安田記念

安田記念2020予想出走予定馬情報と傾向

安田記念過去10年の優勝馬の前走の距離別成績は、前走1200mが1勝、前走1400mが3勝、前走1600mが4勝、前走1800mが2勝です。1600m以上6勝、1400m以下が4勝で、距離延長でも勝ち負けのチャンスは十分にあります。

安田記念2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。安田記念2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、アーモンドアイ、インディチャンプ、ダノンキングリー、グランアレグリア、ダノンプレミアムの競走馬情報を詳しく説明します。

安田記念2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1アーモンドアイ1.6
2インディチャンプ4.4
3ダノンキングリー8.4
4グランアレグリア9.3
5ダノンプレミアム11
6アドマイヤマーズ13.1
7ノームコア30.5
8ダノンスマッシュ62.3
9ミスターメロディ79.5
10ヴァンドギャルド100.8
11ペルシアンナイト121.3
12タワーオブロンドン130.8
13クルーガー136.5
14セイウンコウセイ261
15ケイアイノーテック268.8
16ストーミーシー577
17ロードクエスト2330.6

【①ダノンプレミアム】G1で好走(D.レーン)

父ディープインパクト。母インディアナギャル。母の父Intikhab。
2017年の朝日杯FSの優勝馬で、他に弥生賞、金鯱賞、マイラーズカップの重賞を勝っている実力馬です。昨年の安田記念はスタートで不利を受けたことが響き16着に大敗しましたが、その後天皇賞(秋)2着、マイルチャンピオンシップ2着、クイーンエリザベスS・3着とG1で好走しています。不良馬場のクイーンエリザベスSで3着に激走、しかも海外遠征だったので、疲労がどこまでぬけているかが鍵になりそうです。

【②ダノンキングリー】芝1800m重賞を3勝(戸崎圭太)

父ディープインパクト。母マイグッドネス。母の父Storm Cat。
大阪杯を逃げて勝ち馬ラッキーライラックからクビ差、クビ差の3着した実力は本物です。共同通信杯(東京競馬場芝1800m)、毎日王冠(東京競馬場芝1800m)、中山記念(中山競馬場芝1800m)の芝1800m重賞を3勝している中距離馬です。東京競馬場芝1600mは、芝1800mで勝ち負けできるスタミナが求められるタフなマイル戦です。ダノンキングリーは芝1800mで勝ち負けできるスタミナがあることから、安田記念での好走が十分に期待できます。

【⑤アーモンドアイ】(C.ルメール)G1最多勝記録達成なるか

父ロードカナロア。母フサイチパンドラ。母の父サンデーサイレンス。
G1・7勝は、G1最多タイ記録です。安田記念を勝てばG1最多記録8勝になります。アーモンドアイは、東京競馬場開催G1で4勝しています。広いコースならハイペースで先行でき、しかも32秒台の末脚を使えるので、並大抵の実力では太刀打ちできません。取りこぼしがあるとすれば、有馬記念のような、小回りで、しかも時計の掛かる馬場です。広く直線が長く、高速馬場なら現状敵なしかと思われます。G1最多勝記録達成なるか大注目です。頑張れ!アーモンドアイ!

【⑥インディチャンプ】(福永祐一)史上7頭目の同一年度マイルG1制覇

父ステイゴールド。母ウィルパワー。母の父キングカメハメハ。
昨年、2015年のモーリス以来史上7頭目となる同一年度の安田記念とマイルチャンピオンシップ制覇を達成しました。G1香港マイルは、入れ込みが激しく、直線では馬群に包まれてしまい、抜け出せず7着に敗れました。中山記念は休み明けで16キロ馬体重が増えて太目残りの叩きレースで4着。前走マイラーズカップは叩き2戦目で大きく変わり身を見せて気配は上昇、会心の勝利でした。先行力と直線で長く良い脚を使えることから、東京コースへの適性が高く、アーモンドアイとの激しい叩き合いになることが推測されます。

【⑪グランアレグリア】5馬身差をつけて圧勝(池添謙一)

父ディープインパクト。母タピッツフライ。母の父Tapit。
2019年の桜花賞。2走前の阪神カップ(阪神競馬場芝1400m)は、強豪牡馬古馬相手に5馬身差をつけて圧勝して実力を示しました。高松宮記念(中京競馬場芝1200m)は、3か月ぶりの休み明けで馬体重は12キロ増えていましたが成長分です。13番手の後方待機から、先行勢に有利な時計に掛かる馬場にもかかわらず、後方から追い込んでの2着(直線不利を受け2着から繰り上がり)は、負けて強しの競馬でした。安田記念の台風の目になる馬はグランアレグリアかもしれません。

【安田記念2020枠順確定】

安田記念枠順

1-1 ダノンプレミアム(D.レーン)
2-2 ダノンキングリー(戸崎圭太)
3-3 ノームコア(横山典弘)
3-4 クルーガー(石橋脩)
4-5 アーモンドアイ(C.ルメール)
4-6 インディチャンプ(福永祐一)
5-7 ペルシアンナイト(田辺裕信)
5-8 ケイアイノーテック(津村明秀)
6-9 アドマイヤマーズ(川田将雅)
6-10 ミスターメロディ(北村友一)
7-11 グランアレグリア(池添謙一)
7-12 セイウンコウセイ(内田博幸)
8-13 ヴァンドギャルド(岩田望来)
8-14 ダノンスマッシュ(三浦皇成)

【3連単6点通常コース】5月2日3日

【3連単6点通常コース】
購入レース⇒37レース
的中レース⇒4レース
購入金額(1点100円で試算)⇒22200円
払い戻し金額⇒53640円
レース的中率⇒10.8%
回収率⇒241.6%
収支⇒31440円プラス
 
1点 100円で⇒ 31440円プラス
1点 200円で⇒ 62880円プラス
1点 500円で⇒ 15720円プラス
1点1000円で⇒314400円プラス

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。