エルムステークス

エルムステークス2020予想穴馬と傾向

エルムステークス2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。エルムステークス2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、ワンダーリーデル、ハイランドピーク、リアンヴェリテ、ロードゴラッソ、サトノティターンの競走馬情報を詳しく説明します。 

エルムステークス2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1タイムフライヤー2.4
2エアスピネル4.2
3ウェスタールンド5.1
4アナザートゥルース6.4
5ハイランドピーク11.4
6アルクトス12
7ロードゴラッソ23.4
8リアンヴェリテ30.9
9ワンダーリーデル34.3
10サトノティターン39.4
11ナイママ87.4
12ワイルドカード105.5
13アディラート107.3
14ヒラボクラターシュ145.7
15デザートスネーク153
16バスカヴィル180
エルムステークス2020予想オッズ

【③サトノティターン】の出走馬情報です。(藤岡康太)

父シンボリクリスエス。母マチカネチコウヨレ。母の父Deputy Minister。
エルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)は、後方の11番手を追走からメンバー中最速上がり36秒0の末脚を使いましたが、先行馬有利の馬場だったことが影響して3着でした。本来は、2100m前後の距離でスタミナをいかした走りを1番得意にしています。距離短縮が課題になりますが、昨年3着の実績があるので、大した影響はないと思われます。直線が264.3mと短い札幌コースの直線で瞬発力が不発になる可能性も視野にいれといたほうが良さそうです。脚質、昨年3着の実績から2着、3着なら可能性は十分あると思われます。

【④ワンダーリーデル】の出走馬情報です。(横山和生)

父スタチューオブリバティ。母アストレアピース。母の父マヤノトップガン。
ワンダーリーデルは、昨年の武蔵野ステークス(東京競馬場ダ1600m)を、4コーナー9番手からメンバー中最速上がり35秒0の末脚を使い直線一気の差し切りで優勝しました。武蔵野ステークス勝利以降は5連敗中です。ダートはどうしても先行馬が有利な展開、馬場になる傾向が高く、直線一気の末脚勝負の脚質はなかなか展開が向くことが少なくなります。父スタチューオブリバティは現役時代にドイツのG3コヴェントリーS(6F)を優勝、種牡馬としては6頭の重賞勝ち馬をだしています。スタチューオブリバティ産駒は短距離で実績を残しています。1700mの距離は血統から見ると、少し距離が長いと思われます。

【⑥リアンヴェリテ】の出走馬情報です。(国分恭介)

父ゴールドアリュール。母ルミエールヴェリテ。母の父Cozzene。
大沼ステークス(函館競馬場ダ1700m)→マリーンステークス(函館競馬場ダ1700m)→エルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)のローテションは昨年と同じです。昨年は大沼ステークス、マリーンステークスを連勝、エルムステークスは5着でした。今年は大沼ステークス(2着)、マリーンステークス(13着)からの参戦になります。ここ2走は斤量が58キロ、57.5キロと負担が大きかったですが、今年は昨年同様56キロで出走できるのは大きなプラス材料になり、前走大敗からの変わり身があっても驚けません。今回の出走メンバーで、前走で逃げた馬は1頭もいません、何が何でも行きたい馬がおらず、リアンヴェリテが楽にハナの立って逃げることができれば1発の可能性は高くなります。

【⑨ロードゴラッソ】の出走馬情報です。(池添謙一)

父ハーツクライ。母サッカーマム。母の父Kingmambo。
ロードゴラッソは昨年シリウスステークス(阪神競馬場ダ2000m)を勝ち、重賞初制覇を達成しています。今年は名古屋大賞典(名古屋競馬場ダ1900m)では、2着馬に1馬身半差をつけて優勝、着差以上に強い競馬での勝利でした。これまでの全6勝は1800m、1900mで挙げています。距離短縮でスピード能力が向上する可能性が高く、天気予報から高速馬場が予想されるエルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)です。脚抜きのいい重馬場での勝利実績もあり、高速馬場への適応力に懸念はありません。

【⑫ハイランドピーク】の出走馬情報です。(横山和生)

父トーセンブライト。母ハイランドダンス。母の父ゼンノロブロイ。
ハイランドピークは2018年のエルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)を2番手先行から、高いレベルでスピードを持続して直線抜け出して優勝しました。2019年のエルムステークス(札幌競馬場ダ1700m)は稍重で2着でした。馬場は脚抜きのいい重馬場でした。エルムステークスの直近7年中、6回は不良馬場、重馬場、稍重で開催されています。今週末札幌地方は降水確率が高くなっています。脚抜きのいい馬場での高速決着になる可能性があります。そうなれば、2018優勝。2019年2着したハイランドピークにとって、絶好の馬場条件になり、連覇の可能性が一気に高まります。

エルムステークス穴馬傾向のまとめ

まとめ

エルムステークスは過去10年で、6回不良馬場、重馬場、稍重で開催されています。今週末札幌地方は5日(木曜日)、6日(金曜日)が雨の予報です。雨の影響で馬場は稍重くらいになるとみています。稍重なら脚抜きのいい馬場での高速決着になります。高速決着への適性の有無が、エルムステークスでは重要なキーワードになります。昨年のエルムステークスを稍重で2着、一昨年は重馬場優勝しています。高速馬場への適性が高いハイランドピークが最有力穴馬候補として挙げておきます。

エルムSコース解説の記事です。

エルムS本命馬情報の記事です。

レパードSコース解説の記事です。

レパードS本命馬情報の記事です。

レパードS穴馬情報の記事です。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。