小倉記念

小倉記念2020予想穴馬と傾向

傾向

小回りの芝2000メートルに対応できるかどうか。スタミナよりもスピードが優先される傾向が強い開幕週です。

小倉記念2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。小倉記念2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、②ミスディレクション、⑥サラス、⑨タニノフランケル、⑩レイホーロマンス、⑫ショウナンバルディの競走馬情報を詳しく説明します。

小倉記念2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1サトノルークス2.6
2ランブリングアレー3.4
3サマーセント6.1
4サトノガーネット6.2
5ノーブルマーズ12.7
6サラス21.6
7タニノフランケル22
8レイホーロマンス24.5
9ミスディレクション28.2
10アールスター31.2
11ショウナンバルディ41.9
12ロードクエスト71.9
13アメリカズカップ99.4
14ブレスジャーニー100.3
15アウトライアーズ101.3
16レオコックブルー252.9
17サウンドバーニング326.1
小倉記念2020予想オッズ

【②ミスディレクション】の出走馬情報です。(太宰啓介)

父ミスキャスト。母スウィフトオブフライト。母の父Sky Classic。
前走尼崎ステークス(阪神競馬場芝2200m)は前半1000mが1分02秒3の超スローペースを自らつくり逃げ切りました。前が残りやすい開幕週に開催される小倉記念は、内枠の先行力がある馬が断然に有利になります。ミスディレクションは絶好枠順の1枠2番、ずば抜けた先行力があることから、昇級初戦の重賞でもまんまと逃げきる可能性も十分にあると思われます。

【⑥サラス】の出走馬情報です。(松若風馬)

父オルフェーヴル。母ララア。母の父Tapit。
2019年のマーメイドステークス(阪神競馬場芝2000m)を後方15番手から直線で大外から追い込み34秒6のメンバー中最速上がりの末脚で差し切る強い競馬で優勝しました。その後の脚部に不安が見つかり約11ヵ月の休養で回復を待ちました。今年5月の新潟大賞典(新潟競馬場芝2000m)で15着、6月のマーメイドステークス(阪神競馬場芝2000m)で14着でした。脚部に不安の長期休養で強い調教ができなかったことで、2連敗しました。未だ様子を見ながらのレースなることが推測されます。

【⑨タニノフランケル】の出走馬情報です。(幸英明)

父Frankel。母Vodka。母の父Tanino Gimlet。
父Frankel、母Vodkaの超良血馬ですが、まだオープン未勝利です。今年の成績は4戦4敗で最高順位が9着、残りは2桁着順でピークは完全に過ぎているようです。昨年小倉大賞典(2着)、小倉記念(4着)、今年は小倉大賞典(12着)と小倉競馬場へのコース適性は高いようですが、近走の大敗からの巻き返しは厳しく、良くて3着までかと思われます。

【⑩レイホーロマンス】の出走馬情報です。(秋山真一郎)

父ハービンジャー。母スズカローラン。母の父サンデーサイレンス。
重賞実績は愛知杯(阪神競馬場芝2000m)2着、中山牝馬ステークス(阪神競馬場芝2000m)3着、愛知杯(小倉競馬場芝2000m)3着があります。今年1月の小倉大賞典(小倉競馬場芝1800m)を4着しています。今年の成績は6戦して3着が1回ですが、ある程度のコース適性が認められる小倉競馬場芝2000mなら、勝ち負けまではできないにしても3着に好走する実力はあります。

【⑫ショウナンバルディ】の出走馬情報です。(鮫島克駿)

父キングズベスト。母バノヴィナ。母の父Redoute’s Choice。
ショウナンバルディの直近成績は6戦1勝・2着2回・3着2回、前走の阿武隈ステークス(福島競馬場芝2000m)は13着の大敗でしたが稍重の馬場が合わなかったことが敗因です。開幕週の小倉記念の馬場ならば先行力とスピード能力を最大限発揮できそうです。前走の大敗で人気が落ち馬券妙味がある穴馬です。

小倉記念まとめ

まとめ

小倉記念は、コーナーが4回ある小回りコースということで、内枠の先行馬が断然有利なコース形態をしています。前走逃げ切って勝利したミスディレクションの先行力は一級品です。しかも枠順は後入れの1枠2番、ミスディレクションが逃げ切る条件が揃っており、穴をあけての激走が期待されます。

【小倉記念2020枠順確定】

小倉記念枠順

1-1 ノーブルマーズ(高倉稜)
2-2 ミスディレクション(太宰啓介)
3-3 アールスター(長岡禎仁)
3-4 アウトライアーズ(丸田恭介)
4-5 サトノガーネット(松山弘平)
4-6 サラス(松若風馬)
5-7 アメリカズカップ(和田竜二)
5-8 サマーセント(酒井学)
6-9 タニノフランケル(幸英明)
6-10 レイホーロマンス(秋山真一郎)
7-11 サトノルークス(川田将雅)
7-12 ショウナンバルディ(鮫島克駿)
8-13 ロードクエスト(西村淳也)
8-14 ランブリングアレー(武豊)

予想的中画像(2020年8月8日9日)

小倉記念コース解説とまとめ(小倉芝2000m)

小倉記念本命馬情報とデータ分析|人気馬5選まとめ

関屋記念コース解説とまとめ(新潟芝1600m外)

関屋記念本命馬情報|人気馬5選まとめ

関屋記念穴馬情報|穴馬5選まとめ

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。