オークス

オークス(優駿牝馬)コース解説

東京芝2400m
東京芝2400m

東京競馬場芝2400mは、日本ダービージャパンカップが行われる、日本競馬を代表するコースです。

オークス(優駿牝馬)は芝Bコース4日目の最終日に開催されます。

向正面および正面直線の一部に軽微な傷みがありますが、全体的に概ね良好な状態です。

東京競馬場芝Bコースの1周距離は2,101.9m、幅員は28~38m、直線距離は525.9m、高低差は2.7mです。

Aコース時より、仮柵が3m外側に移動、Bコース使用は2週目です。

先週のヴィクトリアマイルは、Bコース2日目の良馬場で実施され、勝ち時計は1分32秒2で、内ラチはあまり伸びず中から外を走った馬が伸びていました。

オークスも外からの差しが決まりやすいと予想されます。

スタート地点はホームストレッチのメモリアルスタンド前から、最初の1コーナーまでは約300mの距離があります。

1~2コーナー中間から向正面直線の残り約1300m地点までは緩やかな下り坂、3コーナー手前に高低差1.5mの坂があります。

約60mは平坦で、その後4コーナーの中間まで約2.1mを下ります。

4コーナー手前からは緩やかな上り坂です。

そして直線の残り480m地点から残り260m地点にかけての220mで、高低差2mの急坂が待ち受けています。

ゴール前の直線は525m9です。

中山や阪神に比べると勾配自体はなだらかでも220mで、高低差2mの坂を上るには、馬の能力がストレートに反映されます。

広い東京コースでゴール前の直線距離も長く、芝2400mという距離は、ほぼ全馬が未知の距離となります。

折り合いに懸念がなければ、3歳牝馬同士のレースということで、厳格な距離適性はあまり問われない傾向が強いようです。

距離適性よりも、決め手があれば距離克服は十分可能です。

展開は未経験の距離で、各馬がけん制し合うことからスローペースになることが多く、たまに平均ペースとなります。

展開にかかわらず、直線上がり3Fは11秒台のラップを刻み、速い末脚が要求されます。

逃げ・先行馬が先手をとって押し切るのは非常に厳しいレースです。

東京芝2400mでは、逃げ・先行馬の勝率、連対率は、悪くありませんが、オークスにおいてはあてはまらない傾向が顕著に表れています。

基本的にはスローペースからの上がり勝負になる傾向があり、総合的な能力が求められるコースです。

オークスにおいては差し馬、追い込み馬が圧倒的に好走馬の多数を占めています。

どんな展開でも速い末脚を使えるかが、オークスの最重要ポイントになります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【3連単6点勝負】ブログの説明と活用方法

1.3連単6点勝負の全体像
2.ブログについて
3.無料メルマガについて
4.有料メルマガについて
5.Twitterについて
6.まとめ

↓↓↓↓↓↓↓ここからどうぞ↓↓↓↓↓↓↓

【オークス(優駿牝馬)2022予想】データ分析と傾向

オークス
オークス

オークス過去10年前走の着順別成績

3着以内は、9勝・2着8回・3着7回・着外74回、複勝率24.5%。

4着以は、1勝・2着2回・3着3回・着外74回、複勝率7.5%。

オークス過去10年の3着以内に入った馬30頭中24頭は、前走の着順が3着以内でした。

前走3着以内の馬を中心に予想を組み立てた方がよさそうです。

オークス過去10年前走の4コーナー通過順別成績

2022月5月2

2番手以内の馬は、0勝・2着0回・3着1回・着外23回、複勝率4.2%。

3番手以下の馬は、10勝・2着10回・3着9回・着外125回、複勝率18.8%。

オークス過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走の4コーナー通過順が3番手以下でした。

脚をためて直線で瞬発力を発揮できる差し馬が有利になるということを示したデータと言えます。

オークス過去10年通算出走数別成績

5戦以内の馬は、8勝・2着10回・3着7回・着外70回、複勝率26.3%。

6戦以上の馬は、2勝・2着0回・3着3回・着外78回、複勝率6.0%。

オークス過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、キャリアが5戦以内でした。

デビュー間もない馬達なので、出走数が多いレース間隔を詰めることになり、疲労が残っているからかもしれません。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【オークス(優駿牝馬)2022予想】本命馬情報

オークス
オークス

【サークルオブライフ】猛烈な末脚

父エピファネイア。母シーブリーズライフ。母の父アドマイヤジャパン。

デビュー戦2戦目の2歳未勝利、アルテミスステーク、阪神ジュベナイルフィリーズを怒涛の3連勝でG1を制覇した実力馬です。

アルテミスステークは、33秒5の強烈な末脚で差した非常に強い競馬で勝利。

阪神ジュベナイルフィリーズは、落ち着いて折り合い直線まで体力を温存、33秒9の末脚で抜け出して優勝。

今年はまだ勝利はありませんが、いずれも力を示しての敗戦で悲観する競馬内容ではありません。

特に桜花賞は、4コーナー15番手からの33秒3の猛烈な末脚は際立っていました。

直線の長い東京開催のオークスなら末脚を最大限いかされるはずです。

東京向きの脚質で桜花賞から巻き返してくる可能性は十分にあります。

【スターズオンアース】強い精神力

父ドゥラメンテ。母サザンスターズ。母の父Smart Strike。

フェアリーステークスは、先団を見る好位の馬群の中を追走し、直線で内から上がって行きましたが外から伸びてきたライラックにクビ差交わされて2着。

デイリー杯クイーンカップは好位で先行、勝負所で上がっていき直線、伸びて先頭に立ちましたが外から伸びてきたプレサージュリフトに交わされクビ差の2着。

桜花賞は7番人気、直線は内から寄られる不利を受けながらも、持ち前の勝負根性で間を割って伸びていき、ウォーターナビレラをゴール寸前で交わして優勝しました。

桜花賞を強い精神力で接戦をものにした勝負根性は一級品です。

オークスで牝馬二冠を目指します。

【ウォーターナビレラ】馬体回復条件

父シルバーステート。母シャイニングサヤカ。母の父キングヘイロー。

デビュー3連勝でファンタジーステークスの重賞制覇した潜在能力が高い馬です。

阪神ジュベナイルフィリーズは、逃げ・先行総崩れの展開を3着に好走して実力を示しました。

3番人気で挑んだ桜花賞は2番手先行から高いレベルでスピードを持続、ナムラクレアを競り落として抜け出し先頭に立ちましたが、ゴール前スターズオンアースにハナ差交わされ惜しい2着でした。

敗因の1つに馬体重14キロ減が考えられるため、オークスで馬体が回復していれば逆転勝利の可能性も十分にあると思われます。

【アートハウス】後傾ラップでの持続力有

父スクリーンヒーロー。母パールコード。母の父ヴィクトワールピサ。

デビュー戦の2歳新馬は2番手先行から直線、33秒9の強烈な2枚脚で後続との差を3馬身に広げて圧勝して、潜在能力が高いことを示しました。

忘れな草賞は後半の1000mを非常に速い58秒7で、2着馬に3馬身差をつけて快勝、後半の1000mタイムからアートハウスの実力はG1級であることが推測されます。

展開的にはスローからの後傾ラップで持続力が求められるオークス。

展開的にもアートハウスの脚質は合っており1発の可能性は十分にあります。

【ナミュール】東京向き末脚

父ハービンジャー。母サンブルエミューズ。母の父ダイワメジャー。

チューリップ賞は課題のスタートを決めて中団を追走、勝負ところで馬郡に包まれたので外を回って上がっていき、直線でも外から33秒9のメンバー中最速上がりの末脚を発揮して抜け出し勝利、本来の力を発揮して快勝しました。

桜花賞は、フルゲートの大外枠から出遅れて後方から流れに乗れず、直線も末脚を繰り出せず10着に敗退しました。

桜花賞マイルレースで、スタートで遅れると非常に厳しく、横山武史騎手の判断でオークスに向けて疲労が残らない戦法に切り替えての敗戦だとすれば、オークスでスタートさえスムーズなら、好勝負は必至です。33秒台の速い瞬発力があり東京の長い直線はあっています。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【オークス(優駿牝馬)2022予想】穴馬情報

オークス
オークス

【エリカヴィータ】東京向きの末脚

父キングカメハメハ。母マルシアーノ。母の父フジキセキ。

フローラステークスはフェアリーステークス10着からの参戦でしたが、4番手のインコースを折り合って先行、東京の長い直線で、エンジンの掛かりが遅いタイプでも、トップギアーに入ってからの瞬発力は申し分なく逃げ馬をあっさり捕らえて1着、オークスの優先出走権を獲得しました。

直線の短い中山では本来の瞬発力をいかすには直線が短すぎます。

東京は2戦2勝しているように、胴が長く長距離体型でエンジンの掛かりが遅いタイプでも瞬発力を最大限発揮できるコースです。

【プレサージュリフト】東京2戦2勝

父ハービンジャー。母シュプリームギフト。母の父ディープインパクト。

デビュー2連勝で挑んだ桜花賞はスタート出遅れて巻き返すことが出来ずに11着に敗れました。

初の関西遠征、長距離輸送の影響で体調が本調子ではなかったことも敗因の1つです。

オークスは基本的にはスローペースからの上がり勝負になる傾向があり、差し馬、追い込み馬が圧倒的に好走馬の多数を占めており、長距離輸送のない2戦2勝の東京コースなら自慢の末脚を発揮してまとめて差し切る可能性も十分にあると思われます。

【ルージュエヴァイユ】3戦連続最速末脚

父ジャスタウェイ。母ナッシングバットドリームズ。母の父Frankel。

デビューの2歳新馬(中山芝1800m)は、後方のインコースを器用な脚で追走、直線は馬郡を割って伸びていきハナ差で差し切って勝利。

デイジー賞(1勝クラス・中山芝1800m)は、スタートはもう一息でしたが、中団に上がっていき、直線は外に出されて仕掛けられると抜群の反応で伸びて馬群を割ってすさまじい猛追でゴール前差し切って勝利しました。

フローラステークスは後方を追走から直線で外へ出されましたが、前にスペースがなく追い出しが遅れ、それでも馬郡を割って伸び5着、直線は良い脚を使っていました。

3戦連続でメンバー中最速上がりの末脚を使っています。

馬郡に包まれることなくスムーズな競馬ができるならオークスでの上位進出は十分可能だと思われます。

【ベルクレスタ】強烈な末脚

父ドゥラメンテ。母ベルアリュール2。母の父Numerous。

・2歳未勝利(新潟芝1600m)は、6番手で折り合い、後半じわじわ上がっていき、直線33秒8のメンバー中最速上がりの末脚で、2着馬に3馬身半差をつけ、文句なしの強い競馬で初勝利。

アルテミスステークスは、直線早めに上がっていき先頭に立ちましたが、ソラを使いサークルオブライフに交わされ2着。

阪神ジュベナイルフィリーズは後方待機から早めに仕掛けて勝負にでましたが直線で失速して6着。

クイーンカップも後方待機から直線は馬郡を割って上がっていき33秒4のメンバー中最速上がりの末脚を発揮して3着。

桜花賞は4コーナー13番手から33秒5の速い末脚を使いましたが7着。脚をためれば33秒台の末脚が使えます。

スローペースからの上がり勝負になる傾向があるオークスは差し馬、追い込み馬が圧倒的に好走馬の多数を占めていることから、強烈な末脚があるベルクレスタがまとめて差し切っても驚けません。

【ピンハイ】人気薄激走タイプ

父ミッキーアイル。母レイテッド。母の父ジャングルポケット。

デビュー戦の2歳新馬(阪神芝1400m)は、後方待機から直線、馬群の中から進出、狭いスペースを割って35秒0のメンバー中最速上がりの末脚で伸びて勝利。13番人気だったチューリップ賞は、出遅れて中団の後ろ目から追走、直線は内を突いて2着、G1馬サークルオブライフを交わして力を示しました。

桜花賞は、後方の馬郡の中を追走、後半追い上げて直線でもしぶとく伸びてきましたが、馬郡に包まれたこともあり、やや遅れて、13番人気ながら5着に好走。人気薄激走タイプで2着・3着でおさえておきたい穴馬です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【オークス(優駿牝馬)2022予想】コース適性情報

オークス
オークス

【サークルオブライフ】コース適性上位

父エピファネイア。母シーブリーズライフ。母の父アドマイヤジャパン。

東京コースは昨年のアルテミスステークを33秒5のメンバー中最速上がりの末脚で勝利しているように、東京コースの長い直線で強烈な末脚を発揮できます。

桜花賞は後方を追走から外を回って直線も外から33秒3のメンバー中最速上がりの末脚を使いましたがコースとりの差で勝ち馬スターズオンアースから0秒1差の4着でした。

しかしオークスで桜花賞のような走りができれば長い直線、鋭い末脚で差し切れる可能性は大きくあると思われます。

コース適性はメンバー中上位です。

【スターズオンアース】末脚プラス勝負根性

父ドゥラメンテ。母サザンスターズ。母の父Smart Strike。

東京コースは3戦1勝・2着1回・1着1回、33秒9の末脚を使えています。

桜花賞では直線にて不利を受けましたが、そこから立て直して33秒5の末脚で抜け出した勝負根性は世代トップです。

オークスは例年スローペースからの上がり勝負になる傾向があり、脚を直線まで温存できるので桜花賞で見せた末脚以上の走りで抜け出すことも十分可能だと思われます。

末脚プラス勝負根性があり、コース適性に懸念はないことが推測されます。

【アートハウス】距離適性有

父スクリーンヒーロー。母パールコード。母の父ヴィクトワールピサ。

各馬未知の距離オークス、距離適性を図るのは難しいですが、アートハウスはデビューから3戦全てを芝2000m、勝った2戦はメンバー中最速上がりの末脚を使い、2着馬との差は3馬身。

余力を残しての勝ち方から芝2400mへの距離適性はアートハウスが1番であることが推測されます。

先行馬には厳しいオークスですが、末脚とスタミナは文句なし。

能力の差でカバーできるか。

【ナミュール】確かな末脚

父ハービンジャー。母サンブルエミューズ。母の父ダイワメジャー。

赤松賞33秒0、阪神ジュベナイルフィリーズ33秒6、チューリップ賞33秒9、とメンバー中最速上がりの末脚を使い3連勝。

末脚は確かでオークスでも信頼できる末脚です。

東京コースは33秒0を使った実績があり、東京コースへのコース適性に懸念はありません。

阪神ジュベナイルフィリーズ4着、桜花賞10着から東京コースへ替わり巻き返せる能力があります。

【エリカヴィータ】インを立ち回れる

父キングカメハメハ。母マルシアーノ。母の父フジキセキ。

東京コースは2戦2勝。

フローラステークスは、インコースを立ち回り、直線で内から馬郡を割って伸び、フェアリーステークス10着の大敗から、コース替わりで巻き返して勝利しました。

インコースを立ち回れることから芝2000mでは距離ロスを最小限にできます。

桜花賞上位組とは初対決になりますが、距離適性、コース適性は互角以上、好勝負になる可能性が十分にあります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【オークス(優駿牝馬)2022予想】血統情報

オークス
オークス

【サークルオブライフ】Nijinskyの血脈

父エピファネイア。母シーブリーズライフ。母の父アドマイヤジャパン。

エピファネイア産駒は、2020年デアリングタクト優勝、母の父アドマイヤジャパンは菊花賞2着。

エピファネイアの母の父スペシャルウィークは、サンデーサイレンス×Nijinsky、母の父アドマイヤジャパンも、サンデーサイレンス×Nijinskyでスタミナには全く懸念のない血統配合です。

エピファネイアと母の母がマイラーの組み合わせはエフフォーリアやデアリングタクトと同じ。

近親にスプリンターズS(G1)、高松宮記念(G1)を勝ったビリーヴがいる優秀な牝系です。

Nijinskyの血脈が豊富なスタミナを伝えており長距離レースに対応できる血統です。

【ウォーターナビレラ】母の父急上昇

父シルバーステート。母シャイニングサヤカ。母の父キングヘイロー。

父シルバーステートの半兄Seville(父Galileo)は、豪州G1・ATCザメトロポリタンの優勝馬です。

シルバーステート(父ディープインパクト)は現役時代5戦4勝で主戦の福永騎手が当時『今まで乗った馬で1番のエンジンを持っている』と高く評価していました。

母の父キングヘイローは、母の父として昨年はピクシーナイト、ディープボンド、キングズガード、アサマノイタズラ、ヴァイスメテオールなど次々と重賞勝ち馬をだしており、重賞9勝の実績で評価は急上昇です。父シルバーステートは、ディープインパクトの後継馬候補で種付価格が600万円まで上昇しています。

父シルバーステートの2代母BoubskaiaがNijinskyでスタミナを伝えていますので、距離延長への対応能力を底上げしています。

後傾ラップの前半スローになれば勝ち負けは必至の良血馬です。

【スターズオンアース】スタセリタ牝系

父ドゥラメンテ。母サザンスターズ。母の父Smart Strike。

オークス、阪神JFを制覇したソウルスターリング、アルテミスSを勝ったシェーングランツと同じスタセリタの牝系です。

母母スタセリタは仏オークなどG1を6勝した名牝馬。

ソウルスターリングはオークスを勝っていますが、スターズオンアースは父がドゥラメンテに替わったことでさらにスタミナが強化されてオークスへの血統適性を高めています。

父ドゥラメンテは皐月賞、日本ダービーの二冠馬で菊花賞、天皇賞春を制覇したタイトルホルダーの父です。

オークスにも十分対応できるスタミナのある血統です。

【ルージュエヴァイユ】2代母Danedream

父ジャスタウェイ。母ナッシングバットドリームズ。母の父Frankel。

父ジャスタウェイは天皇賞秋優勝、ジャパンカップ2着。その父ハーツクライ産駒には、2014年オークスを勝ったヌーヴォレコルトなど東京芝2400mに強い血統。

ジャスタウェイ産駒にも日本ダービー3着のヴェロックスがいます。

母ナッシングバットドリームズの父は名馬フランケルで、2代母のDanedreamは凱旋門賞などG1を5勝した世界的な名牝馬です。

東京向きの血統で巻き返し必至の良血馬です。

【ナミュール】広いコースに向いている血統

父ハービンジャー。母サンブルエミューズ。母の父ダイワメジャー。

ハービンジャー産駒は、2017年モズカッチャンが2着、ディアドラが4着。母サンブルエミューズの半妹にBCディスタフ(G1)を制覇したマルシュロレーヌ がいます。

3代母キョウエイマーチは桜花賞馬の優秀な牝系です。

広い東京に向いている血統ですが、母の父ダイワメジャーで距離適性に若干の懸念が残ります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【オークス(優駿牝馬)2022枠順確定】

1-1 ウォーターナビレラ(牝3、武豊)
1-2 スタニングローズ(牝3、D.レーン)
2-3 アートハウス(牝3、川田将雅)
2-4 ルージュエヴァイユ(牝3、池添謙一)
3-5 サウンドビバーチェ(牝3、石橋脩)
3-6 サークルオブライフ(牝3、M.デムーロ)
4-7 ホウオウバニラ(牝3、横山典弘)
4-8 ナミュール(牝3、横山武史)
5-9 エリカヴィータ(牝3、福永祐一)
5-10 ラブパイロー(牝3、野中悠太郎)
6-11 ベルクレスタ(牝3、吉田隼人)
6-12 ライラック(牝3、横山和生)
7-13 パーソナルハイ(牝3、吉田豊)
7-14 シーグラス(牝3、松岡正海)
7-15 ピンハイ(牝3、高倉稜)
8-16 プレサージュリフト(牝3、戸崎圭太)
8-17 ニシノラブウインク(牝3、三浦皇成)
8-18 スターズオンアース(牝3、C.ルメール)

3連単6点勝負無料メルマガのご案内です。

料金は一切不要の完全無料です。でご安心頂ければ幸いです。
月曜から金曜は重賞情報土・日曜は重賞予想をお届けします。
形式上有料情報のご案内をさせて頂きますが不要の方はスルーして頂ければ幸いです。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net からの受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内です。

【3連単6点勝負】のご案内情報をお届けします。
充実した内容ですので見るだけでも価値があります。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net から【3連単6点勝負】のご案内をお送り致しますので、受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負のご案内フォームです。