桜花賞

桜花賞2020予想】コース適性情報と傾向

桜花賞2020有力馬に先行馬が数頭いるので、恐らく前半から緩みのない速いラップを刻む展開が予想され、瞬発力のある差し馬に有利になります。

牡馬相手の接戦を勝った、強烈な末脚があるサンクテュエール阪神競馬場芝1600mのコース適性が高いと思われます。

桜花賞2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。桜花賞2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、レシステンシア、クラヴァシュドール、マルターズディオサ、ミヤマザクラ、サンクテュエールの競走馬情報を詳しく説明します。

【④サンクテュエール】(C.ルメール)

父ディープインパクト。母ヒルダズパッション。母の父Canadian Frontier。
先行力に加えて、直線での瞬発力があり、シンザン記念(京都競馬場芝1600m)を牡馬相手に優勝したことは、潜在能力が相当に高いことを示しています。アルテミスS(東京競馬芝1600m)を2着していることから、急坂にある長い直線への対応力も十分であることは推測されます。3戦2勝の走りから桜花賞2020阪神競馬場への適性に懸念はないと思われます。

【⑤マルターズディオサ】(田辺裕信)

父キズナ。母トップオブドーラ。母の父Grand Slam。
阪神競馬場芝1600mは2戦1勝(チューリップ賞)・2着1回(阪神JF)。阪神JFは5馬身差で2着に敗れましたが、その分疲労が少なくてすんだことで、チューリップ賞で巻き返すことができました。有力馬に先行タイプがおおいことから、流れは必然的に速くなることが予想されます。コース適性は申し分なく高いのですが、ハイペースが予想される桜花賞2020で先行して押し切るには、チューリップ賞を激走した疲労が影響しないかが懸念されます。

【⑪クラヴァシュドール】(M.デムーロ)

父ハーツクライ。母パスオブドリームズ。母の父Giant’s Causeway。
阪神競馬場芝1600mは3戦1勝(新馬戦)・2着1回(チューリップ賞)・3着1回(阪神JF)。チューリップ賞で2歳女王のレシステンシアに先着して2着は、コース適性が高いことを示しています。新馬戦とサウジアラビアRCで上がり3F33秒1の強烈な末脚を使っています。直線476mと直線部分の距離が長い阪神競馬場外回りはクラヴァシュドールが末脚を発揮できる絶好に舞台です。チューリップ賞、阪神JFで敗れていますが、疲労が残っていないのはクラヴァシュドールかもしれません。そう考えれば逆転で桜花賞優勝も十分に可能性はあると思われます。

【⑭ミヤマザクラ】(福永祐一)

父ディープインパクト。母ミスパスカリ。母の父Mr. Greeley。
未勝利(札幌競馬場芝2000m)1着、京都2歳S(京都競馬場芝2000m)2着。特に京都2歳Sは強い牡馬相手に2着に好走。前走は400mの距離短縮で挑んだクイーンカップを優勝。2000mで勝ち負けした経験がいかされての勝利でした。牡馬相手に2000mで2着したスタミナが本番桜花賞で発揮できれば3強に食い入ることは十分可能だと思われます。

【⑰レシステンシア】(武豊)

父ダイワメジャー。母マラコスタムブラダ。母の父Lizard Island。
阪神競馬場芝1600mは2戦1勝(阪神JF)・3着1回(チューリップ賞)。内阪神JFの走破時計1分32秒7は、2019年桜花賞でグランアレグリアが優勝した時計と同じで、非常に優秀な持ち時計です。阪神競馬場は直線に高低差1.8m、勾配率1.5%の急坂があります。120mで1.8mの高低差を駆け上がって、残り70mで決め手を発揮することが求められるタフなコースを阪神JFで逃げて5馬身差で圧勝した走りから、コース適性の高さは証明済です。レシステンシアは逃げても、直線で速い瞬発力を使える2枚脚がコース適性を一層高めています。

桜花賞2020コース解説

桜花賞スタート地点はバックストレッチの中間からで、3コーナー手前に上り坂があり、4コーナーの出口手前の残り約600mから、直線残り190m地点まで緩やかな下り勾配が設けられ、阪神名物の上り坂へと向かいます。高低差1.8m、勾配率1.5%の急坂があります。120mで1.8mの高低差を駆け上がって、残り70mで決め手を発揮することが求められるタフなコースで、スピードとパワーを兼ね備えていることも必要十分条件になります。コーナーが2回の外回りコースで、スタートから3コーナーまで444m、ゴール前の直線476mと直線部分の距離が長く、各馬が実力を発揮しやすいコース設定になっていますので、紛れが生じにくい、馬の実力が反映されやすいコースです。ある程度速い流れになっても、脚を溜めながら直線で瞬発力をだせる高い能力が求められます。極端にペースが速くなったり、遅くなったりすると波乱もあるので、展開予想には細心の注意が必要です。極端なスローなペースになれば逃げ馬が有利となり、極端なハイペースになれば差しが有利となります。人気薄の逃げ馬、4枠より外枠に入った人気薄の差し馬が穴をあける可能性があるので、おさえておきたいところです。

【桜花賞2020枠順確定】

桜花賞2020枠順

1-1 ナイントゥファイブ(松田大作)
1-2 チェーンオブラブ(石橋脩)
2-3 スマイルカナ(柴田大知)
2-4 サンクテュエール(C.ルメール)
3-5 マルターズディオサ(田辺裕信)
3-6 ウーマンズハート(藤岡康太)
4-7 ヒルノマリブ(北村友一)
4-8 リアアメリア(川田将雅)
5-9 デアリングタクト(松山弘平)
5-10 フィオリキアリ(藤井勘一郎)
6-11 クラヴァシュドール(M.デムーロ)
6-12 インターミッション(石川裕紀人)
7-13 マジックキャッスル(浜中俊)
7-14 ミヤマザクラ(福永祐一)
7-15 ヤマカツマーメイド(池添謙一)
8-16 ケープコッド(岩田望来)
8-17 レシステンシア(武豊)
8-18 エーポス(岩田康誠)

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。