中山記念2020

中山記念コース解説(中山競馬場芝1800m内回りコース)

内回りコースの1周距離は約1667mで札幌競馬場の約1640mと大差はなく、直線は310mと小倉競馬場の直線293mとあまり変わりません。

ローカルの小回りコースと似たコース設定になっています。ローカル競馬場との大きな違いは、コース全体の高低差が5,5mとJRA全10競馬場で最も厳しいの高低差があることです。

直線は残り180mから残り70m地点にかけての上り坂の高低差は2,2m、最大勾配は2,24%と馬力が求められる急勾配になっています。

スタンド前坂下からのスタートで1コーナーまでの距離が短く、コーナー4回の内回り、1周距離は約1667mを1周します。

スタートから1コーナーまでの距離は約200mと短く、急坂を上りながらゆっくり進む為に、スローに近いミドルペースになる傾向にあります。

3~4コーナーあたりから、各馬が一斉に仕掛けだすのでペースが速くなっていきます。

4つのコーナーがあり外を回ると距離ロスが大きくなります。距離ロスなく走れる内枠は断然に有利になります。

中山競馬場芝1800m内回りコースは、特殊なコース形態であることから、コース適性の高い馬が狙って出走するレースです。

中山記念は、先行力、4つのコースでの機動力、器用さと、2度の急坂を走る抜くパワーが重視されるコースです。

特に時計のかかる馬場の場合は人気薄の逃げ馬は要注意です。

中山記念の歴史

中山記念は、1936年に中山競馬場芝3200mにで初開催されました。

当初の年2回の開催から1952年に年1回に開催に変更になり現在の中山競馬場芝1800m開催に至ります。

特殊なコース形態ということから、中山巧者の参戦がしてきます。

2019年の中山記念を優勝したウインブライトは、2019年にG1クイーンエリザベスⅡ世カップと香港カップを優勝。

2017年の中山記念を優勝したネオリアリズムも、2017年のクG1イーンエリザベスⅡ世カップを優勝。

2014年の中山記念を優勝したジャスタウェイは2014年のG1ドバイデューティフリーを優勝しています。

このように近年はドバイG1、香港G1、G1大阪杯へ向けてステップレースとしてG1級の有力馬の参戦もあり、年々レースレベルが高くなってきています。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

2020年度万馬券的中実績(3連単・3連複)万馬券5本的中

2020年度3連単6点・3連複6点予想的中実績画像・18本馬券的中

2020年度【3連単6点勝負無料メルマガ穴馬的中実績】

2020年【3連単6点勝負メルマガ実際の配信予想】