ジャパンカップ3連単

ジャパンカップ2020予想コース解説

ジャパンカップは平均的には2分24秒台の決着で、速ければ23秒台の時計が出ます。

ジャパンカップ過去10年の走破時計は、2分20秒6から2分26秒1の間で推移しています。

馬場状態で大きくペースが変わってきます。

ジャパンカップ過去10年の優勝騎手は外国人騎手5勝、武豊2勝、岩田康誠2勝、池添謙一1勝で外国人騎手が圧倒的に強く、日本人騎手には偏りが見られます。

ジャパンカップのスタート地点は正面スタンド前の直線からです。最初の1コーナーまでの距離は約313mです。

スタートから2コーナーにかけてはほぼ平坦です。

その後、向こう正面の約450mある長いバックストレッチを走ります。

3コーナー手前に緩い上がり坂、3コーナーから4コーナーにかけて下り坂になっているので、この下り坂で勢いをつけて一気に加速してのロングスパートの仕掛け合いになります。

ゴール前の直線距離は525.9mです。

途中から高低差2.1mのなだらかな上り坂を上がると、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦になっています。

東京競馬場芝コースの1周距離は2,083m、幅員は31~41m、直線距離は525.9m、高低差は2.7m、最高の戦いを世界に示す舞台なので先行争いは激しく、

600m通過後からペースは落ち着き向正面直線ではゆったりと流れますが、全体的に11秒台から12秒台のラップを持続する厳しい展開になることが予想されます。

残り800mあたりから徐々にペースアップして11秒台のラップが連続する厳しい流れになっていきます。

この厳しい流れについていける末脚の持続力と鋭い瞬発力が求められます。

直線だけのよーいドンの末脚比べの緩い展開になることはありません。

ジャパンカップは、世界レベルの高い能力が必要で、流れが向いたので勝てたとかになることはなく、極めて高いレベルの瞬発力が勝敗を決める厳しい戦いになります。

高速ラップを刻むので逃げ切りは非常に難しく、先行馬は並大抵の先行力では残れません。

まくり、追い込みも厳しく2012年にオルフェーヴルがかろうじて2着に好走したくらいです。

ジャパンカップは、コース形態上、中心は差し脚質になります。4コーナー出口で、ある程度の順位と馬場の良いところ確保できる騎手の瞬時の判断力も勝ち切る重要なファクターになります。

ジャパンカップは、高次元の瞬発力と持続力が問われる国内最高峰のG1レースです。

極めて高いレベルが求められるので、中途半端な実力では通用しません。

ジャパンカップは、高次元の瞬発力勝負に対応できるかが最大のポイント、東京コースへの適性と実績があることも極めて重要です。

ジャパンカップ2020予想過去10年傾向とデータ分析

ジャパンカップ過去10年G1優勝経験の有無

ジャパンカップ過去10年G1優勝経験馬は63頭出走して9勝・2着6回・3着8回で、勝率14.5%、連対率24.2%、複勝率37.1%の成績です。過去10年G1未勝利の馬は1勝のみでした。ジャパンカップでは、G1優勝経験があることは重要項目になります。

ジャパンカップ過去10年年齢別成績

3歳が3勝、4歳が4勝、5歳が3勝、6歳以上は3着が2回のみです。高次元の瞬発力勝負になることから、年齢的な衰えのある6歳以上は見送った方が無難かもしれません。過去10年3歳、4歳、5歳を中心に馬券に絡んでいます。

ジャパンカップ過去10年前走別成績

前走は、天皇賞(秋)組が5勝・2着4回・3着8回、秋華賞組が2勝、菊花賞組が1勝、京都大賞典組が2勝です。天皇賞(秋)組が3着以内馬の57%を占めています。天皇賞(秋)組から参戦してくる馬が中心になります。

ジャパンカップ過去10年優勝馬の芝2400m以上の重賞優勝経験

過去10年の優勝馬9頭に、芝2400m以上の重賞優勝経験がありました。国内最高峰レースで芝2400m以上の重賞優勝経験は必須項目と言えそうです。

ジャパンカップ2020予想本命馬5選まとめ情報

【アーモンドアイ】距離・コース適性1番

父ロードカナロア。母フサイチパンドラ。母の父サンデーサイレンス。
天皇賞(秋)(G1)を制覇してG1・8勝目の金字塔たてた後は、香港G1か有馬記念かと憶測をよびましたが、2018年に2分20秒6の芝2400m世界レコードで制覇したジャパンカップを引退の花道に陣営は選択しました。もう1つG1勝利を上乗せするために、中3週でも短期放牧にだして英気を養いリフレッシュして万全の状態で、無敗の3冠馬2頭を倒しにいきます。芝1800mから2400mの中距離G1では6戦6勝。その内、東京開催のG1を4勝しています。距離・コース適性については、無敗の3冠牡牝馬を1歩リードしている感があります。無敗の3冠牡馬コントレイル、無敗の3冠牝馬デアリングタクトとの夢の豪華対決を制覇するのはアーモンドアイか!

【コントレイル】実力上位

父ディープインパクト。母ロードクロサイト。母の父Unbridled’sSong。
皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制覇して史上3頭目の無敗の三冠馬になりました。前走の菊花賞は、距離ロスなく7番手をややかかり気味に追走、直線で先頭に立つとアリストテレスとの壮絶な叩き合いをクビ差制して優勝、ゴールまで力を緩めず走り抜く精神力は一級品です。時計のかかる馬場の長距離3000mを全力で走ったダメージから回復しているようですが、アーモンドアイ、デアリングタクトと比較すると、時計のかかる馬場を激走している分、マイナスになりそうです。G1・8勝のアーモンドアイ、無敗の3冠牝馬デアリングタクトより優れている点は、総合的な実力ではないかと思われます。

【デアリングタクト】条件有利

父エピファネイア。母デアリングバード。母の父キングカメハメハ。
桜花賞、オークス、秋華賞を制覇して、アーモンドアイに次ぐ史上6頭目の牝馬三冠馬になりました、しかも無敗での牝馬三冠達成は史上初の快挙でした。アーモンドアイ、コントレイルより先にジャパンカップ参戦を表明して入念な準備期間があることは有利になります。秋華賞から中5週は、アーモンドアイが2018年3歳でジャパンカップを制覇した時と同じレース間隔です。昨年のジャパンカップでもカレンブーケドールが53キロで2着しているように53キロの斤量はかなり有利になります。ジャパンカップへ中5週での参戦、いち早く参戦表明、53キロの斤量と、アーモンドアイ、コントレイルより良い条件が整っていることは、断然有利になると思われます。

【カレンブーケドール】昨年2着、今年は55キロ

父ディープインパクト。母ソラリア。母の父ScatDaddy。
オークス、秋華賞、ジャパンカップのG1で2着が3回ある実力が高い馬です。昨年のジャパンカップは一旦直線で先頭にたちましたが優勝馬スワーヴリチャードに交わされて0秒1差の2着に大健闘しました。今年は京都記念(G2)、オールカマー(G2)で強豪馬相手に2着しています。直近4戦の連続2着の馬場は時計のかかる馬場での2着していることから、高速決着より上がりのかかる展開になった方が良い結果を出してくることが推測されます。アーモンドアイとの国枝厩舎のワンツーフィニッシュがあっても驚けません。

【グローリーヴェイズ】1発に警戒

父ディープインパクト。母メジロツボネ。母の父スウェプトオーヴァーボード。
昨年は天皇賞(春)で2着、12月の香港ヴァーズではラッキーライラック(2着)に先着して優勝して世界に向けて実力を示しました。過去の香港ヴァーズで1着、2着に入ったラッキーライラック、サトノクラウン、リスグラシュー、ジャガーメイルは国内のG1でも優勝していることから、香港ヴァーズのレースレベルが非常に高いことがわかります。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトに先着する可能性を秘めた実力があります。

ジャパンカップ2020予想穴馬5選まとめ情報

2020年11月25日公開予定です。

ジャパンカップ2020予想コース適性馬5選まとめ情報

2020年11月26日公開予定です。

ジャパンカップ2020予想血統馬5選まとめ情報

2020年11月27日公開予定です。

ジャパンカップ2020枠順確定

2020年11月26日公開予定です。

ジャパンカップ2020予想オッズ

2020年11月24日公開予定です。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。