新潟記念

新潟記念2020過去10年傾向とデータ分析

新潟記念過去10年傾向とデータ分

新潟記念過去10年の優勝で重賞勝利経験のあった馬が8頭でした。重賞を優勝した経験がある馬で人気薄でもおさえておいた方が良さそうです。

新潟記念過去10年、4コーナーを2~3番手で通過した馬が4勝、ノーマークの重賞勝ちの経験がある先行馬が穴をあけることがあります。新潟芝2000mは差し馬が有利な傾向ですが、新潟記念に限っては先行馬の活躍が目立っています。

新潟外回りは直線が658.7mと長いため、持続力やスタミナが求められる傾向があります。昨年の新潟記念優勝馬ユーキャンスマイルは、後に阪神大賞典(阪神3000m)優勝、天皇賞(春)4着とスタミナが求められる長距離レースで好走しています。

瞬発力よりは持続力とスタミナが求められるため、前走で内・小回りコースだった馬が8勝しています。

新潟記念2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。新潟記念2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力馬をピックアップ。ここでは、カデナ、ワーケア、ブラヴァス、ピースワンパラディ、ジナンボー、アイスバブル、サトノダムゼル、アールスター、サトノガーネット、ウインガナドルを血統・調教・追い切り・コース適性・芝状態から徹底分析します。

新潟記念2020有力馬5選情報

血統・調教・追い切り・コース適性・芝状態から徹底分析して3連単予想を配信しています。

【③ピースワンパラディ】(池添謙一)

父ジャングルポケット。母クリアソウル。母の父アグネスデジタル。
2走前に湘南S(3勝クラス)を勝ち、昇格初戦のエプソムC(東京芝1800m)はスタートの出遅れが大きく影響して巻き返せず7着に敗退しました。デビューから一貫して左回りコースを使われています。左回りコースの複勝率は88%です。適性が高く経験が豊富な新潟記念の左回りコースでの巻き返しての重賞制覇なるか注目されます。

【⑤ジナンボー】(M.デムーロ)

父ディープインパクト。母アパパネ。母の父キングカメハメハ。
1番人気に支持された前走の七夕賞(福島芝2000m)は、スタートを出遅れ後方14番からの厳しい競馬になり、重馬場で先行馬に有利な流れでの7着は仕方なしです。昨年の新潟記念は優勝馬ユーキャンスマイルとクビ差の2着でした。全4勝中3勝を左回りコースで挙げています。ジナンボーにとって芝2000mの左回りコースが1番得意にしているコースです。最終追い切りは2日水曜日美浦Wで5F69秒4-12秒9を単走馬なりで追い切られました。父ディープインパクト3冠馬、母アパパネ3冠馬の超良血馬です。

【⑪ワーケア】(C.ルメール)

父ハーツクライ。母チェリーコレクト。母の父Oratorio。
デビュー2連勝してクラシック制覇が期待されましたが、日本ダービーは8着に敗れました。9月3日時点での予想オッズ順位は1番人気です。実力以上の人気先行型で、1番人気としての信頼度に疑問符がつきます。しかし、これまでの戦歴から時計のかかる馬場で2勝・2着1回です。新潟記念は開催7週目の最終週で馬場が荒れ時計の掛かる馬場状態であることから、勝ち負け出来る可能性が見えてきました。母の父Oratorioは現役時代にG1を3勝、種牡馬として3頭のG1をだしている血統です。最終追い切りは2日水曜日美浦Wで併せ馬。5F68秒7-12秒4のタイムで併入、ゴール地点を過ぎてからもスピードを持続して駆け抜ける余裕を見せて、仕上がりの良さをアピールしていました。

【⑭カデナ】(鮫島克駿)

父ディープインパクト。母フレンチリヴィエラ。母の父French Deputy。
3走前の小倉大賞典(小倉芝2000m)を後方12番手から35秒1のメンバー中最速上がりの末脚で豪快に差し切って優勝しました。2走前の大阪杯(阪神芝2000m)は、後方12番手から33秒5のメンバー中最速上がりの末脚で勝ち馬ラッキーライラックとのタイム差を0秒2まで迫って4着に入り実力を示しました。昨年の新潟記念(新潟芝2000m)は後方17番手から33秒6のメンバー中最速上がりの末脚で3着まで追い込みました。鋭い末脚は健在で、極端に上がりの速いレースになりやすい新潟記念で持ち味の末脚を最大限発揮してくると思われます。母の父French Deputyは種牡馬として11頭のG1馬をだしています。その内8頭は国内G1を勝っています。代表産駒にレジネッタ(桜花賞)、アドマイヤジュピタ(天皇賞春)、クロフネ(NHKマイルカップ)がいます。French Deputyとディープインパクトが配合されたことで、スタミナと瞬発力が底上げされた血統です。

【⑰ブラヴァス】(福永祐一)

父キングカメハメハ。母ヴィルシーナ。母の父ディープインパクト。
4走前の再度山特別(2勝クラス)、3走前の但馬S(3勝クラス)を連勝してオープン入りしました。続く新潟大賞典(新潟芝2000m)は4着、前走の七夕賞(福島芝2000m)を2着したことで、重賞で勝ち負けできる力がついてきていることを示しています。最終追い切りは2日水曜日栗東DPで6F82秒1-12秒5の馬なりで、状態の良さを再確認する追い切りでした。シュヴァルグランやヴィブロスの近親で、ヴィクトリアマイル連覇しているヴィルシーナが母という良血馬です。

新潟記念2020有力穴馬5選情報

【②アイスバブル】

父ディープインパクト。母ウィンターコスモス。母の父キングカメハメハ。
前走の目黒記念(東京芝2500m)は、中団を追走から外を回って伸びていきましたが、内から伸びてきた馬に交わされて半馬身差の2着。目黒記念は2年連続で2着。新潟外回りは直線が658.7mと長いため、持続力やスタミナが求められる傾向があります。昨年の新潟記念優勝馬ユーキャンスマイルは、ダイヤモンドS(東京芝2500m)を2走前に優勝していました。目黒記念(東京芝2500m)を2年連続2着したスタミナは新潟記念でいかされると思われます。人気薄のスタミナ馬で要注意穴馬です。

【④サトノダムゼル】

父ディープインパクト。母ダリシア。母の父Acatenango。
デビュー3連勝した潜在能力が高い馬です。デビューから6戦秋華賞以外は全て連対しています。前走の佐渡S(新潟芝1800m)は、1枠1番からスタートで出遅れましたが、二の脚で順位を上げて好位を追走。直線は外に出され上がって先頭へ。約6ヶ月ぶりの実戦でしたが仕上がっていました。母の父Acatenangoは2400m、2500mのG1を7勝した世界的な名馬です。種牡馬としては6頭のG1馬をだしています。母系はスタミナとパワーを伝え、父ディープインパクトが配合されたことで、日本の馬場への適性が高められている血統です。母系が持続力とスタミナを底上げしています。

【⑦アールスター】

父ロードカナロア。母ウェーブクイーン。母の父サツカーボーイ。
格上挑戦だった前走の小倉記念(小倉芝2000m)は、53キロのハンデが有利な面とハイペースが向いたこともあり、直線では鋭い脚で伸び勝利しました。小倉記念を勝利したにもかかわらず、人気にならないようです。小倉記念勝利は決してフロックではありません。2018年から2019年にかけて10戦連続で複勝圏内を確保した実力は本物です。母ウェーブクイーンの父は豊富なスタミナを伝えるサツカーボーイ。母系に豊富なスタミナを伝えるNijinskyもいます。母系はスタミナ豊富な血統で、持続力やスタミナが求められる新潟記念に向いている血統だと言えます。

【⑧サトノガーネット】

父ディープインパクト。母ビートリックスキッド。母の父Victory Note。
2019年中日新聞杯(中京芝2000m)を、後方14番手からメンバー中最速上がり33秒3の猛烈な末脚で差し切り優勝しました。中日新聞杯勝ち以降は5戦連続着外でしたが、前走の小倉記念(小倉芝2000m)後方14番手からメンバー中最速上がり34秒3の末脚で2着しています。新潟芝2000mは差し馬が有利なコースですが、新潟記念は持続力とスタミナがある先行馬が好走する傾向があるため、後方差し一辺倒で、勝ち負けに持ち込むのは厳しく、ある程度前で積極的に行けるかどうかが鍵になりそうです。

【⑩ウインガナドル】

父ステイゴールド。母タイムフェアレディ。母の父メジロマックイーン。
前走の関越S(新潟芝1800m)を2番手で先行して2着、昇級戦から好走して能力の高さを示しました。2017年の新潟記念(新潟芝2000m)は逃げて4着しています。ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合で、スタミナは豊富です。スタミナと持続力勝負の底力を問われる厳しいレース展開になったときに、父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンから受け継いだスタミナを発揮しての激走もあるかもしれません。

新潟記念を勝つ為の3つの条件とは?

新潟記念過去10年データ分析と傾向

小倉2歳S本命馬5選まとめ

札幌2歳S本命馬5選まとめ・コース解説

2020年8月22日無料メルマガ・日本海S穴馬的中(優勝14番人気・単勝①7,000円)!・佐世保S穴馬的中(優勝11番人気・単勝⑨8,070円)!

穴馬予想的中!【札幌日刊スポーツ杯・日本海ステークス・佐世保ステークス・小倉12R予想】今週の競馬

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。