小倉2歳ステークス

小倉2歳ステークス2020予想本命馬と傾向

傾向

2019年の小倉2歳ステークスの3着馬ラウダシオンはG1・NHKマイルカップを優勝。2018年優勝馬のファンタジストは京王杯2歳ステークスを優勝。2016年優勝馬レーヌミノルは桜花賞を優勝しています。このように小倉2歳ステークスのレースレベルは高く、上位馬の実力はG1を制覇できる能力がある傾向があります。

過去データ

小倉2歳ステークス過去10年優勝馬は、10頭全て前走の上がり3Fタイムが3位以内、前走の4コーナー通過順位は10頭全てが6位以内でした。前走とのレース間隔は中2週が3勝、中3週以上が7勝で、ある程度レース間隔はあいていた方が勝率は高くなっています。これまでに戦歴は2戦以内の馬が9勝、若い馬なので使われ過ぎの馬は避けた方がいいかもしれません。

概要

本命馬5選。小倉2歳ステークス2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。小倉2歳ステークス2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、モントライゼ 、ルクシオン、メイケイエール、フォドラ、フリードの競走馬情報を詳しく説明します。

小倉2歳ステークス2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1モントライゼ2.1
2ルクシオン3.7
3メイケイエール5.5
4フォドラ5.9
5フリード6.6
6セレッソフレイム17
7カシノレオ80
8リサコーハク123.9
9アールラプチャー136.4
10アルムファーツリー145.2
11ラマルセイエーズ236.7
小倉2歳ステークス2020予想オッズ

小倉2歳ステークス本命馬5選情報まとめ

【②フォドラ】の出走馬情報です。(北村友一)

父ロードカナロア。母セイングレンド。母の父バブルガムフェロー。
新馬戦(函館競馬場芝1200m)は、斤量51キロの恩恵もあり、楽に逃げ後続との差を2馬身つけて勝利しました。前走の函館2歳ステークス(函館競馬場芝1200m)も積極的に逃げてレースをつくりましたが、ゴール前に差され勝ち馬とはクビ、クビ、ハナ差の僅差の惜しい4着に好走しています。上位馬との差はなく展開次第で逆転も可能なレース内容でした。馬体重が408キロの小さな牝馬です。暑い時期の長距離輸送で馬体重が減っていないかが、勝ち負けの鍵になります。馬体重が408キロを維持できていれば勝機は十分にあると思われます。

【⑦ルクシオン】の出走馬情報です。(松山弘平)

父エイシンフラッシュ。母ヘヴンリーヴォイス。母の父アグネスタキオン。
新馬戦(小倉競馬場芝1200m)はスムーズにゲートを出て先頭へ、そのまま逃げて直線に入っても馬なりで2着馬に3馬身差をつけて、スピード能力の実力差を見せつけました。新馬戦を勝った舞台で、コース適性に懸念はありません。先週のひまわり賞を回避して小倉2歳ステークスを選択、426キロの小柄な牝馬、長距離輸送での馬体重の減少がないかは確認が必要です。

【⑧メイケイエール】の出走馬情報です。(武豊)

父ミッキーアイル。母シロインジャー。母の父ハービンジャー。
新馬戦(小倉競馬場芝1200m)は、17頭立ての最内枠1枠1番から3番手の好位を追走、直線は外を回り、抜群の手応えで後続との差を広げ、5馬身差をつけて圧勝も、まだ余力があったことから、相当高い資質を持っていることは、間違いなさそうです。2歳馬で中1週での参戦は、馬体への負荷が心配されます。疲労が抜けていない場合は、今後ズブさがでてくるかもしれません。資質が高く上を目指せる馬なので、無理な走りは控えた方がいいのかもしれません。

【⑨モントライゼ 】の出走馬情報です。(川田将雅)

父ダイワメジャー。母ムーングロウ。母の父Nayef。
新馬戦(阪神競馬場芝1200m)は外枠から3番手につけて追走、直線では、外からヨカヨカからアタマ差交わされましたが、3着馬には3馬身半差をつけて2着を確保できています。2戦目の未勝利(阪神競馬場芝1200m)は、抜群の反応でスタートしてハナに立つと、ペースを落として逃げることができ、2着馬の1.7秒差の大差をつけて実力を示しての勝利でした。スピード能力は世代トップクラスです。スプリントレースならスピード能力を見せつける圧勝の可能性が高いと思われます。母の父Nayefは現役時代に英チャンピオンS、ヨークインターナショナルS、プリンスオヴウェイルズS、ドバイシーマクラシックの中距離G1を4勝した実力馬です。種牡馬としては1頭のG1馬をだしています。ダイワメジャーと配合されたことでスピード能力とパワーが底上げされています。

【⑩フリード】の出走馬情報です。(和田竜二)

父No Nay Never。母Arctic Freedom。母の父War Chant。
2戦目の未勝利(小倉競馬場芝1200m)は、16頭立ての5枠10番から猛ダッシュして先頭へ、直線に入ってもスピードを持続して、後続に2馬身差をつけ、1分7秒5のレコードで未勝利を制しました。1分7秒5の時計は過去10年の小倉2歳ステークス優勝タイムと比較すると1番速い時計になります。斤量も54キロと前走と同じ斤量です。小倉2歳ステークスでも勝ち負けできる小倉競馬場芝1200mの持ち時計を持っています。父No Nay Neverは仏G1モルニー賞優勝馬、母の父War Chantは米国G1BCマイルの優勝馬で種牡馬としては1頭のG1馬をだしています。

小倉2歳ステークスまとめ

まとめ

中2週での参戦、前走の上がり3Fは2位タイ、デビュー2戦目過去優勝馬のデーターを3つ満たしています。これに加え、小倉2歳ステークスの優勝タイムを上回る、未勝利(小倉競馬場芝1200m)を1分7秒5のレコードで勝っています。4つの条件を満たしているフリードを小倉2歳ステークスの本命馬に推します。

新潟記念を勝つ為の3つの条件とは?

新潟記念過去10年データ分析と傾向

小倉2歳S本命馬5選まとめ

札幌2歳S本命馬5選まとめ・コース解説

2020年8月22日無料メルマガ・日本海S穴馬的中(優勝14番人気・単勝①7,000円)!・佐世保S穴馬的中(優勝11番人気・単勝⑨8,070円)!

穴馬予想的中!【札幌日刊スポーツ杯・日本海ステークス・佐世保ステークス・小倉12R予想】今週の競馬

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。