阪急杯2020予想

阪急杯2020予想本命馬

阪急杯の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。阪急杯2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、ダイアトニック、フィアーノロマーノ、ステルヴィオ、クリノガウディー、マイスタイルの競走馬情報を詳しく説明します。

【③ダイアトニック】(北村友一)

父ロードカナロア。母トゥハーモニー。母の父サンデーサイレンス。
前走の京都金杯は、4コーナー9番手からメンバー中最速上がりの34秒8末脚で追い込んで2着。馬体重は12キロ増えていましたが太目感はなく、筋肉量が増加して馬が本格化してきていると思われます。芝1400mは6戦5勝・2着1回、回転の速いピッチ走法はスプリント適性を押し上げています。

【④マイスタイル】(田中勝春)

父ハーツクライ。母ファーストナイナー。母の父フォーティナイナー。
全5勝中3勝を函館競馬場芝2000mであげています。1400mは距離的にはあいませんが、小回りコースで優れた機動力を発揮できることから、阪神競馬場の内回りコースならある程度対応できることが推測されます。

【⑤クリノガウディー】(森裕太朗)

父スクリーンヒーロー。母クリノビリオネア。母の父ディアブロ。
未だ1勝馬ではありますが重賞で2着2回・3着1回の実績は高く評価できます。前走の東京新聞杯(東京競馬場芝1600m)を4番手先行、勝ち馬から0秒1差に2着に好走しました。時計かかるマイルレースで好走していることから開幕週1400となると少し忙しいかもしれません。阪神競馬場開幕週の阪急杯1400mは時計が速くなりそうなので、若干懸念されます。

【⑥フィアーノロマーノ】(川田将雅)

父Fastnet Rock。母Heart Ashley。母の父Lion Heart。
安田記念とマイルチャンピオンSは2桁着順に敗れましたが、阪急杯と同じ条件だった前走阪神カップ(阪神競馬場芝1400m)を1分20秒2の好時計で2着、しかも今回の阪急杯は1キロ軽い56キロで出走できることはかなり大きなアドバンテージになります。

【⑦ステルヴィオ 】(丸山元気)

父ロードカナロア。母ラルケット。母の父ファルブラヴ。
2018年マイルチャンピオンSの優勝馬です。適性距離は1600m、芝1400mへの距離短縮はプラスにはならないと思われます。今回は約9か月の長期休養明けで、いきなりの勝ち負けには少し無理があるのかもしれません。末脚は良いものを持っていますので、直線に長い外回りコースや東京競馬場の方が合っています。

【阪急杯枠順確定】

阪急杯枠順

1-1 ジョイフル(川又賢治)
1-2 ライラックカラー(木幡育也)
2-3 ダイアトニック(北村友一)
2-4 マイスタイル(田中勝春)
3-5 クリノガウディー(森裕太朗)
3-6 フィアーノロマーノ(川田将雅)
4-7 ステルヴィオ(丸山元気)
4-8 サフランハート(幸英明)
5-9 ディープダイバー(酒井学)
5-10 ストーミーシー(松若風馬)
6-11 ロジクライ(岩田康誠)
6-12 レインボーフラッグ(松山弘平)
7-13 ハッピーアワー(吉田隼人)
7-14 ベストアクター(浜中俊)
7-15 ニシノラッシュ(松田大作)
8-16 アンヴァル(藤岡佑介)
8-17 ラヴィングアンサー(和田竜二)
8-18 スマートオーディン(秋山真一郎)

2020年度万馬券的中実績(3連単・3連複)万馬券5本的中

2020年度3連単6点・3連複6点予想的中実績画像・18本馬券的中

2020年度【3連単6点勝負無料メルマガ穴馬的中実績】

2020年【3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想】

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。