新潟記念

新潟記念コース解説(新潟競馬場芝2000m)

新潟芝2000m
新潟芝2000m

新潟競馬場の芝状態は、向正面直線から内・外回り3コーナー、4コーナー、および正面直線の内側に少し傷みが出ています。

それ以外の箇所は良好な状態です。

先週新潟2歳ステークスの優勝馬キタウイングは直線真ん中から抜け出し、2着馬ウインオーディン、3着馬シーウィザードは直線大外か伸びていました。

明らかに内ラチは荒れており、外から差す馬が有利な芝状態です。

新潟競馬場芝コースの1週距離は2,223m、幅員は25m、直線距離は658.7m、高低差は2.2mです。

国内最長の直線の長さは658.7mで、東京競馬場の直線より130mも長い直線で、究極の瞬発力勝負が繰り広げられます。

ちなみに内回りコースの1周距離1623mで最後の直線が358.7mと、外回りコースとの差が大きいため、新潟コースに実績がある馬でも、その実績が内回りか外回りかを念入りに調べることが重要になります。

新潟芝2000mは内回りと外回りがありますが、新潟記念は外回りを使用します。

新潟競馬場芝外回りコースは、この長い658.7m直線まで脚を温存することを、各馬が意識します。向正面直線を延長したポケットからのスタートで、3コーナーまでは2.2mの緩やかな上がり坂、距離は948mと非常に長くなっています。

この長い直線を騎手たちも意識するため、外回りコースのレースでは序盤から中盤にかけてはゆったりとしたペースで流れ、直線の末脚比べに持ち込まれるケースが多い傾向があります。

3コーナー入口から4コーナー半ばにかけて約1.6mの下り坂があり、徐々にスピードアップしていきます。

ここから勝負を仕掛けてしまうと直線で失速してしまうので、ペースアップしながらもまだ我慢が必要です。

スピードに乗って直線に向かいます。

新潟記念はAコース使用12日目ということになり、さすがに馬場の傷みは否めず、開催中盤からは外を回った差し、追い込み勢の台頭が目立っています。

直線が長いため、馬場状態の良くない内を走ることを避けるために、馬場の外へ外へと馬場の良い状態のところまで持ち出されてからの直線勝負になります。

長い直線での仕掛けどころが難しいので、騎手の経験と判断力が重要な勝ち負けの鍵になります。

芝2000mでは唯一ワンターン、コーナーが2回の特殊コースで、極端に上がりの速いレースになりやすい傾向にあります。

芝2000mの小回り・内回りコースで苦戦していた馬で、直線で脚を余していた馬がここ新潟記念で、別馬のように息を吹き返して激走することがあります。

芝2000mでコーナーが2回のワンターンで開催される新潟記念を勝つ為の3つの条件は、

1つ目が後半3コーナーから4コーナーの下り坂でも我慢が効くこと。

2つ目が長い直線で仕掛ける騎手の的確な判断力があること。

3つ目が極端に上がりの速いレースに対応できる速い末脚があることです。

【新潟記念2022予想】データ分析と傾向

新潟記念
新潟記念

新潟記念過去10年単馬体重別成績

470kg以下は、2勝・2着1回・3着2回・着外50回、勝率3.6%、連対率5.5%、複勝率9.1%。
471kg以上は、8勝・2着9回・3着8回・着外89回、勝率7.0%、連対率14.9%、複勝率21.9%。

新潟外回りの芝2000メートルは直線部分の長い外回りコースを使ったワンターンのレース。
大型で器用さを欠くタイプでも直線部分長く走りやすいため、馬体重が重い馬の成績が良い傾向があります。

新潟記念過去10年負担重量別成績

53kg以下は、1勝・2着0回・3着3回・着外35回、勝率2.6%、連対率2.6%、複勝率10.3%。
54kg~55kgは、4勝・2着2回・3着4回・着外53回、勝率6.3%、連対率9.5%、複勝率15.9%。
56kgは、4勝・2着3回・3着0回・着外22回、勝率13.8%、連対率24.1%、複勝率24.1%。
56kgは、0勝・2着1回・3着0回・着外0回、勝率0%、連対率100%、複勝率100%。
56.5kg、1勝・2着2回・3着3回・着外14回、勝率5.0%、連対率%15.0、複勝率30.0%。
57kgは、勝・2着回・3着回・着外回、勝率%、連対率%、複勝率%。
57.5kgは、0勝・2着1回・3着0回・着外10回、勝率0%、連対率9.1%、複勝率9.1%。
58kgは、0勝・2着1回・3着0回・着外5回、勝率0%、連対率16.7%、複勝率16.7%。

ハンデ戦で出走各馬の斤量差が大きくなります。
特に56kgから57kgの好走率が高い。
53kg以下の軽ハンデ馬は2013年を最後に連対馬がでていません。
57.5kg以上の馬も連対が2回にとどまっています。
ハンデ56kから57kの馬が有力です。

新潟記念過去10年主な前走別成績

小倉記念前走は、3勝・2着1回・3着4回・着外20回、勝率10.7%、連対率14.3%、複勝率28.6%。
前走函館記念は、2勝・2着2回・3着0回・着外10回、勝率14.3%、連対率28.6%、複勝率28.6%。
前走七夕賞は、1勝・2着3回・3着1回・着外14回、勝率5.3%、連対率21.1%、複勝率%26.3。
前走日本ダービーは、1勝・2着0回・3着0回・着外4回、勝率20.0%、連対率20.0%、複勝率%20.0。
前走天皇賞(春)は、1勝・2着0回・3着0回・着外2回、勝率33.3%、連対率33.3%、複勝率33.3%。
前走クイーンSは、1勝・2着0回・3着0回・着外2回、勝率33.3%、連対率33.3%、複勝率%33.3。
前走常総Sは、勝・2着回・3着回・着外回、勝率%、連対率%、複勝率%。
前走は、1勝・2着0回・3着0回・着外0回、勝率100%、連対率100%、複勝率100%。

新潟記念はサマー2000シリーズの最終戦にあたるだけに、小倉記念、函館記念、七夕賞のいずれかで、2着以内に入っていた馬の成績は、4勝・2着2回・3着1回・着外10回で複勝率%41.2%と好成績です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【新潟記念2022予想】本命馬情報

新潟記念
新潟記念

【エヒト】適性距離

父ルーラーシップ。母ヒーラ。母の父ディープインパクト。

昨年サンタクロースS(3勝クラス・阪神芝2000m)を勝ち、デビュー17戦目でオープン入りしました。

アメリカジョッキーC C (G2・中山芝2200m)9着、京都記念(G2・京都芝2200m)7着に敗れましたが、重賞G2では距離が長すぎたことが敗因と推測されます。

距離短縮で挑んだ七夕賞(G3・福島芝2000m)は、大外枠から中団の6番手を追走。

緩みのないペースでしたが、仕掛けられてからの反応は良く、勝負所で上がっていき、直線で抜け出すと後続に並ばせず、2馬身半差をつけて快勝しました。

約5か月ぶりの実戦でしたが仕上がっており、大きな変り身を見せました。

使われての上積みも見込めそうです。

【ヒートオンビート】堅実な走り

父キングカメハメハ。母マルセリーナ。母の父ディープインパクト。

昨年重賞初挑戦の目黒記念(G2・東京芝2500m)で、いきなり2着に入線、その後もチャレンジC(G3・阪神芝2000m)2着、中山金杯(G3・中山芝2000m)3着、日経賞(G2・中山芝2500m)3着と重賞で善戦。

競馬場や距離を問わず大崩れのない万能タイプで前々走の天皇賞(春)(G1・阪神芝3200m)でも4着に粘り込んでいます。

七夕賞(G3・福島芝2000m)は、内目の枠から中団6番手を追走。4コーナーで外から上がっていき、直線でも外から伸び前のアンティシペイトを交わして2着に入選しました。

デビューから20戦で掲示板を外したのは2回だけです。

4勝・2着8回・3着3回の堅実な走りから新潟記念でも馬券に絡んでくる可能性大いにあります。

【スカーフェイス】ワンターン割引

父ハーツクライ。母スプリングサンダー。母の父クロフネ。

昨年阪神内回りコースの岸和田S(3勝クラス・阪神芝2000m)は、中団後ろ目の8番手追走から35秒3の速い末脚で接戦をクビ差制して勝利しました。

チャレンジC(G3・阪神芝2000m)は、33秒9のメンバー中最速上がりタイの末脚を使いましたが、仕掛けるタイミングが遅かったため5着に敗退しました。

中山金杯(G3・中山芝2000m)は、17頭立ての大外枠から中団を追走、馬群の外から上がっていき、直線でも外を追い込み直線でもうひと伸びし、2着に入線、昇級2走目で力を示しました。

前走の函館記念(G3・函館芝2000m)は、道中は13番手の後方を追走。

4コーナーで外を回って上がっていき、直線、1着・2着馬には離されましたが、3着には粘りました。

京都芝2000m内回り、阪神芝2000m内回りで1勝ずつ勝っており、中山金杯(中山芝2000m内)2着、函館記念3着と、内回りで機動力を発揮する脚質なので、ワンターンの新潟記念はやや割引が必要かと思われます。

【フェーングロッテン】ワンターン未経験

父ブラックタイド。母ピクシーホロウ。母の父キングヘイロー。

前々走の白百合S(L・東京芝2000m)は、後続を離して逃げ直線に入っても余力があり、後続に並ばせずに逃げ切り、潜在能力は非常に高いことを示しました。

前走のラジオNIKKEI賞(G3・福島芝1800m)は控えて中団の前目の5番手のインコースを追走。

直線でも内を突いて上がっていき逃げるショウナンマグマを内から交わして勝利、重賞初制覇しました。

これまで8戦すべてコーナーが4回あるコース、ワンターンの新潟芝2000m(新潟記念)に適応できるかが鍵になりそうです。

【サンレイポケット】東京G1で4着2回

父ジャングルポケット。母アドマイヤパンチ。母の父ワイルドラッシュ。

昨年の新潟大賞典(G3・新潟芝2000m)は、早朝の雨で時計の掛かる馬場、11番手の後方から、直線36秒5のメンバー中最速上がりの末脚で差して優勝しました。

天皇賞(秋)(G1)、前走のジャパンカップ(G1)は、一線級強豪馬を相手に連続4着して、G1でも通用する実力があることを示しました。

4走前の京都記念(G2・阪神芝2200m)は、道中は中団を追走から直線に入って馬郡を割って伸びて3着に善戦しました。

前々走の鳴尾記念(G3・中京芝2000m)は、7番手追走から直線に入り33秒7の末脚で追い上げましたが、外のジェラルディーナにアタマ差遅れて3着でした。

先に抜け出していったヴェルトライゼンデのあとを追うように進出して伸びましたが、外のジェラルディーナにアタマ差遅れて3着。

函館記念(G3・函館芝2000m)は、小回りと重馬場が合わず5着。

昨年の新潟大賞典で待望の重賞制覇を達成。

昨年は天皇賞(秋)で4着、ジャパンカップでも4着に入っており、広くて直線が長いコースを得意にしています。

ワンターンの新潟記念で直線大外からまとめて差し切るシーンがあっても驚けません。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【新潟記念2022予想】穴馬情報

新潟記念
新潟記念

【カラテ】距離延長での変わり身

父トゥザグローリー。母レディーノパンチ。母の父フレンチデピュティ。

昨年3歳以上2勝クラス、若潮S、東京新聞杯を3連勝で重賞初制覇した実力馬です。

今年初戦ののニューイヤーS(L・中山芝1600m)は約4か月ぶりの休み明け初戦、斤量58キロという厳しい条件ながら、道中折り合い、4コーナー10番手から34秒3のメンバー中最速上がりの豪快な末脚で差し切って圧巻の競馬で勝利して、実力が本物であることを示しました。

東京新聞杯はスタートで不利があり後方の11番手を追走、直線は33秒9の速い末脚で追い込み3着に入線しました。

前走の中山記念は、道中は控えて追走、直線に入って36秒0の最速上がりの脚を使い2着。

読売マイラーズC(G2)7着、安田記念(G1)16着と連敗、年齢的な衰えからマイルのスピード勝負よりも、ワンターン中距離2000mなら勝負になる可能性があります。

距離延長での変わり身に期待。

【イクスプロージョン】勝負根性

父オルフェーヴル。母ファシネイション。母の父シンボリクリスエス。

前々走の高山S(3勝クラス・中京芝2000m)は、道中は中団の11番手に控えて追走。

4コーナーで外を回って、直線で外から追い込んでいき、追われての反応が抜群で、内の馬を交わして抜け出し、1馬身半差をつけて勝利。

前走の関越S(OP・新潟芝1800m)は、好位に行きかけましたが、無理せず7番手で我慢。直線は外目から伸びていき内のグラティアスを交わし、外から迫ってきたキングストンボーイにハナ差で競り勝ちました。

接戦を勝ち勝負根性があることを示しました。

ワンターンの新潟芝1800mを勝ったことで、新潟記念(新潟芝2000m・ワンターン)でも好走が期待できそうです。

【カイザーバローズ】新潟大賞典2着

父ディープインパクト。母ジェニサ。母の父Storm Cat。

前々走の新潟大賞典(G3・新潟芝2000m)は、道中は10番手に控えて追走。スタートで不利がありました。

直線は外から上がっていき、レッドガランに並びかけましたが、クビ差で競り負けて2着も、実力がついてきたことを十分に示しました。

鳴尾記念(G3・中京芝2000m)は中団の5番手追走から直線じわじわ伸びていき、追い比べで競り負け6着、大きな差ではなく、悲観する必要はないと思われます。

新潟大賞典(G3)の走りから、新潟コースへの適性は高く、得意コースで巻き返しがあっても驚けません。

【コトブキテティス】差す馬が有利な芝状態

父ハービンジャー。母エヴァ。母の父キングカメハメハ。

全4勝を東京、新潟コースで挙げている左回り巧者です。

これまで20戦中15戦で上がり3F3位以内の脚を使い、8戦でメンバー中最速上がりの末脚を使っています。

先週の新潟2歳ステークスの優勝馬キタウイングは直線真ん中から抜け出し、2着馬ウインオーディン、3着馬シーウィザードは直線大外か伸びていました。

明らかに内ラチは荒れており、外から差す馬が有利な芝状態で、コトブキテティスが強烈な末脚を発揮するには絶好の舞台です。

【レッドジェネシス】激走もある

父ディープインパクト。母リュズキナ。母の父StormCat。

京都新聞杯を勝って挑んだ、日本ダービーは11着と苦戦を強いられましたが、神戸新聞杯は朝から雨が降り続き、不良馬場とタフな条件の中、後方からしぶとく伸びて差のない2着に好走しました。

菊花賞(G1・阪神芝3000m)は1番人気に支持されましたが、スタートで遅れ前とはかなり離れた後方17番手からではさすがに届かず、前の馬が止らない展開で、見せ場なく13着に沈みました。

前走七夕賞(G3・福島芝2000m)は15着。

近4走の2桁着順は阪神内回り、福島でのレース。

全3勝は阪神外回り、直線が長い中京で挙げています。

芝2000mの小回り・内回りコースで苦戦していた馬で、直線で脚を余していた馬がここ新潟記念で、別馬のように息を吹き返して激走することがあります。

このパターンがレッドジェネシスにあてはまりそうです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【新潟記念2022予想】コース適性情報

新潟記念
新潟記念

【イクスプロージョン】56.0㎏

父オルフェーヴル。母ファシネイション。母の父シンボリクリスエス。

新潟芝2000m外回りは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

新潟芝コース3は戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は67%。

芝2000mは3戦2勝・2着1回・3着0回で複勝率は67%。

左回りは13戦5勝・2着2回・3着2回で複勝率は69%。

稍重・重・不良は7戦2勝・2回・3着1回で複勝率は57%です。

直近12戦連続で左回りコースを使われていることは、走り慣れた左回りの新潟記念で実力を発揮してくる可能性が大いにあります。

ワンターンの新潟芝は2戦2勝と、新潟ワンターンへのコース適性は非常に高く、新潟記念での勝ち負けは必至です。

【ユーキャンスマイル】57.0㎏

父キングカメハメハ。母ムードインディゴ。母の父ダンスインザダーク。

新潟芝2000m外回りは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

新潟芝コースは2戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

芝2000mは6戦1勝・2着2回・3着0回で複勝率は50%。

左回りは9戦3勝・2着0回・3着0回で複勝率は33%。

稍重・重・不良は3戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は33%です。

ダイヤモンドS(G3・東京芝3400m)、阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)を勝っているステイヤーです。

2019年に新潟記念を4コーナー12番手から33秒6のメンバー中最速上がりの末脚で差して優勝した実績があります。

あれから3年経ち年齢的な衰えは否めませんが、直線末脚勝負なら2000mでも2着・3着に入る実力はまだあると思われます。

【コトブキテティス】55.0㎏

父ハービンジャー。母エヴァ。母の父キングカメハメハ。

新潟芝2000m外回りは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

新潟芝コースは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

芝2000mは8戦1勝・2着2回・3着1回で複勝率は50%。

左回りは13戦4勝・2着2回・3着3回で複勝率は69%。

稍重・重・不良は1戦0勝・2着0回・3着1回で複勝率は50%です。

東京芝コースでは3勝・2着2回・3着3回で、新潟芝2000mのワンターンでの勝利実績があります。

久々の実戦ですが仕上がりの早い牝馬、斤量51キロなら1発激走する可能性は十分にあると思われます。

【サンレイポケット】57.5㎏

父ジャングルポケット。母アドマイヤパンチ。母の父ワイルドラッシュ。

新潟芝2000m外回りは3戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。

新潟芝コースは3戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。

芝2000mは17戦4勝・2着3回・3着2回で複勝率は53%。

左回りは17戦4勝・2着3回・3着2回で複勝率は53%。

稍重・重・不良は6戦1勝・2着1回・3着2回で複勝率は66%です。

ワンターンの新潟芝2000mは、昨年の新潟大賞典で優勝、一昨年の新潟記念で3着に入線した実績があります。

左回り重賞では、1勝・3着2回と天皇賞(秋)4着、前走のジャパンカップ4着の実績があり、新潟芝2000m外回りへの適性は出走メンバー中トップクラスです。

【カイザーバローズ】55.0㎏

父ディープインパクト。母ジェニサ。母の父Storm Cat。

新潟芝2000m外回りは1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%。

新潟芝コースは1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%。

芝2000mは6戦2勝・2着1回・3着1回で複勝率は67%。

左回りは6戦2勝・2着1回・3着1回で複勝率は67%。

稍重・重・不良は0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%です。

ワンターンの新潟芝2000mは、前々走の新潟大賞典でクビ差の2着、今回も同じ斤量55㎏、新潟記念でも好勝負は必至です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【新潟記念2022予想】血統情報

新潟記念
新潟記念

【ヒートオンビート】中距離血統

父キングカメハメハ。母マルセリーナ。母の父ディープインパクト。

ラストドラフト(京成杯)の半弟で、グランデッツァ(七夕賞)やギャラントウォリア(JRA3勝)の近親です。

ディープインパクトの初年度産駒の母マルセリーナは、エルフィンS、桜花賞を連勝。5歳時にはマーメイドSを勝ちました。

マルセリーナの初子ラストドラフト(父ノヴェリスト)が京成杯制覇。

2代母マルバイユは仏G1アスタルテ賞を優勝。キングカメハメハ×ディープインパクトの配合に、アンドヴァラナウト(ローズS)、ブラヴァス(新潟記念)、ランフォザローゼス(ダイヤモンドS2着)がでています。

体形的に脚長でどちらかといえば中距離向きで芝2000m位が合っている血統です。

【サンレイポケット】持続力と成長力

父ジャングルポケット。母アドマイヤパンチ。母の父ワイルドラッシュ。

ワンダフルラッシュ(3勝)の半弟で、アドマイヤデウス(重賞2勝)やアドマイヤドバイ(4勝)の近親で、2代母ロイヤルカードからはアドマイヤフジ(重賞3勝)やメイショウシンタケ(3勝)などが出ています。

トニービン系×ワイルドアゲイン系で持続力と成長力に優れている配合です。

トニービンの血脈から強烈な末脚を受け継いでいます。

直線の長いコースで潜在能力を発揮できる血統です。

【レッドジェネシス】中・長距離

父ディープインパクト。母リュズキナ。母の父ストームキャット。

ディープインパクト×ストームキャットはキズナ、エイシンヒカリ、リアルスティール、ラヴズオンリーユー、ラキシス、サトノアラジンなどがでている黄金配合です。

母母父がSadler’s Wells、パワーとスタミナを伝えていますので中・長距離レースに向いた血統です。

【イクスプロージョン】外回り適性が高い

父オルフェーヴル。母ファシネイション。母の父シンボリクリスエス。

アプルーヴァル(JRA3勝)の全弟でジェラシー(オークス4着)の近親。2代母グレースアドマイヤからはヴィクトリー(皐月賞)、リンカーン(重賞3勝)、アリストテレス(アメリカジョッキーCC)などが出ている優秀な牝系です。

オーソリティ(父オルフェーヴル・重賞4勝)に似た重厚な配合、直線が長いコースを得意にする中距離血統です。

時計のかかる馬場にも適応力のある血統で最終日の新潟外回りへの適性が高く、新潟記念での好走が期待できる血統です。

【フェーングロッテン】スタミナ×スピード配合

父ブラックタイド。母ピクシーホロウ。母の父キングヘイロー。

半姉にスプリンターズステークス(G1)を制覇したピクシーナイトがいる良血馬です。

母ピクシーホロウはJRA3勝。

3代母ンコウエンジェルはクィーンズバーン(阪神牝馬S)、ワイルドソルジャー(名古屋グランプリ)、ダノンカモン(名古屋大賞典)などを排出した名牝馬です。

ブラックタイド×キングヘイロー×サクラバクシンオーだからキタサンブラックに似た父スタミナ×母スピード配合で中距離にも対応できる血統です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【新潟記念2022枠順確定】

2022年9月2日に公開予定です。

3連単6点勝負無料メルマガのご案内です。

料金は一切不要の完全無料です。でご安心頂ければ幸いです。
月曜から金曜は重賞情報土・日曜は重賞予想をお届けします。
形式上有料情報のご案内をさせて頂きますが不要の方はスルーして頂ければ幸いです。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net からの受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内です。

【3連単6点勝負】のご案内情報をお届けします。
充実した内容ですので見るだけでも価値があります。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net から【3連単6点勝負】のご案内をお送り致しますので、受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負のご案内フォームです。