小倉記念

小倉記念コース解説(小倉競馬場芝2000m)

小倉競馬場芝コースの1週距離は1,615.1m、幅員は30m、直線距離は293m、高低差は3mです。福島競馬場に次ぐ小さな小回りコースです。293mの直線に坂はなく平坦になっています。小倉競馬場はローカル競馬場らしい、直線平坦、小回りのコース設定になっていますが、2つの特徴があります。まず1つ目の特徴はゴール板を通過直後から2コーナー半ばにかけて約220mの上り坂になっていることです。この坂の高低差は3m、勾配率1.3%です。2コーナー半ばにかけて上った3mを、2コーナーから向正面、向正面の200mは平坦、3コーナーから4コーナーにかけて下るというコース設定になっていることです。小倉競馬場2つの特徴はコースの幅が30mと広くゆったりしていることです。30m芝コースの幅員は、他のローカル競馬場としては広い設定になっています。広い幅員があるので、A、B、Cと3つのコースを使い分けることができます。小倉競馬場の3、4コーナーにはスパイラルカーブがあります。スパイラルカーブとは、コーナーの入口が緩やかで、コーナーの出口がきついカーブになっているカーブのことを言います。コーナーの入口が緩やかで3コーナーから4コーナーにかけて下り坂は、直線のスピードを落とさずにコーナーへ突入できます。4コーナーの出口がきついカーブになっているので、スピードにのっている馬は外へ大きく膨らみます。その中できついカーブで内ラチを走る馬は一旦スピードを落としますが、そこから機動力を発揮して短時間でトップスピードにギアチェンジできる機動力のある馬の好走率が高い傾向があります。

小倉記念コース解説のまとめ

まとめ

小倉競馬場特徴

①ゴール板を通過直後から2コーナー半ばにかけて約220mの上り坂になっています。

②コースの幅が30mと広くゆったりしています。

スピードを落とさずに回れるスパイラルカーブになっていることから、3、4コーナー辺りで再びペースアップします。長く脚を使うことと、ゴールまでスピードを持続できる体力が要求されます。コーナーが4回ある小回りコースなので内枠の先行馬が断然有利。差し追い込み馬には厳しいコース形態になっています。

予想的中画像(2020年8月8日9日)の記事です。

小倉記念本命馬情報とデータ分析の記事です。

小倉記念穴馬情報|穴馬5選!まとめ!の記事です。

関屋記念コース解説の記事です。

関屋記念本命馬情報の記事です。

関屋記念穴馬情報の記事です。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。