キーンランドカップ

キーンランドカップ2020データ分析と傾向

過去10年データ分析

過去10年齢別成績は、3歳馬が1勝・4歳馬が4勝・5歳馬が4勝・9歳馬が1勝です。
データ的には4、5歳馬を中心に予想を組み立てていきところです。

過去10年キーンランドカップ優勝馬10頭全てオープンクラスを勝利していました。
格上挑戦のオープンクラス未勝利馬が見送った方が良いでしょう。

過去10年牡牝馬の勝敗は牝馬7勝、牡馬3勝です。
『夏は牝馬』と言われるように夏競馬では牝馬の活躍が目立ちます。

過去10年の優勝馬は全て札幌・函館の3勝クラス以上のレースにて3着以内に入った経験のある馬でした。
札幌・函館コースの経験があることも予想するときのチェックポイントになります。

本命馬5選まとめ。キーンランドカップ2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。キーンランドカップ2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、ダイアトニック、ライトオンキュー、フィアーノロマーノ、イベリス、ヤマカツマーメイドの競走馬情報を詳しく説明します。

キーンランドカップ2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1ダイアトニック1.5
2ライトオンキュー4.7
3フィアーノロマーノ7.6
4イベリス15
5ヤマカツマーメイド18.9
6ダイメイフジ20.9
7ビリーバー30.4
8エイティーンガール31.2
9アスタールビー39.1
10カッパツハッチ55.7
11メイショウショウブ76.5
12ディメンシオン81.3
13メイショウカズヒメ144
14ルヴォルグ144
15レッドアルマーダ159.4
16ラベンダーヴァレイ206.7
キーンランドカップ2020予想オッズ

【①ダイアトニック】の出走馬情報です。(武豊)

父ロードカナロア。母トゥハーモニー。母の父サンデーサイレンス。
前々走のG1高松宮記念(中京競馬場芝1200m)は4番手を先行、直線でクリノガウディーがダイアトニックとモズスーパーフレアの進路を妨害して1位入線4位降着になりました。優勝したモズスーパーフレアとは、タイム差無しの3着に入賞しました。高松宮記念2着に入賞したグランアレグリアは次走で安田記念を優勝して、高松宮記念のレースレベルが高かったことを示しています。前走の函館スプリントステークス(函館競馬場芝1200m)は、逃げたダイメイフジの2番手で先行、直線に入ってからも余力十分で抜け出すと、後続を寄せ付けず、58キロのトップハンデも全く問題なく、2馬身差で優勝しました。ダイアトニックはスピードがあるため、馬郡に包まれることや、直線で脚を余すことなく、実力を出し切れるタイプです。前走の函館スプリントステークスに続き重賞2連勝なるか注目されます。

【②イベリス】の出走馬情報です。(横山武史)

父ロードカナロア。母セレブラール。母の父キングカメハメハ。
2019年アーリントンカップ(阪神競馬場芝1600m)は、12番人気でまんまと逃げ切り重賞制覇。3連単1,361,140円、100万馬券の波乱を演出しました。半姉に2015年、2016年のアイビスサマーダッシュ(新潟競馬場芝直線1000m)を連覇したベルカントがいますが、父がロードカナロアになり、1200mのスプリント適性が高い血統です。前走のUHB賞(札幌競馬場芝1200m)は、斤量53キロを背負い勝ち馬から2馬身半差の3着でした。今回のキーンランドカップの斤量は54キロです。前走から1キロ増えることが微妙に走りに影響するかもしれません。

【⑪フィアーノロマーノ】の出走馬情報です。(藤岡康太)

父Fastnet Rock。母Heart Ashley。母の父Lion Heart。
2019年にダービー卿チャレンジ(中山競馬場芝1600m)を勝ち重賞初制覇しました。その後安田記念とマイルチャンピオンシップは、G1ということもあり14着、13着と苦戦しました。3走前の阪神カップ(阪神競馬場芝1400m)は出遅れて2着、2走前阪急杯(阪神競馬場芝1400m)は直線で不利を受けながら2着と、不利な条件での連続2着は、実力がついてきたことを十分に示しています。函館スプリントステークス(函館競馬場芝1200m)は、初めての芝1200m戦で4着に敗退しましたが、距離に慣れてくれば、上位入賞も十分可能になると思われます。

【⑫ライトオンキュー】の出走馬情報です。(古川吉洋)

父Shamardal。母グレイトタイミング。母の父Raven’s Pass。
3走前の京阪杯(京都競馬場芝1200m)は、8番手追走から上がり3F33秒7の末脚を使い抜け出して優勝しました。函館スプリントステークス(函館競馬場芝1200m)は、ドバイ遠征が中止になり、体調面に不安を残しての参戦だったこともあり6着に敗れました。しかし前走のUHB賞(札幌競馬場芝1200m)は叩き2戦目で良化、2着馬に2馬身差をつける快勝でした。今回はUHB賞勝利から、中1週になりますが、北海道滞在競馬でレース後の輸送がないので、疲労も少なく、良い状態でキーンランドカップに挑めそうです。

【⑯ヤマカツマーメイド】の出走馬情報です。(池添謙一)

父ロードカナロア。母ヤマカツマリリン。母の父グラスワンダー。
3走前フィリーズレビュー(阪神競馬場芝1400m)は、5番手で先行、直線で一旦抜け出して先頭に立ちましたがエーポスに抜け出されて2着でした。今回のキーンランドカップが初めての1200mになりますが、JRA賞最優秀短距離馬の父ロードカナロアという血統から、距離短縮でパフォーマンスを上げてきそうです。斤量は出走メンバーで最軽量の51キロをいかしての、上位入賞が期待されます。

キーンランドカップまとめ

まとめ

ダイアトニックは、芝1200m戦で、2戦目となった、前走の函館スプリントステークスでは、スプリントスピード能力を発揮して2馬身差で圧勝。楽に先行して内ラチを器用に走ることもでき、スプリントのスピード能力も非常に高くキーンランドカップでの勝ち負けは必至です。

【キーンランドカップ2020枠順確定】

キーンランドカップ枠順

1-1 ダイアトニック(武豊)
1-2 イベリス(横山武史)
2-3 ダイシンバルカン(勝浦正樹)
2-4 ビリーバー(杉原誠人)
3-5 メイショウショウブ(横山典弘)
3-6 ショウナンアンセム(石川裕紀人)
4-7 メイショウカズヒメ(柴山雄一)
4-8 カッパツハッチ(大野拓弥)
5-9 ダイメイフジ(菱田裕二)
5-10 クールティアラ(丹内祐次)
6-11 フィアーノロマーノ(藤岡康太)
6-12 ライトオンキュー(古川吉洋)
7-13 アスタールビー(吉田隼人)
7-14 エイティーンガール(坂井瑠星)
8-15 ディメンシオン(松田大作)
8-16 ヤマカツマーメイド(池添謙一)

2020年8月22日無料メルマガ・日本海S穴馬的中(優勝14番人気・単勝①7,000円)!・佐世保S穴馬的中(優勝11番人気・単勝⑨8,070円)!

穴馬予想的中!【札幌日刊スポーツ杯・日本海ステークス・佐世保ステークス・小倉12R予想】今週の競馬

新潟2歳ステークスコース解説まとめ

新潟2歳ステークス命馬5選まとめ情報

新潟2歳ステークス穴馬5選まとめ情報

キーンランドカップコース解説とまとめ

キーンランドカップ本命馬5選まとめ情報

キーンランドカップ穴馬5選まとめ情報

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。