京成杯2020予想本命馬

京成杯2020予想本命馬

京成杯2020の出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。京成杯の競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。スカイグルーヴ、ゼノヴァース、ヒュッゲ、ロールオブサンダー、ビターエンダー。京成杯2020出走馬のJRA中央競馬情報です。京成杯中山競馬場芝2000m内回りのコース特性についても詳しく解説します。

【④ロールオブサンダー】
新馬戦(東京競馬場芝2000m)は時計のは掛かる馬場を力強い末脚で差し切って勝利しました。2戦目の紫菊賞(京都競馬場芝2000m)も時計の掛かる馬場を今度は逃げ切って勝利しました。京成杯は、例年時計の掛かる決着になる傾向にあり、ロールオブサンダーの得意な条件で走れることは大きなアドバンテージになります。

【⑥ゼノヴァース】
3戦目のの未勝利(中山競馬場芝2000m)を先行力と機動力をいかして3番手を追走、直線はメンバー中最速上がりの35秒3ぼ末脚で抜け出して2分00秒8の好時計で快勝しました。2分00秒8の持ち時計、中山競馬場芝2000mを勝利した経験は重要なポイントです。

【⑧ヒュッゲ】
未勝利(京都競馬場芝2000m)、エリカ賞(阪神競馬場芝2000m)を新馬戦の敗退から一転逃げて連勝しました。未勝利(京都競馬場芝2000m)は7馬身差をつけて勝ち、エリカ賞(阪神競馬場芝2000m)は2分00秒6の好時計で勝ちました。内回りコースの連勝は中山競馬場内回りへの適性が高いことと関連性があります。

【⑩ビターエンダー】 
新馬戦(東京競馬場芝2000m)は出遅れて33秒7の末脚で追い込みましたが3着に敗退しました。2戦目の未勝利(東京競馬場芝2000m)は3番手で先行、持続力をいかした長く良い脚を使い2分00秒3に速い時計で勝利しました。スタミナ豊富、内回りを得意なオルフェーヴル産駒で、中山競馬場芝2000mの条件は合っています。京成杯では前走から更にパフォーマンス上げてくることが推測されます。

【⑫スカイグルーヴ】
新馬戦(東京競馬場芝2000m)は1枠1番からペースを落として逃げることができました。直線は持ったままで後続に5馬身差で圧勝しました。上がり3F34秒1のメンバー中最速上がりの末脚を発揮、強い競馬での勝利で実力を示しました。母アドマイヤセプターはダービー馬ドゥラメンテの全姉、母母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を勝ち。3代母エアグルーヴは天皇賞(秋)を制した名牝馬です。

京成杯コース特性(中山競馬場芝2000m内回り)

4コーナー過ぎからのスタートで1コーナーまでの距離が400m程度です。

200m過ぎから5mの急坂がありペースは自然と落ちつく傾向です。

4つのコーナーがある小回りコースで内枠の先行力のある馬が断然有利になります。

かなりのハイペースになった場合のみ差しが決まりやすくなりますが、直線310mは4大場の中ではもっとも短くペースは落ちついても一瞬の切れる末脚は有効になります。

ゴール前では中山名物の急坂があり残り180mから~残り70m付近にある急坂は高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と日本一のキツさを誇ります。

この急坂で馬の脚色が鈍ることも多く見られ、この急坂を駆け上がるスタミナとパワーが要求される中距離コースです。

京成杯は、例年時計の掛かる決着になる傾向があり、豊富なスタミナが要求されます。

ただ中山競馬場芝2000mタフコース設定ですからスピードだけで押し切るのは難しく直線まで脚をためて速い末脚を使える馬の好走率が高くなっています。

また過去5年の3着以内に入った15頭中12頭は、1番から8番の競走馬で80%を占めていました。

京成杯は、内枠有利なレースです。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。