日経新春杯

【日経新春杯2022予想】コース解説

中京芝2200
中京芝2200

日経新春杯が開催される中京競馬場芝Aコースの1周距離は1,705.9m、幅員は28~30m、直線距離は412.5m、高低差は3.5mです。

昨年の12月中京競馬終了後、コース内柵沿いの傷みが生じた箇所を中心に人力による蹄跡補修作業が実施されましたが、3コーナーから4コーナー内側は昨年の12月開催の傷みが残った状態です。

中京競馬場芝コースの1周距離は阪神競馬場や中山競馬場の内回りコースよりも長く、ゴール前の直線の長さは京都の外回りよりも長く、国内では東京競馬場の次に直線が長いコースです。

中京競馬場芝コースの高低差3.5mは、中山競馬場、京都競馬場に次いで国内3位の高低差です。

ローカル競馬は小回りコースのイメージが強いですが、中京競馬場はイメージ以上にサイズが大きい競馬場です。

4コーナーにあるポケットからのスタート。正面スタンド前直線を走り、1コーナーまでの距離は約500mです。

スタート後約200mで約2.0mの上り坂、その後1から2コーナーのカーブは緩い上り坂で、向こう正面中間の残り1080m地点まで1mの緩い上り坂が続きます。

その後は緩やかな下り坂に入り3から4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。

スパイラルカーブとは、コーナーの入り口は緩やかで、コーナーの出口がきつい特殊な形をしたカーブです。

入り口は緩やかで、スピードを落とさずに進入でき、コーナーの出口は小回りで、スピードにのって進入してきた馬は外へふくらみ、直線はばらけるのでインからの強襲も可能になります。

直線はゴール手前の340m地点から240m地点にかけて高低差2.0m、勾配率2.0%の急坂が待ち受けスタートからゴールまで、日経新春杯では、この急坂を2回超えることになるため、スタミナと持久力が要求されるタフなコースです。

高速決着に苦戦して勝ちきれなかった馬が、時計のかかるタフなコース設定の中京競馬場に替ることで、一変して激走する場合があります。

冬場に開催される日経新春杯(中京競馬場芝2200m)で狙える馬は、瞬発力のある馬よりも、高速決着に苦戦して勝ちきれなかった馬で、時計のかかる馬場に対応できるスタミナとパワーがある馬が好走する可能性が高いことが推測されます。

【日経新春杯2022予想】過去10年データ分析と傾向

日経新春杯
日経新春杯

日経新春杯過去10年前走別成績

前走G1組は、5勝・2着0回・3着0回・着外24回、勝率17.2%、連対率17.2%、複勝率17.2%。
前走G2組は、1勝・2着1回・3着4回・着外23回、勝率3.4、連対率6.9%、複勝率20.4%。
前走G3組は、0勝・2着3回・3着1回・着外27回、勝率0%、連対9.7率%、複勝率%12.9%。
前走オープン特別組は、0勝・2着1回・3着2回・着外21回、勝率0%、連対率4.2%、複勝率12.5%。
前走3勝クラス組は、3勝・2着4回・3着2回・着外18回、勝率11.%、連対率25.9%、複勝率33.3%。
前走2勝クラス組は、1勝・2着1回・3着1回・着外3回、勝率16.7%、連対率33.8%、複勝率50.0%。

前走が2勝クラスだった馬の複勝率は複勝率50.0%と高く、最近4年の前走3勝クラス組は1勝・2着2回・3着2回・着外4回で複勝率が63.6%と非常に高い確立で3着以内に入線しています。前走2勝クラス、3勝クラスから臨む馬を中心に馬券を組み立てるのが特策かと思われます。

日経新春杯過去10年前走G1組の前走着順別成績

5着以内の馬は、4勝・2着0回・3着0回・着外1回、勝80.0%、連対率80.0%、複勝率%80.0。
6着以下の馬は、1勝・2着0回・3着0回・着外23回、勝率4.2%、連対率4.2%、複勝率4.2%。

前走G1の着順が5着以内だった馬の勝率80.0%
前走G1の着順が6着以下だった馬の勝率4.2%
前走G1の着順が6着以下からの7巻き返しは厳しい傾向があります。

日経新春杯過去10年年齢別成績

4歳馬は、7勝・2着3回・3着0回・着外20回、勝率23.3%、連対率33.3%、複勝率33.3%。
5歳馬は、2勝・2着4回・3着5回・着外25回、勝率5.6%、連対率%16.7、複勝率30.6%。
6歳馬は、勝・2着回・3着回・着外回、勝率2.6%、連対率10.5%、複勝率23.7%。
7歳以上の馬は、0勝・2着0回・3着0回・着外42回、勝率0%、連対率0%、複勝率0%。

日経新春杯過去10年優勝馬は10頭中7頭が4歳馬でした。
7歳以上の馬の3着以内は1度もなく、4歳馬・5歳馬が中心になる傾向があります。

【日経新春杯2022予想】本命馬情報

日経新春杯
日経新春杯

【②クラヴェル】強烈な末脚

父エピファネイア。母ディアデラマドレ。母の父キングカメハメハ。
格上挑戦だった4走前のマーメイドSは、4コーナー13番手からメンバー中最速上がり34秒6の末脚で2着まで追い込みました。中京記念(G3)、新潟記念(G3)は、牡馬相手に33秒台の末脚を発揮して、いずれも勝ち馬から0秒1差の3着と健闘しています。折り合いに懸念がなく、直線まで末脚を温存でき、上がりの速いレースに対応できる瞬発力があります。エリザベス女王杯(G1・阪神芝2200m)は、1枠2番からスタートで遅れ、インコースを追走して、勝負所から直線でも内を突いて上がっていき、馬群を割って一瞬の切れる末脚で1番人気のレイパパレを交わして3着に入線しました。13戦中7戦で上がり3Fメンバー中最速上がりの末脚を使っている実績から、国内では東京コースの次に直線が長い中京コース(日経新春杯)で、強烈な一瞬の切れる末脚を発揮できることが推測されます。

【③マイネルウィルトス】左回りへ適性高い

父スクリーンヒーロー。母マイネボヌール。母の父ロージズインメイ。
昨年の壇之浦Sは稍重で勝利、5走前の福島民報杯は不良馬場で1秒8の大差を付けて圧勝して2連勝しました。3走前の札幌記念は強豪G1馬相手に4着と実力は示せました。2走前のアルゼンチン共和国杯(G2・東京芝2500m)は、スタートが遅れて道中は控えて10番手を追走、勝負所で上がっていき、4コーナーで馬群の外から進出、しぶとく伸びて2着に入線しました。初めての2500mでしたが距離延長に対応できたことは大きな収穫でした。前走のチャレンジC(G3・阪神芝2000m)は、9番手に控えて追走、スローペースで早目に仕掛けていきましたが、直線に入って伸びを欠き6着に敗れました、スローペースが合わなかったようです。アルゼンチン共和国杯2着、福島民報杯1着の実績から左回りへの適性が高く、左回りの中京芝2200m(日経新春杯)での巻き返しが期待されます。

【④ステラヴェローチェ】冬場の荒れた馬場

父バゴ。母オーマイベイビー。母の父ディープインパクト。
春のクラッシック、皐月賞日本ダービーで連続3着。昨年の朝日杯フューチュリティSでも2着とG1での好走実績があります。神戸新聞杯は、ダービー馬シャフリヤールを破って優勝。菊花賞は後方15番手から34秒7のメンバー中最速上がりの末脚を発揮して4着でした。前走の有馬記念(G1・中山芝2500m)は、出遅れて後方10番手からの競馬になりましたが、35秒9のメンバー中最速上がりタイの末脚で4着に入線、エフフォーリア、クロノジェネシスの一線級馬相手に善戦しています。クロノジェネシスと同じバゴ産駒で、父譲りのパワーとスタミナがあり、道悪で高いポテンシャルを発揮できることから、冬場の荒れた馬場の中山コース(日経新春杯)は合っていることが推測されます。

【⑧フフライライクバード】長距離適性高い

父スクリーンヒーロー。母シングライクバード。母の父シンボリクリスエス。
前々走のムーンライトH(3勝クラス・中京芝2200m)は、8番手の中団で控え、直線入り口で外へ出され追われ加速して34秒2のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し2着馬に2馬身半の差をつけて圧勝しました。前走のアルゼンチン共和国杯(G2・東京芝2500m)は、馬群の中の5番手を追走、直線、じわじわ伸びて上がっていき3着に入線しました。芝2200mから芝2500mでは、8戦4勝・2着1回・3着1回で連対率は75%と高い長距離適性があり、日経新春杯(中京芝2200m)でも好走する可能性は十分にあると思われます。

【⑩ヨーホーレイク】瞬発勝負の展開

父ディープインパクト。母クロウキャニオン。母の父フレンチデピュティ。
デビュー2連勝した資質馬です。ホープフルS(G1・中山芝2000m)3着、きさらぎ賞(G3・中京芝2000m)2着とG1・G3での好走実績があります。デビューから皐月賞5着まで、5戦連続でメンバー中最速上がりの末脚を発揮しています。ゴール前の直線の長さは京都の外回りよりも長く、国内では東京競馬場の次に直線が長いコースの中京芝2200mなら、持ち前の強烈な末脚を繰り出せるはずです。日本ダービー7着以来、約7か月ぶりの実戦になりますが、日経新春杯が直線瞬発力勝負の展開になれが勝ち負けまで持ち込めると思われます。

【日経新春杯2022予想】穴馬情報

日経新春杯
日経新春杯

【①モズナガレボシ】55.0kg

父グランプリボス。母モズフリムカナイデ。母の父クロフネ。
重賞初挑戦だった3走前の小倉記念(G3・小倉芝2000m)は、外枠9番から折り合って後方から追走、直線も外を回って上がっていき、35秒0のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出して重賞初制覇しました。福島記念11着、チャレンジカップ7着と連敗していますが、皿倉山特別(小倉芝2600m)の長距離レースを勝った実績があり、前走から日経新春杯の芝2200mへ距離延長で変わり身を見せての激走があっても驚けません。

【⑥ヤシャマル】54.0kg

父キズナ。母シャインプレジャー。母の父アグネスデジタル。
昨年4歳以上1勝クラス(東京芝1800m)、4歳以上2勝クラス(東京芝2000m)、府中S(3勝クラス・東京芝2000m)を3連勝、寒い時期に調子を上げてくるタイプです。その後エプソムカップ9着、新潟記念4着、中日新聞杯8着と苦戦を強いられていますが、中山芝2200mで3着に入線した実績があり、前走から200mの距離延長、日経新春杯で好走する可能性も十分にあると思われます。

【⑦アフリカンゴールド】55.0kg

父ステイゴールド。母ブリクセン。母の父Gone West。
中日新聞杯(G3・中京芝2000m)は、積極的に前へいき2番手で先行、直線でもスピードを持続して2着に粘り込みました。一昨年アルゼンチン共和国杯(G2・東京芝2500m)で3着に入線した実績があり日経新春杯の芝2200mの距離への適性に懸念はないと思われます。ドバイワールドカップを優勝したフリカンストーリーの半弟で、母系にデインヒルをもつステイゴールド産駒にはナカヤマフェスタ、フェノーメノと同じで長距離に向いている配合で、日経新春杯での好走が期待できる血統です。

【⑪ショウナンバルディ】57.0kg

父キングズベスト。母バノヴィナ。母の父Redoute’sChoice。
昨年の鳴尾記念(G3・中京芝2000m)は2番手先行から直線でもスピードを持続して2着に粘り重賞で初連対しました。続く七夕賞(G3・福島芝2000m)は、前夜の雨の影響が残って時計の掛かる馬場。8番手を追走から、直線でやや外へ出され、馬郡を割って伸びて3着。勝ち切れませんでしたが、しぶとい競馬で実力がついてきたことを示しています。前走の中日新聞杯(G3・中京芝2000m)は、1枠2番から先頭へ、競りかけられることなくスムーズに逃げ、直線でも余力十分でゴール、後続に並ばせることなく逃げ切りました。中京芝コースは7戦3勝・2着1回・3着1回で勝率43%、連対率57%、複勝率71%と日経新春杯出走メンバー中トップクラスのコース適性を誇ります。関ケ原S(中京芝2000m)を57kgで勝った実績があり、日経新春杯での57kgのトップハンデも適応できることが推測されます。

愛知杯へ【カセドラルベル】

父ハーツクライ。母ベルスリーブ。母の父シンボリクリスエス。
前走の新潟牝馬S(OP・新潟芝2200m)は、3番手追走から直線で伸びきれず5着でした。一昨年博多S(3勝クラス)を勝利してオープン入り後は8連敗中です。ただ今回日経新春杯は最軽量ハンデの52.0kgは、2000m以上のレースでは大きなプラスになります。勝ち負けは厳しいかもしれませんが、3着までなら可能性はあると思われます。

【日経新春杯2022枠順確定】

1-1 モズナガレボシ(松山弘平)
1-2 クラヴェル(牝5、横山典弘)
2-3 マイネルウィルトス(川須栄彦)
2-4 ステラヴェローチェ(M.デムーロ)
3-5 ロードマイウェイ(幸英明)
3-6 ヤシャマル(松田大作)
4-7 アフリカンゴールド(国分恭介)
4-8 フライライクバード(武豊)
5-9 マイネルフラップ(国分優作)
5-10 ヨーホーレイク(川田将雅)
6-11 ショウナンバルディ(坂井瑠星)
6-12 エフェクトオン(秋山真一郎)
7-13 トップウイナー(和田翼)
7-14 プレシャスブルー(勝浦正樹)
8-15 ダノンマジェスティ(岩田望来)
8-16 トラストケンシン(池添謙一)

【日経新春杯2022予想オッズ】

人気順馬名予想オッズ
1ステラヴェローチェ1.4
2ヨーホーレイク5.3
3クラヴェル7.1
4フライライクバード7.8
5ショウナンバルディ20.2
6ダノンマジェスティ40.3
7モズナガレボシ43.2
8アフリカンゴールド55.3
9マイネルウィルトス58.7
10ヤシャマル109.3
11カセドラルベル173
12ロードマイウェイ190.3
13プレシャスブルー194.2
14トラストケンシン198.3
15エフェクトオン272.1
16マイネルフラップ340.4
17トップウイナー353
日経新春杯2022予想オッズ