エルムステークス

エルムステークス2020予想本命馬と傾向

エルムステークス2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。エルムステークス2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、エアスピネル、タイムフライヤー、ウェスタールンド、アナザートゥルース、アルクトスの競走馬情報を詳しく説明します。

エルムステークス2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1タイムフライヤー2.4
2エアスピネル4.2
3ウェスタールンド5.1
4アナザートゥルース6.4
5ハイランドピーク11.4
6アルクトス12
7ロードゴラッソ23.4
8リアンヴェリテ30.9
9ワンダーリーデル34.3
10サトノティターン39.4
11ナイママ87.4
12ワイルドカード105.5
13アディラート107.3
14ヒラボクラターシュ145.7
15デザートスネーク153
16バスカヴィル180
エルムステークス2020予想オッズ

【②エアスピネル】の出走馬情報です。(武豊)

父キングカメハメハ。母エアメサイア。母の父サンデーサイレンス。
エアスピネルは、デイリー杯2歳ステークス、京都金杯、富士ステークスの芝重賞で3勝を挙げています。前走20戦目で初めてダートの重賞プロキオンステークス(阪神競馬場ダ1400m)に挑戦しました。結果は1年2ヵ月ぶりの休養明けにもかかわらず、G1馬サンライズノヴァの2着に大健闘して、ダートレースへの適応力が高いことを示しました。ただし1つだけ懸念すべき点があります。それは1600mまでの距離でしか勝利していないことです。1700mの距離克服がどうかです。

【⑧ウェスタールンド】の出走馬情報です。(藤岡佑介)

父ネオユニヴァース。母ユーアンミー。母の父Marquetry。
芝で3勝を挙げた後、10走前にダート路線へ移行しました。ダートへ路線変更後は3勝・2着3回・3着1回と複勝率70%です。そして前走のアンタレスステークス(阪神競馬場ダ1800m)では、後方15番手待機から、上がり3Fをメンバー中最速上がり35秒7の末脚を使いまとめて差し切る強い競馬で、念願の重賞制覇を達成することができました。今回札幌競馬場の264.3mの短い直線距離で瞬発力を最大限発揮するには、ハイペースになることが条件になります。

【⑩アナザートゥルース】の出走馬情報です。(大野拓弥)

父アイルハヴアナザー。母キョウエイトルース。母の父フジキセキ。
2019年アンタレスステークス(阪神競馬場ダ1800m)で重賞制覇を達成しました。そして2走前のダイオライト記念(船橋競馬場ダ2400m)は、見事な逃げ切りで優勝しました。直進9走は2勝・2着2回・3着1回はすべて、脚抜きの良い馬場で挙げています。力が求められる良馬場では厳しいかと思われます。稍重か重馬場になった時は迷わず狙いたい馬です。

【⑪アルクトス】の出走馬情報です。(田辺裕信)

父アドマイヤオーラ。母ホシニイノリヲ。母の父シンボリクリスエス。
2019年プロキオンステークス(中京競馬場ダ1400m)を4番手先行から抜け出して優勝、重賞初制覇を成し遂げました。3走前のG1マイルチャンピオンシップ(盛岡競馬場ダ1600m)は、G1初挑戦ながら2着に大健闘しています。1700mでは勝利した実績があり近走のマイルレースからに距離延長に懸念は、なそうです。直線が長い東京、中京で全7勝中6勝を挙げていることから、まるっこい独特なコース形態をしたコーナー部分の占める割合が多い札幌コースへの適性が、どうかが懸念されます。

【⑬タイムフライヤー】の出走馬情報です。(C.ルメール)

父ハーツクライ。母タイムトラベリング。母の父ブライアンズタイム。
2017年にホープフルステークス(中山競馬場芝2000m)でG1を制覇した以降は13戦して2着が1回という成績でした。前走ダートへ転向して7戦目のマリーンステークス(函館競馬場ダ1700m)で14戦ぶりに勝利を挙げることができました。昨年のエルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)はダート転向初戦で6着に敗れていますが、その後1年をダートで経験を積み、昨年とは比べ物にならないくらいダート適性能力を高めています。ダート仕様に進化した今のタイムフライヤーなら、勝ち負けは必至になります。

エルムSコース解説の記事です。

エルムS穴馬情報の記事です。

レパードSコース解説の記事です。

レパードS本命馬情報の記事です。

レパードS穴馬情報の記事です。

【エルムステークス2020枠順確定】

エルムステークス枠順

1-1 ヒラボクラターシュ(横山武史)
2-2 エアスピネル(武豊)
3-3 サトノティターン(藤岡康太)
3-4 ワンダーリーデル(横山典弘)
4-5 アディラート(吉田隼人)
4-6 リアンヴェリテ(国分恭介)
5-7 ワイルドカード(北村宏司)
5-8 ウェスタールンド(藤岡佑介)
6-9 ロードゴラッソ(池添謙一)
6-10 アナザートゥルース(大野拓弥)
7-11 アルクトス(田辺裕信)
7-12 ハイランドピーク(横山和生)
8-13 タイムフライヤー(C.ルメール)
8-14 バスカヴィル(浜中俊)

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。