桜花賞

桜花賞2020予想本命馬と傾向

桜花賞過去10年の連対馬は全て8番人気以内の馬がきています。

単勝オッズは20倍以下の馬で9勝です。勝ち馬は1番人気が2勝・2番人気が4勝・3番人気が1勝で人気馬が優勢の傾向があります。

枠順は1枠・2枠は0勝、3枠・4枠・5枠で7勝、7枠・8枠で3勝です。内枠が不利で揉まれない3枠より外ならあまり差はないようです。

桜花賞2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。

桜花賞2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。

桜花賞2020の有力な競走馬5頭をピックアップ。

ここでは、レシステンシア、リアアメリア、サンクテュエール、マルターズディオサ、デアリングタクトの競走馬情報を詳しく説明します。

【桜花賞2020予想オッズ】

人気順馬名予想オッズ
1レシステンシア2.9
2サンクテュエール4.8
3マルターズディオサ5.8
4リアアメリア6.5
5デアリングタクト6.6
6クラヴァシュドール7
7ミヤマザクラ14.7
8マジックキャッスル23.5
9ウーマンズハート65.7
10ヤマカツマーメイド79.8
11スマイルカナ98.6
12エーポス141.3
13ギルデッドミラー158.9
14インターミッション302.1
15イズジョーノキセキ363.9
16ケープコッド453.8
17チェーンオブラブ567.4
18ヒルノマリブ709.8
19フィオリキアリ712.7
20ナイントゥファイブ837.8
21ウインマイティー1541.7
22ジェラペッシュ1808.7
23カイトレッド19684
桜花賞2020予想オッズ

【④サンクテュエール】(C.ルメール)

父ディープインパクト。母ヒルダズパッション。母の父Canadian Frontier。
新馬戦(新潟競馬芝1600m)は余裕たっぷりの走りで33秒6の脚を使い快勝、続くアルテミスSは2着に惜敗しましたが、牡馬相手のシンザン記念(京都競馬場芝1600m)は、出遅れましたがすっと好位につけ、接戦をクビ差で制しました。過去10年シンザン記念で3着以内に入った牝馬は5頭。そのうち2011年マルセリーナ、2012年ジェンティルドンナ、2016年ジュエラー、2018年アーモンドアイが桜花賞を優勝しています。牡馬とのデッドヒートで勝ち負けした経験は本番桜花賞で有効になる傾向があります。

【⑤マルターズディオサ】(田辺裕信)

父キズナ。母トップオブドーラ。母の父Grand Slam。
阪神JFではレシステンシアに5馬身差をつけられ2着に敗れましたが、チューリップ賞では2番手先行から直線でも高いレベルでスピードを持続して、後ろから迫ってきたクラヴァシュドールをハナ差、レシステンシアには1馬身半差をつけて優勝しました。しかし、若干スローぺースが向いた感はありました。過去10年チューリップ賞優勝馬で桜花賞を制覇した馬は1頭だけです。このデータは同じ阪神芝1600mの桜花賞とチューリップ賞ではレース展開が大きく変わることを示しています。

【⑧リアアメリア】(川田将雅)

父ディープインパクト。母リアアントニア。母の父Rockport Harbor。
無敗の3連勝でG1制覇を狙った阪神JFで1番人気に支持されましたが6着に敗れました。新馬戦を勝ち、約5ヶ月の間隔をあけてアルテミスSを快勝していることから、レース間隔を十分にあけた方が走るタイプであることが推測されます。2020年最高勝率を誇る中内田厩舎の桜花賞直行のローテーションは信頼できそうです。また桜花賞はデビューから2連勝している馬の好走率が高く、過去6年で3勝・2着4回の実績を残しています。リアアメリアはデビュー2連勝しており、この条件を満たしています。

【⑨デアリングタクト】(松山弘平)

父エピファネイア。母デアリングバード。母の父キングカメハメハ。
新馬戦はスローペースになり、4馬身差で圧勝。エルフィンS(京都競馬場芝1600m)は、一転前半600m、34秒7の超ハイペースを、後方10番手からメンバー中最速上がり34秒0の末脚で差し切って完勝しました。エルフィンSの勝ち時計1分33秒6は、歴史的名馬ウオッカが記録した1分33秒7を、0秒1更新するレコードです。ウオッカを超えた猛時計は潜在能力がG1級であることを十分に示しています。有力馬に先行タイプが多く、ハイペースになることが予想され、強烈な末脚でまとめて差し切る可能性を大きく秘めていることが推測されます。

【⑰レシステンシア】(武豊)

父ダイワメジャー。母マラコスタムブラダ。母の父Lizard Island。
無敗で阪神JFを制覇して2歳女王に輝きました。新馬戦を快勝して、ファンタジーSは、先行馬に不利なハイペースにもかかわらず、2番手先行から楽に抜け出して快勝しました。阪神JFでもハイペースを逃げて5馬身差で圧勝、時計も1分32秒7と非常に優秀な勝ち時計でした。前走のチューリップ賞は約3ヵ月の休み明け、桜花賞、オークスの連戦を考慮、本番桜花賞を見据えた6分の仕上がりでの3着はトライアルとしては合格点です。チューリップ賞が前走だった馬が過去10年で6勝していますが、チューリップ賞で優勝した馬は1勝止まりです。チューリップ賞でどれだけ余力を残して桜花賞へ向かえるかが鍵になります。レシステンシアはこの条件を満たしていることから桜花賞では有力になります。

【桜花賞2020枠順確定】

桜花賞2020枠順

1-1 ナイントゥファイブ(松田大作)
1-2 チェーンオブラブ(石橋脩)
2-3 スマイルカナ(柴田大知)
2-4 サンクテュエール(C.ルメール)
3-5 マルターズディオサ(田辺裕信)
3-6 ウーマンズハート(藤岡康太)
4-7 ヒルノマリブ(北村友一)
4-8 リアアメリア(川田将雅)
5-9 デアリングタクト(松山弘平)
5-10 フィオリキアリ(藤井勘一郎)
6-11 クラヴァシュドール(M.デムーロ)
6-12 インターミッション(石川裕紀人)
7-13 マジックキャッスル(浜中俊)
7-14 ミヤマザクラ(福永祐一)
7-15 ヤマカツマーメイド(池添謙一)
8-16 ケープコッド(岩田望来)
8-17 レシステンシア(武豊)
8-18 エーポス(岩田康誠)

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。