函館スプリントステークス

函館スプリントステークス2020予想傾向

過去10年の函館スプリントステークス出走馬の前走距離は、芝1400m以上だった馬が6勝、芝1200mだった馬が3勝、芝1000mだった馬が1勝です。前走が芝1400m以上で大敗して、距離短縮で挑んだ馬が巻き返してくることもあります。

函館SSの勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。ダイアトニック、ライトオンキュー、フィアーノロマーノ、エイティーンガール、シヴァージの競走馬情報です。

【③エイティーンガール】の出走馬情報です。(坂井瑠星)

父ヨハネスブルグ。母センターグランタス。母の父アグネスタキオン。
3走前の 2019ファイナルステークス(3勝クラス)は4コーナー10番手からメンバー中最速上がり33秒3の猛烈な末脚でまとめて差し切り勝利してオープン入りしました。2走前のシルクロードステークス(京都競馬場芝1200m)は4コーナー16番手から33秒5の末脚で2着まで差を詰めました。前走の鞍馬ステークス(京都競馬場芝1200m)は、32秒4の桁違いの瞬発力を発揮して3着に入賞しました。瞬発力に優れている直線勝負の脚質のため展開に左右されるリスクがある走りではありますが、展開がハマった時の末脚の威力はメンバー中トップクラスです。

【⑥ダイアトニック】の出走馬情報です。(武豊)

父ロードカナロア。母トゥハーモニー。母の父サンデーサイレンス。
前走の高松宮記念は4番手の好位追走、直線では進路を妨害され、優勝したモズスーパーフレアとはタイム差無しの3着、2着に入ったグランアレグリアは次走で安田記念を優勝したことから、高松宮記念のレースレベルが高かったことがわかります。先行力があり、内ラチを器用に走るタイプです、函館開幕2週目の内が良好な馬場は、大きなプラス条件になります。昨年スワンステークスを稍重で優勝、高松宮記念を重馬場で3着していますので、函館のパワーを求められる洋芝へも難なく対応できることが推測されます。今回16戦目にして初めての斤量58キロ、斤量負担の克服が勝敗の鍵を握っています。鞍上は武豊です。

【⑦ライトオンキュー】の出走馬情報です。(古川吉洋)

父Shamardal。母グレイトタイミング。母の父Raven’s Pass。
京阪杯(京都競馬場芝1200m)を8番手追走から直線で33秒7の末脚で差し切り優勝しました。ドバイ遠征は中止になり約7か月ぶりの実戦になります、1週前追い切りでは、美浦坂路で一杯に追われて4F53秒-12秒6、反応は鈍く函館スプリントステークスを使われてから良くなりそうな気配です。洋芝は札幌で2着の実績があり間違いなく適性が高く、2着、3着なら可能性は十分あると思われます。

【⑧シヴァージ】の出走馬情報です。(藤岡佑介)

父First Samurai。母Indian Bay。母の父Indian Charlie。
ダートでは13戦4勝・2着5回・3着3回で複勝率92%のパワータイプです。芝へ転向して3戦目で重馬場だった北九州短距離ステークス(小倉競馬場芝1200m)で芝初勝利を挙げました。高速馬場ではスプリントのスピードについていけませんが、パワータイプなので、時計のかかる馬場になれば一転強い競馬が可能です。パワーが求められる洋芝は、シヴァージが本領発揮できる絶好の条件です。

【⑨フィアーノロマーノ】の出走馬情報です。(藤岡康太)

父Fastnet Rock。母Heart Ashley。母の父Lion Heart。
昨年ダービー卿チャレンジ(中山競馬場芝1600m)で重賞初制覇を達成しました。続く安田記念とマイルチャンピオンシップは14着、13着に大敗しましたが、2走前の阪神カップ(阪神競馬場芝1400m)を2着、阪急杯(阪神競馬場芝1400m)を2着とレベルが高かったレースで勝ち負けできたことは高く評価できます。マイラーズカップ除外から入念に立て直されています。1週前追い切りは、函館Wで5F68秒3-12秒7、前半は折り合いに専念、ラスト1Fは力強いフットワークで伸びて良い状態に仕上がっています。550キロを超えるパワータイプの大型馬で、力の要る洋芝はプラスになりそうです。

函館スプリントステークスコース解説(函館競馬場芝1200m)

向正面ポケット地点からのスタートで、3コーナーまでの直線距離は489mと十分な距離があります。

スタートから3コーナーまでは、だらだらとした上り勾配が続きます。

上り勾配で激しい先行争いになるためパワータイプの馬が好走しやすい傾向があります。

4コーナーから直線に向けては、なだらかに下ります。

4コーナーからゴールまでの距離は262.1mでJRA全10場のなかでもっとも直線の長さが短いコース設定になっています。

このため後方一気の追い込みは難しく先行力があることは必須です。

時計の掛かる重い洋芝でイメージ以上にタフなコース設定になっています。

中央の軽い芝で、なかなか勝てなくても洋芝のタフな馬場を得意にしているパワータイプの洋芝巧者が一転激走して穴をあけることがあります。

【函館スプリントステークス2020枠順確定】

函館スプリントステークス2020枠順

1-1 スリーケープマンボ(竹之下智昭)
1-2 マリアズハート(大野拓弥)
2-3 エイティーンガール(坂井瑠星)
2-4 スイープセレリタス(丸山元気)
3-5 ティーハーフ(国分優作)
3-6 ダイアトニック(武豊)
4-7 ライトオンキュー(古川吉洋)
4-8 シヴァージ(藤岡佑介)
5-9 フィアーノロマーノ(藤岡康太)
5-10 ジョーマンデリン(岩田康誠)
6-11 アリンナ(丹内祐次)
6-12 グランドボヌール(城戸義政)
7-13 リュウノユキナ(横山和生)
7-14 ミキノドラマー(勝浦正樹)
8-15 メイショウショウブ(池添謙一)
8-16 ダイメイフジ(菱田裕二)

【3連単6点通常コース】5月2日3日

【3連単6点通常コース】
購入レース⇒37レース
的中レース⇒4レース
購入金額(1点100円で試算)⇒22200円
払い戻し金額⇒53640円
レース的中率⇒10.8%
回収率⇒241.6%
収支⇒31440円プラス
 
1点 100円で⇒ 31440円プラス
1点 200円で⇒ 62880円プラス
1点 500円で⇒ 15720円プラス
1点1000円で⇒314400円プラス

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。