弥生賞ディープインパクト記念2020予想

弥生賞ディープインパクト記念2020予想穴馬

弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。弥生賞ディープインパクト記念2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な穴馬5頭をピックアップ。ここでは、オーロアドーネ、アラタ、パンサラッサ、ヴィズサクセス、メイショウボサツの競走馬情報を詳しく説明します。

【③パンサラッサ】(坂井瑠星)

父ロードカナロア。母ミスペンバリー。母の父モンジュー。
6戦1勝。母の父モンジューでスタミナがあると思われて2000mを5戦使われてきましたが5戦1勝です。父ロードカナロアからの血が強くマイル前後が合っていそうです。速い時計勝負になると厳しいですが、雨が降って時計の掛かる馬場になれば弥生賞ディープインパクト記念での着はあるかもしれません。

【④オーロアドーネ】(三浦皇成)

父エピファネイア。父の母シーザリオ。母サラファン。母の父アグネスタキオン。
新馬戦(東京競馬場芝1600m)は、5番手で先行、直線に入り先頭の馬をとらえ抜け出すと余力を残して勝利して潜在能力の高さを示しました。父エピファネイア、父の母シーザリオの良血馬で距離は2000mでも懸念はないと思われます。O,マーフィー騎手から三浦皇成騎手へ乗り替わります。

【⑦メイショウボサツ】(横山典弘)

父エピファネイア。母ユメノオーラ。母の父マイネルラヴ。
デビュー6戦目で未勝利を勝ち上がりました。その前走の未勝利(中京競馬場芝2000m)を後方から直線でメンバー中最速上がり34秒0の末脚を使って2分01秒7の好時計で勝利しました。1戦毎に力をつけて前走は強い競馬で勝っていることから、弥生賞ディープインパクト記念での好走が期待されます。

【⑨アラタ】(大野拓)

父キングカメハメハ。母サンシャイン。母の父ハーツクライ。
前走の未勝利(中山競馬場芝2000m)は、雨、雪が降り続いて時計の掛かる馬場でしたが、重馬場を全く苦にせず豪快な末脚で抜けだし優勝しました。中山競馬場芝2000mを2回経験していることは大きなアドバンテージになります。レースを使うごとに、力をつけてきています。時計のかかる馬場になれば勝ち負けになりそうです。

回避 【ヴィズサクセス】

父Siyouni。母Viz。母の父Darshaan。
未勝利(東京競馬場芝1800m)はスタートで出遅れましたが、直線33秒3の強烈な末脚でまとめて差し切り勝利しました。前走のゆりかもめ賞(東京競馬場芝2400m)は距離が長すぎ直線では完全に失速しました。未勝利(東京競馬場芝1800m)の勝ち方から2000mの距離までなら対応できそうです。

【弥生賞ディープインパクト記念枠順確定】

1-1 サトノフラッグ(武豊)
2-2 エンデュミオン(田中勝春)
3-3 パンサラッサ(坂井瑠星)
4-4 オーロアドーネ(三浦皇成)
5-5 ブラックホール(石川裕紀人)
6-6 ウインカーネリアン(F.ミナリク)
6-7 メイショウボサツ(横山典弘)
7-8 ワーケア(C.ルメール)
7-9 アラタ(大野拓)
8-10 オーソリティ(L.ヒューイットソン)
8-11 ディヴィナシオン(内田博幸)

2019年の3連単6点勝負予想で的中した万馬券は27本でした!

的中報告2020年2月29日・3月1日

3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想(2020年2月22日から3月1日)

2020年度万馬券的中実績/万馬券5本的中

2020年度3連単6点/3連複6点20本馬券的中

2020年度3連単6点勝負無料メルマガ穴馬的中実績

2020年度3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。