弥生賞ディープインパクト記念3連単

弥生賞ディープインパクト記念2021予想コース解説と歴史

先週の馬券的中
中山記念3連単(22,270円)3連複(6,800円)ダブル的中❣

2021年2月28日中山記念22270円3連単6点的中

弥生賞ディープインパクト記念コース解説(中山芝2000m内回り)

中山競馬場芝内回りコースの1周距離は1,667.1m、幅員は20~32m、直線距離は310m、高低差は5.3mです。

4コーナー過ぎからのスタートで1コーナーまでの距離が400m程度と距離が十分にあり、スタートから1~2コーナーの中間まで5.3mの上り坂になっており、前半のペースは落ち着きやすい傾向にあります。

向正面の直線は平坦、3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっています。

スパイラルカーブとは、コーナーの入口が緩やかで、コーナーの出口がきついカーブになっているカーブのことを言います。

コーナーの入口が緩やかで3コーナーから4コーナーにかけての下り坂は、直線のスピードを落とさずにコーナーへ突入できます。4

コーナーの出口がきついカーブになっているので、スピードにのっている馬は外へ大きく膨らみます。

ゴール前に中山名物の急坂があります。

ゴール前直線310mは東京、京都、阪神、中山競馬場の中で最も短く、残り180mから70m付近にある急坂の高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と日本一のキツさを誇ります。

スタート直後とゴール前と2回急坂を上ることになり、成長途上の3歳馬にとっては厳しいコースです。

過去10年弥生賞で前半1000mを60秒以下だったのは2016年のマカヒキ1回だけで、勝ち時計が2分以下だったのも2016年1回だけです。

勾配率2.24%の急坂を駆け上がるスタミナとパワーが要求されます。内回り特有のきつめのカーブが4回あるので、内枠からスタートする先行力のある馬が断然有利になります。

カーブで加速する機動力、コーナリングの器用さを伴う瞬発力、そして2度の直線の坂越えをこなすパワー、3コーナーからのロングスパートできるスピードの持続力が要求されます。

外を回る差し馬は距離ロスをカバーできるスタミナと持続力があることが必須条件になります。

先週の万馬券的中
2月28日中山記念22270円3連単6点的中
2月27日小倉10R11990円3連単6点的中

11990円3連単6点的中

弥生賞ディープインパクト記念の歴史

弥生賞ディープインパクト記念は1964年に創設され、当初は中山競馬場芝1600mで開催されました。

1984年から中山競馬場芝2000mに変更され現在に至ります。2020年からレース名が『報知杯弥生賞ディープインパクト記念』に改名されました。

弥生賞ディープインパクト記念は、『皐月賞トライアル』として、1着馬から3着馬に皐月賞の優先出走権が与えられます。

過去10年の弥生賞における3連単の配当は、10,000円以下が4回、100,000円以上が4回あり、人気馬同士の決着もあれば、波乱の決着となることもある難解なレースです。

オーシャンステークス2021予想コース解説(中山芝1200m外回り)

おむすび形をしている中山外回りコースは、高低差の1番高い地点からのスタートです。

3コーナーの途中までの約500mで約4mの坂を一気に下ります。中山芝1200m外回りは、スタート直後に急な下り坂が続くため、テンから速くなりやすいコース形態をしています。

さらに外回りコースの3コーナーは角度が緩く直線コース並みのスピードが出やすくなります。

スタートからの下りで加速がつきやすく、コーナーの角度は緩やかになっていることからハイペースの消耗戦になる傾向があります。

4コーナーを回っていくと、ゴール前の直線は310mと非常に短くなっています。

直線は残り約180m地点まで緩やかな下り坂が続き、残り180m地点から残り70m地点にかけて設けられている上り坂の高低差は2,2m、勾配率は2,24%です。110mで2,2mの坂を上る日本一の急勾配を誇ります。

前半のハイペースを折り合って先行でき、ゴール前の急坂でも、ハイペースそのままでスピードを持続して上りきるハイレベルな底力とパワーが求められます。

直線が310mと短いので4コーナー出口で3番手以内につけていた馬の勝利が高くなっています。

4コーナーで先頭にたち、そのまま押し切るパターンが多くなっています。

前傾ラップを楽に先行しながらも、ゴール前直線の急坂で踏ん張れる底力が問われる厳しいレースです。

ハナにこだわる必要はありませんが、4コーナー出口では3番手以内ぐらいに位置するのが理想に競馬になります。

極端な大外枠は不利になりますが、ごちゃつかない6枠7枠は狙いの枠です。

ダッシュ力があれば1枠が純粋に有利であることは揺るぎない事実です。

馬群に包まれてごちゃつきやすい2・3・4・5枠で先行できない場合は一旦後ろまで下がるので厳しい枠順になる傾向があります。

<2月27日28日の収支報告>回収率346.1%

弥生賞ディープインパクト記念2021予想本命馬5選まとめ情報

【②ダノンザキッド】3連勝

父ジャスタウェイ。母エピックラヴ。母の父Dansili。
2歳新馬(阪神芝1800m)東京スポーツ杯2歳S(G3・東京芝1800m)、ホープフルS(G1・中山芝2000m)をデビュー3連勝でG1を制覇した世代トップクラスの実力馬です。3連勝した勝ち方が強く、好位で先行しながらも、上がり3Fをメンバー中最速上がりの末脚を使っています。ホープフルSで中山芝2000mを快勝しているように、コース適性に懸念はありません。無敗の4連勝を達成して皐月賞へ向かいクラシック3冠制覇する能力は十分にあると思われます。

【③テンバガー】小回り適性は高い

父モーリス。母トップセラー。母の父スペシャルウィーク。
デビュー2戦目の2歳未勝利(小倉芝2000m)を2番手先行から抜け出して勝利。前走の京成杯(G3・中山芝2000m)は、中団の5番手を追走、直線は35秒2の末脚を使いましたが、前が止まらない展開で3着に入線しました。2走前の未勝利(小倉芝2000m)のコーナーが4回ある小回りコースで勝利しているように、小回り、内回りコースへの適性は高く、前走くらいの走りは十分可能です。

【④タイトルホルダー】中山実績あり

父ドゥラメンテ。母メーヴェ。母の父Motivator。
東京スポーツ杯2歳S(G3・東京芝1800m)2着、ホープフルS(G1・中山芝2000m)4着と重賞で好走しています。2歳新馬(中山芝1800m)を逃げ切って勝利しているように、スムーズにハナに立ちペースを落として逃げることができれば勝ち負けできる実力はあります。

【⑦タイムトゥヘヴン】中山芝2000m3戦経験

父ロードカナロア。母キストゥヘヴン。母の父アドマイヤベガ。
デビュー3戦目の未勝利(中山芝2000m)で初勝利を挙げました。前走の京成杯(G3・中山芝2000m)は、1枠1番から先頭へ、少頭数でもありスムーズに逃げましたが、4コーナーでやや外へ膨れたとこを、内からグラティアスに抜け出されて2着でした。中山芝2000mで3戦1勝・2着1回と3回、弥生賞ディープインパクト記念と同じコースを経験していることは大きなプラスになります。

【⑩シュネルマイスター】距離延長

父Kingman。母セリエンホルデ。母の父SoldierHollow。
父KingmanはG1を4勝、母の父SoldierHollowはG1を4勝した独リーディングサイアー。サリオスやサラキアの母サロミナと同じSaldeの牝系の良血馬です。2歳新馬(札幌芝1500m)、ひいらぎ賞(1勝クラス・中山芝1600m)でデビュー2連勝中の上がり馬です。重賞初挑戦で400mの距離延長と条件は厳しくなりますが、資質が高く前走に引き続きルメール騎手が騎乗するので、距離はもたせてくれる可能性が高いと思われます。

有馬記念無料メルマガ3点パーフェクト的中

弥生賞ディープインパクト記念2021予想穴馬5選まとめ情報

【①ゴールデンシロップ】勝ち時計優秀

父HavanaGold。母Muscovado。母の父Mr.Greeley。
父HavanaGoldはGalileo、Sadler’sWellsにさかのぼる優秀な父系。前走の3歳未勝利(東京芝1800m)は、5番手の好位を追走、3コーナー手前から仕掛けてスムーズに上がっていき、先頭に立つとそのままおしきって勝利しました。1分46秒7の勝ち時計は優秀で、重賞の早い時計にも対応できることを示しました。

【⑤ホウオウサンデー】1億2,420万円で落札

父キングカメハメハ。母サンデースマイル2。母の父サンデーサイレンス。
2018年セレクトセールにて1億2,420万円で落札された期待の大きい良血馬です。2歳新馬(中山芝2000m)は、18頭フルゲートの6番手から、折り合い脚をためながら追走、直線に入ると一瞬の末脚で一気に伸びて前の馬を交わして勝利、時計のかかる馬場にも対応出来ました。今回弥生賞ディープインパクト記念が2戦目になりますが、潜在能力が高く勝ち負けも十分可能と思われます。

【⑥ワンデイモア】前傾向ラップの持続戦

父ドゥラメンテ。母メジロバーミューズ。母の父アサティス。
2歳未勝利(東京芝2000m)は、後方7番手から上がり3Fを33秒8のメンバー中最速上がりの末脚で差して勝利。前走の3歳1勝クラス(中山芝2000m)は、控えて10番手を追走、後半は外から上がっていき、直線でも外から伸びて、前のの馬を交わして抜け出して勝利。前走とはコース形態の違う中山コースにも対応できて芝2000mで連勝しました。持続力に優れたタイプで。弥生賞ディープインパクト記念が、前傾向ラップの持続戦になれば勝ち負けになります。

【⑧ソーヴァリアント】中山2戦1勝・2着1回

父オルフェーヴル。母ソーマジック。母の父シンボリクリスエス。
デビュー4戦目だった前走3歳未勝利(中山芝2200m)は、前日からの雨の影響が残り、かなり時計の掛かる馬場でした。好発から2番手で先行、4コーナーでは外を回っていき、直線で抜け出して先頭に立つと、差を広げて勝利、時計のかかる馬場に対応してで待望の初勝利をマークしました。中山コースは2戦1勝・2着1回とコース適性も高く得意コース(弥生賞ディープインパクト記念)での連勝が期待されます。

【レインフロムヘヴン】回避

父ドゥラメンテ。母レディオブヴェニス。母の父Loup Solitaire。
前走のフリージア賞(1勝クラス・東京芝2000m)は、好発から先頭へ。内ラチをロスなく器用に立ち回っり、。直線では内から迫ってきたイルシーヴパンサーとの叩き合いを制して勝利しました。芝2000mは3戦2勝・2着1回と距離適性は十分あります。トリッキーな中山コースは初めてになりますが、先行脚質で内ラチを自在な脚で走れるので、適応能力は十分にあると思われます。中2週での短いレース間隔は3歳馬には厳しいとこがあります。

大和ステークス穴馬的中!
15番人気(最下位人気)3着
複勝(13)なら3,540円的中!
ワイド(1-15)なら11,220円的中

3連単6点勝負の無料メルマガのご案内です。

チューリップ賞2021予想本命馬5選まとめ情報

【①メイケイエール】重賞2勝

父ミッキーアイル。母シロインジャー。母の父ハービンジャー。
2歳新馬(小倉芝1200m)、小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)、ファンタジーS(G3・阪神芝1200m) を、デビュー3連勝した潜在能力が高い馬です。阪神ジュベナイルF(G1・阪神芝1600m)は距離がどうか懸念されていましたが、スタートで出遅れながら、優勝馬ソダシと0秒2差と差を詰めて4着に好走して、マイルへの距離適性の不安を払拭しました。阪神ジュベナイルFを制覇したソダシとは近親で、祖母ユキチャンは1800m、2100mのダート重賞を3勝と血統的に中距離までは対応できそうです。桜花賞制覇に向けて今年初戦のチューリップ賞は落とせない1戦です。

【②ストゥーティ】着実に実力を

父モーリス。母リラヴァティ。母の父ゼンノロブロイ。
2歳新馬(新潟芝1600m)は、雨の影響で時計の掛かる馬場での開催。3番手を先行、直線はで抜け出すと後続を振り切って勝利、スピードの持続力に優れていることを示しました。2走前の、こうやまき賞(1勝クラス・中京芝1600m)3着、菜の花賞(1勝クラス・中山芝1600m)3着と着実に実力をつけています。速い時計勝負になると、まだ厳しいですが、スローペースが予想されるチューリップ賞なら上位進出は十分可能です。

【⑤エリザベスタワー】強烈な末脚

父Kingman。母Turfdonna。母の父Doyen。
2歳新馬(阪神芝1600m)は、後方の14番手を追走していき、直線は外から33秒6のメンバー中最速上がりの末脚で12頭をごぼう抜き、強烈な末脚はひと際目立っていました。母の父DoyenはKジョージ6世QエリザベスSの覇者でその父Sadler’sWells、前走エルフィンS(L・中京芝1600m)のようなスローの上がり勝負では追い込めず、高速時計勝負に強い血統です。

【⑧テンハッピーローズ】前傾ラップ向き

父エピファネイア。母フェータルローズ。母の父タニノギムレット。
2走前のアルテミスステークス(G3・東京芝1600m)は、7番手追走から直線は外を回って上がっていき3着に入線。前走のフェアリーS(G3・中山芝1600m)は、1番人気に支持され、9番手追走からじわじわ好位へ上がっていきましたが、直線は伸び切れず4着でした。母フェータルローズは1800mから2000mで3勝、父エピファネイアは、デアリングタクトやアリストテレスなどを輩出。血統的にスタミナは豊富、芝1600mなら前傾ラップの上がりのかかる、スタミナ消耗戦で実力を発揮してくることが推測されます。

【⑫タガノディアーナ】末脚強力

父リオンディーズ。母アルーア。母の父ディープインパクト。
戦績は5戦1勝・2着3回・3着1回、内4戦でメンバー中最速上がりの末脚を使っています。勝ちきれない原因は、スタートで出遅れる癖があるからです。重賞制覇するには、スタートを克服することが急務です。阪神外回りは3戦1勝・2着1回・3着1回、コース適性に懸念なく、直線が長いコース(チューリップ賞)で自慢の末脚を発揮できます。

18430円3連単6点的中

2021年2月20日東京7R18430円3連単6点的中

オーシャンステークス2021予想本命馬5選まとめ情報

【②アルピニズム】中山巧者

父ローエングリン。母パイクスピーク。母の父アグネスタキオン。
ハッピーエンドC(2勝クラス・中山芝1200m)、サンライズS(3勝クラス・中山芝1200m)を好位から抜け出す強い競馬で2連勝中の上昇馬。2走前のハッピーエンドCは3番手を先行、直線で抜け出すと2着馬との差を2馬身に広げて快勝。前走のサンライズSは、外枠15番でしたが、好発から2番手を先行、直線抜け出して先頭に立つと、後続に並ばせず、2馬身半の差をつけての圧勝でした。中山芝1200mで連勝している中山巧者です。オーシャンステークスで5戦続けての中山芝1200m参戦です。慣れたコースでの好走に期待です。

【③カレンモエ】芝1200m複勝率88%

父ロードカナロア。母カレンチャン。母の父クロフネ。
スプリントG1馬の父ロードカナロア、母カレンチャンを両親に持つ良血馬です。通算成績はすべて芝1200m、9戦4勝・2着2回・3着2回で複勝率は88%と抜群の安定感があります。デビューから9戦全てで1番人気に支持された素質馬です。前走の京阪杯(G3・阪神芝1200m)は、2番手の外目で先行、直線は伸びて先頭に立ちましたが、外から伸びてきたフィアーノロマーノに交わされ、クビ差の2着。重賞初挑戦で実力は示せました。オーシャンステークス(中山芝1200m)は直線が310mと短く、4コーナー出口3位以内につけていた馬の勝率が高くなっています。カレンモエは9戦中7戦で、4コーナー出口3位以内で通過した実績があります。カレンモエの先行力とスピード能力があれば、オーシャンステークスでの勝ち負けの可能性は高いと思われます。

【⑪アストラエンブレム】勝負根性一級品

父ダイワメジャー。母ブラックエンブレム。母の父ウォーエンブレム。
前走ラピスラズリS(L・中山芝1200m)は、戦歴29戦目で初めての芝1200m。フルゲートの大外枠16番からスタートして後方を追走。4コーナー15番手から馬郡の外を回って上がっていき、34秒6のメンバー中最速上がりの末脚でまとめて差しきり勝利。クビ差、ハナ差の接戦を制した勝負根性は一級品です。それまで芝1600mで全6勝を挙げていましたが、距離短縮芝1200mで資質が一気に開花。スプリント適性が非常に高い事を、強い勝ち方で示しました。芝1200は2戦目ですが、スプリント適性が高く、オーシャンステークスでの勝ち負けが期待されます。

【⑬アウィルアウェイ】G1で3着

父ジャスタウェイ。母ウィルパワー。母の父キングカメハメハ。
昨年シルクロードS(G3・京都芝1200m)で重賞初制覇すると、北九州記念(G3・小倉芝1200m)3着、スプリンターズS(G1・中山芝1200m)3着とG1でも十分通用する実力があることを示しました。スプリンターズSを勝ち馬グランアレグリア(33秒6)に次ぐ33秒7の末脚で3着した実績がありオーシャンステークス(中山芝1200m)へのコース適性に懸念はありません。前走のマイルチャンピオンシップ(G1・阪神芝1600m)は、距離適性に低いレースだったため度外視しても問題なしです。G3のオーシャンステークスなら実力は間違いなく上位です。中山コースでの直線末脚勝負の展開ならアウィルアウェイが1番向いています。

【⑭アイラブテーラー】自慢の末脚

父トーセンラー。母タケショウレジーナ。母の父ダンスインザダーク。
通算11戦のうち7戦で上がり3Fメンバー中最速上がりの末脚を使っています。直線一気の末脚勝負に強い脚質です。前走の京都牝馬S(G3・阪神芝1200m)は、スタートで出遅れ15番手の後方待機、直線で33秒6のメンバー中最速上がりの末脚を使いましたが前の馬たちを捕らえ切れず4着、距離が微妙に長かったことが影響したようです。今回オーシャンステークスが初めての関東圏への輸送になり、馬体重減少には注意が必要です。追い込み脚質で展開の影響を受けやすい点が懸念されますが、オーシャンステークスで逆に展開がはまれば自慢の強烈な末脚でまとめて差し切ることも十分にありそうです。