京都金杯

京都金杯2020のコース解説です。京都競馬場芝1600m外回りコース特性を3連単、3連複の競馬予想に使えるように詳しく解説します。

京都金杯コース特性
(京都競馬場芝1600m右外回り)

京都競馬場外回りコースで開催。向正面直線2コーナーのポケット地点からスタート。3コーナーまでの距離は約700mと十分な長さがあります。

向正面半ばから、3コーナー付近でまで坂を上り、4コーナーにかけて下ります。高低差は4.3mあり内回りよりタフなコースです。

ゴール前の直線は、ほぼ平坦で約398mあります。

スタートから3コーナーまでの距離は約700mと長いため直線競馬のように内を位置獲る必要がなく横並びになりスタートから速いラップを刻みます。

3コーナーから坂を下りスピードに乗って直線へ向かうため、末脚を直線まで温存できる瞬発力が要求されるコース設定です。

京都競馬場の外回りは、いかに速い脚を使えるかがポイントになります。

京都金杯は年末年始を挟み調整が難しい時期でもあり、人気馬の信頼度は低くなる傾向があります。