弥生賞ディープインパクト記念2020予想

弥生賞ディープインパクト記念2020予想本命馬

弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。弥生賞ディープインパクト記念2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、ワーケア、サトノフラッグ、オーソリティ、ブラックホール、ウインカーネリアンの競走馬情報を詳しく説明します。

【①サトノフラッグ】(武豊)

父ディープインパクト。母バラダセール。母の父Not For Sale。
2戦目の未勝利(東京競馬場芝2000m)、3歳1勝クラス(中山競馬場芝2000m)を、いずれもメンバー中最速上がりの末脚を発揮して3馬身差をつけ圧勝で連勝しました。中山競馬場芝2000mは、直線で2度の坂越えをこなすパワーとスタミナが要求され、3歳馬にとっては非常にタフなコースです。サトノフラッグは母系から豊富なスタミナを受け継ぐ無類のスタミナ持続タイプであることから弥生賞ディープインパクト記念は潜在能力を発揮する絶好のチャンスです。

【⑤ブラックホール】(石川裕紀人)

父ゴールドシップ。母ヴィーヴァブーケ。母の父キングカメハメハ。
デビュー3戦目で札幌2歳ステークス(札幌競馬場芝1800m)は、直線外を回って内の馬を抜群の手応えでとらえて快勝、重賞初制覇を達成しました。ホープフルステークス(中山競馬場芝2000m)は、馬郡に包まれて勝負所で仕掛けることができず見せ場なく9着に敗退しました。馬郡に包まれると闘争心が薄れる気質のため、札幌2歳ステークスのように、外を回ってのロングスパートでの巻き返しに期待したいところです。

【⑥ウインカーネリアン】(F.ミナリク)

父スクリーンヒーロー。母コスモクリスタル。母の父マイネルラヴ。
デビュー2戦目で未勝利(福島競馬場芝1800m)を勝ち上がりました。4戦目の芙蓉ステークス(中山競馬場芝2000m)を逃げて2着に粘りました。開幕2週目で、前が残りやすい馬場、皐月賞とは全く違うスローペースになりやすいと、逃げきるには好条件の弥生賞ディープインパクト記念です。各馬がけん制し合い、仕掛けが遅くなればまんまと逃げ切っても驚けません。

【⑧ワーケア】(C.ルメール)

父ハーツクライ。母チェリーコレクト。母の父Oratorio。
新馬戦(東京競馬場芝1800m)、アイビーステークス(東京競馬場芝1800m)を33秒台前半の強烈な末脚で差し切って連勝しました。3戦目のホープフルステークス(中山競馬場芝2000m)は、スタート直後に挟まれる不利を受けたこともあり後方からの競馬になり、終始外を回らせられ、勝ち馬:コントレイルとは位置取りの差が大きく影響しました。中団で折り合って33秒2の物凄い瞬発力を使えるので、スタートさえスムーズなら巻き返しは必至です。

【⑩オーソリティ】(L.ヒューイットソン)

父オルフェーヴル。母ロザリンド。母の父シンボリクリスエス。母の母シーザリオ。
母の母がシーザリオの期待の超良血馬です。新馬戦(函館競馬場芝1800m)、芙蓉ステークス(中山競馬場芝2000m)を好位から抜け出す強い競馬で連勝しました。続く3戦目のホープフルステークス(中山競馬場芝2000m)は、スタート直後に挟まれる不利があり、流れに乗れず5着に敗れました。弥生賞ディープインパクト記念と同じ舞台の芙蓉ステークスを非常に強い競馬で勝っていることから巻き返しなるか注目されます。

【弥生賞ディープインパクト記念枠順確定】

1-1 サトノフラッグ(武豊)
2-2 エンデュミオン(田中勝春)
3-3 パンサラッサ(坂井瑠星)
4-4 オーロアドーネ(三浦皇成)
5-5 ブラックホール(石川裕紀人)
6-6 ウインカーネリアン(F.ミナリク)
6-7 メイショウボサツ(横山典弘)
7-8 ワーケア(C.ルメール)
7-9 アラタ(大野拓)
8-10 オーソリティ(L.ヒューイットソン)
8-11 ディヴィナシオン(内田博幸)

2019年の3連単6点勝負予想で的中した万馬券は27本でした!

的中報告2020年2月29日・3月1日

3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想(2020年2月22日から3月1日)

2020年度万馬券的中実績/万馬券5本的中

2020年度3連単6点/3連複6点20本馬券的中

2020年度3連単6点勝負無料メルマガ穴馬的中実績

2020年度3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。