります。

【ヒュミドール】冬場の荒れた馬場

父オルフェーヴル。母アヴェクトワ。母の父チチカステナンゴ。


一昨年ダートから芝へ路線変更後の信夫山特別(2勝クラス・福島芝2600m)で勝利、潜在能力が高いことを示しました。

昨年重賞で小倉記念(G3・小倉芝2000m)2着、福島記念(G3・福島芝2000m)2着に入線、コーナーが4回ある小回りコースを得意にしています。ヒュミドールはパワータイプで荒れた冬場の力のいる馬場は合っていると思われ、好走が期待されます。

【中山記念2022予想】穴馬情報

中山記念
中山記念

【アドマイヤハダル】内回り2勝

父ロードカナロア。母スウェアトウショウ。母の父ディープインパクト。


一昨年のエリカ賞(1勝クラス・阪神芝2000m)、昨年の若葉S(L・阪神芝2000m)を連勝。

若葉Sは、4番手を追走から、直線33秒7のメンバー中最速上がりの末脚で、2着馬に3馬身差をつける圧勝でした。

皐月賞(G1・中山芝2000m)、中団追走から、じわじわ伸びてきましたが、2着馬タイトルホルダーとクビ差・クビ差の4着でした。

日本ダービー(G1・東京芝2400m)は見せ場なく17着に大敗。

前々走のディセンバーS(L・中山芝1800m)は5着、前走の白富士S(L・東京芝2000m)は直線で34秒2の速い末脚で追い込み2着に入線しました。

内回りコースの阪神芝2000mで2勝、皐月賞4着と内回りコースは得意にしているので、中山記念での好走も期待できそうです。

【コントラチェック】中山4勝

父ディープインパクト。母リッチダンサー。母の父Halling。


昨年のフジオーシャンS(G3・中山芝1200m)で重賞3勝目を挙げました。

レースは、2番手集団で先行、直線では外目を回って上がっていき先に抜け出したカレンモエをハナ差交わして優勝、芝1200mへ路線変更後の3戦目で変わり身を示しました。

雨の影響が残ってかなり時計が掛かかる馬場で行われたフジオーシャンSを勝利していることから、冬場の中山コースの力の要る馬場への適性は高いことが推測されます。

前々走の京成杯オータムH(G3・中山芝1600m)は、距離延長となりましたが積極的に逃げ、ゴール前でカテドラルにクビ差交わされましたが2着に粘りました。

これまで全5勝中4勝を中山コースであげ、フラワーC(G3・中山芝1800m)で重賞制覇した実績もあり、中山記念(G3・中山芝1600m)への適応力は高いと思われます。

【マルターズディオサ】距離延長で巻き返し

父キズナ。母トップオブドーラ。母の父Grand Slam。


チューリップ賞(G2)、紫苑S(G3)の重賞を2勝、G1では阪神JF(G1)2着の実績があります。

3走前の府中牝馬(G2・東京芝1800m)は4コーナー11番手から33秒5の末脚で追い込み3着。

前々走のターコイズS(G3)は8着と敗れましたが、2着馬アンドラステから0秒4差で大きくは負けていません。

近走はマイルを中心にレースを使われていますが、間の府中牝馬の芝1800mでは3着、紫苑S(G3・中山芝2000m)1着と中距離適性が高く、中山記念(中山芝1800m)での距離延長で前走東京新聞杯(G3)15着の大敗から中山記念で巻き返してくり可能性は十分にあると思われます。

【ガロアクリーク】中山好走

父キンシャサノキセキ。母ゴールドレリック。母の父Kingmambo。


一昨年のスプリングS(G2・中山芝1800m)は、好位から33秒8のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出して優勝。

皐月賞(G1・中山芝2000m)は、11番手追走から、コントレイル、サリオスに次ぐ3着に入線して中山適性が高いことを示しました。

その後も朝日セントライト記念(G2・中山芝2200m)3着、ディセンバーS(L・中山芝1800m)3着と中山コースになると好走を繰りかえしています。

エプソムC(G3・東京芝1800m)は12着に大敗したことで、中山記念では人気しそうにありません、ならば馬券妙味は高く、思い切って狙っていくのもありです。

【ルフトシュトローム】中山3連勝の実績

父キンシャサノキセキ。母ハワイアンウインド。母の父キングカメハメハ。


新馬戦(中山競馬場芝1600m)、3歳1勝クラス(中山競馬場芝1600m)、ニュージーランドT(中山競馬場芝1600m)を中山コースでデビュー3連勝した潜在能力が高い馬です。

NHKマイルC(G1)は5着に善戦しましたが、その後は5レース連続2桁着順に沈んでいます。

大敗続きですが、中山でデビュー3連勝した能力から、中山記念で一発穴を開ける力はあると思われ、おさえておきた穴馬です。

【中山記念2022予想】コース適性馬情報

中山記念
中山記念

【ウインイクシード】持ち時計第1位

父マンハッタンカフェ。母イクスキューズ。母の父ボストンハーバー。

中山芝1800m、1分45秒0の持ち時計は、中山記念出走メンバー中第1位です。

中山芝1800mは4戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は75%。

中山コースは14戦2勝・2着4回・3着3回で複勝率は64%。

芝1800mは10戦1勝・2着3回・3着2回で複勝率は60%。

右回りは26戦4勝・2着4回・3着7回で複勝率は58%です。

前走の中山金杯(G3・中山芝2000m)は6着に敗れていますが、2020年中山金杯2着、2021年中山金杯3着、中山記念3着と中山内回り重賞で入線した実績から、今年の中山記念でも馬券に絡んでくる可能性は十分にあると思われます。

【パンサラッサ】持ち時計第3位

父ロードカナロア。母ミスペンバリー。母の父Montjeu。

中山芝1800m、1分45秒7の持ち時計は、中山記念出走メンバー中第3位です。

中山芝1800mは1戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

中山コースは4戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

芝1800mは2戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は50%。右回りは14戦3勝・2着3回・3着0回で複勝率は43%です。

ラジオNIKKEI賞(G3・福島芝1800m)2着、福島記念(G3・福島芝2000m)優勝とローカル小回りコースで高いパフォーマンスを発揮していることから、内回りの中山芝1800mで開催される中山記念への適応力に懸念はないと思われます。

【コントラチェック】持ち時計第4位

父ディープインパクト。母リッチダンサー。母の父Halling。

中山芝1800m、1分47秒4の持ち時計は、中山記念出走メンバー中第4位です。

中山芝1800mは2戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。

中山コースは8戦4勝・2着2回・3着0回で複勝率は75%。

芝1800mは6戦2勝・2着0回・3着1回で複勝率は33%。右回りは14戦5勝・2着2回・3着1回で複勝率は50%です。

これまで全5勝中4勝を中山コースであげ、複勝率は75%。フラワーC(G3・中山芝1800m)で重賞制覇した実績もあり、中山記念(中山芝1800m)へのコース適性に懸念はないと思われます。

【アドマイヤハダル】持ち時計第6位

父ロードカナロア。母スウェアトウショウ。母の父ディープインパクト。

中山芝1800m、1分48秒1の持ち時計は、中山記念出走メンバー中第6位です。

中山芝1800mは1戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

中山コースは2戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

芝1800mは3戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は33%。

右回りは4戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%です。

昨年休み明け初戦のディセンバーS(L・中山芝1800m)は太目残りが影響して5着に負けましたが、前走の白富士S(L・東京芝2000m)は2着と巻き返しました。

昨春の若葉S(L・阪神芝2000m)完勝、皐月賞(G1・中山芝2000m)4着の実績からして、中山内回りへの適性は高いことが推測されます。

【トーラスジェミニ】持ち時計第7位

父キングズベスト。母エリモエトワール。母の父マンハッタンカフェ。

中山芝1800m、1分49秒2の持ち時計は、中山記念出走メンバー中第7位です。

中山芝1800mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

中山コースは7戦4勝・2着0回・3着0回で複勝率は57%。

芝1800mは12戦3勝・2着0回・3着1回で複勝率は33%。

右回りは19戦6勝・2着0回・3着0回で複勝率は32%です。トーラスジェミニの通算成績は33戦8勝・2着0回・3着1回で勝ちか負けがはっきり結果にでるタイプ、内回り適性も高く頭から狙える穴馬です。

【中山記念2022枠順確定】

1-1 ソッサスブレイ(柴田大知)
1-2 トーラスジェミニ(西村淳也)
2-3 ガロアクリーク(田辺裕信)
2-4 ヒュミドール(セ6、M.デムーロ)
3-5 パンサラッサ(吉田豊)
3-6 レッドサイオン(木幡育也)
4-7 ウインイクシード(松岡正海)
4-8 マルターズディオサ(戸崎圭太)
5-9 ゴーフォザサミット(北村宏司)
5-10 ルフトシュトローム(石橋脩)
6-11 カラテ(菅原明良)
6-12 アドマイヤハダル(横山武史)
7-13 ワールドリバイバル(津村明秀)
7-14 コントラチェック(丸山元気)
8-15 ダノンザキッド(川田将雅)
8-16 ワールドウインズ(田中勝春)

【 中山記念2022予想オッズ 】

人気馬名予想オッズ
1ダノンザキッド1.9
2カラテ4.8
3アドマイヤハダル5.5
4パンサラッサ5.5
5コントラチェック14.6
6マルターズディオサ26
7ガロアクリーク27.8
8ウインイクシード30.8
9ヒュミドール34.8
10ルフトシュトローム83.2
11トーラスジェミニ88
12ワールドリバイバル136.5
13レッドサイオン175.7
14ソッサスブレイ217.3
15ゴーフォザサミット222.6
16エブリワンブラック228.2
17ワールドウインズ432.8
中山記念2022予想オッズ