中山牝馬ステークス2020予想

中山牝馬ステークス2020 予想オッズと有力本命馬|キレ味よりパワーある大型馬の差しが決まる!

コーナーが4回、全体の高低差が5,5mの中山内回りコースであるので、キレ味よりパワー。大型馬の活躍が目立ちます。また距離短縮で挑んだ馬の好走率が高くなっています。

中山競馬場芝1800mのコースについては中山記念(中山競馬場芝1800m)のコース解説を参考にして頂ければ幸いです。

中山牝馬ステークス2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1コントラチェック1.9
2エスポワール3.1
3ウラヌスチャーム5.9
4フェアリーポルカ12
5デンコウアンジュ13.5
6ゴージャスランチ19.8
7カリビアンゴールド27.1
8フィリアプーラ31.6
9メイショウグロッケ55.7
10レイホーロマンス56.4
11レッドアネモス101.8
12レッドランディーニ120.6
13ロフティフレーズ147.4
14モルフェオルフェ168.7
15ウインシャトレーヌ246.2
16リュヌルージュ424.4

【②フィリアプーラ】(L.ヒューイットソン)

父ハービンジャー。母プリンセスカメリア。母の父サンデーサイレンス。
昨年のフェアリーステークス(中山競馬場芝1800m)を、4コーナー10番手から34秒3の脚で差し切って優勝しました。その後のクラシックは2桁着順に敗退しましたが、得意の中山競馬場のターコイズステークス(中山競馬場芝1800m)で4着に入り復活の兆しが見えました。朝日杯FS覇者アルフレードの半妹の良血で潜在能力は高く、圧勝があっても不思議はないです。

【⑤デンコウアンジュ】(柴田善臣)

父メイショウサムソン。母デンコウラッキー。母の父マリエンバード。
前走の愛知杯(小倉競馬場芝2000m)は直線で馬群の中から鮮やかな末脚で抜け出し、56キロのトップハンデを背負いながら9番人気の低評価をくつがえして見事重賞3勝目を挙げました。牝馬特有の斬れ味が最大の武器で、脚をためて直線勝負で大駆けするタイプです。直線勝負に強く有力候補です。

【⑨エスポワール】(M.デムーロ)

父オルフェーヴル。母スカーレット。母の父シンボリクリスエス。
昨年のシンガポールターフクラブ賞(中京競馬場芝2000m)は、時計の掛かる馬場で4馬身差をつけて圧勝、実力がついてきたことを示しました。2走前の修学院ステーク(中山競馬場芝1800m)は3番手先行から抜け出し勝利。前走のターコイズステークス(中山競馬場芝1600m)も先行して、しぶとく踏ん張って2着、マイルの高速決着にも対応しました。血統的に1800mに距離が長くなるのはプラスになります。機動力と先行力があり中山内回りコースへの適性は高いようです。

【⑪コントラチェック】(C.ルメール)

父ディープインパクト。母リッチダンサー。母の父Halling。
中山競馬場は4戦3勝・2着1回、フラワーカップ(中山競馬場芝1800m)、ターコイズステークス(中山競馬場芝1600m)の中山重賞で2勝を挙げている中山巧者です。連対を外した2戦は2000m以上、1800mへの距離適性は高く重賞連勝の可能性は十分にあると思われます。気性面の難しさがあるので、入れ込み具合は注意が必要です。

【⑭ウラヌスチャーム】(横山典弘)

父ルーラーシップ。母アメジストリング。母の父フジキセキ。
昨年の中山牝馬ステークス(中山競馬場芝1800m)は4コーナ8番手からメンバー中最速タイの34秒6の猛烈な末脚で追い込みハナ差の2着に好走しました。条件戦は2400mと2200mで勝ち上がりましたが、適性距離は中距離であることから距離短縮はプラスになり昨年と同じ53キロの斤量なら1発激走の可能性も十分にあると思われます。514キロの馬格から繰り出すパワーは中山内回りコースで本領発揮です。

【中山牝馬ステークス枠順確定】

中山牝馬ステークス枠順

1-1 レッドランディーニ(吉田豊)
1-2 フィリアプーラ(L.ヒューイットソン)
2-3 フェアリーポルカ(和田竜二)
2-4 メイショウグロッケ(大野拓弥)
3-5 デンコウアンジュ(柴田善臣)
3-6 ウインシャトレーヌ(内田博幸)
4-7 レッドアネモス(津村明秀)
4-8 カリビアンゴールド(石橋脩)
5-9 エスポワール(M.デムーロ)
5-10 レイホーロマンス(石川裕紀人)
6-11 コントラチェック(C.ルメール)
6-12 モルフェオルフェ(江田照男)
7-13 ゴージャスランチ(北村宏司)
7-14 ウラヌスチャーム(横山典弘)
8-15 リュヌルージュ(団野大成)
8-16 ロフティフレーズ(武藤雅)

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。