日経新春杯2020予想

日経新春杯2020予想本命馬

日経新春杯2020の出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。日経新春杯の競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。レッドジェニアル、アフリカンゴールド、レッドレオン、メロディーレーン、タイセイトレイル。日経新春杯2020出走馬のJRA中央競馬情報です。

【①メロディーレーン】
3走前の3歳以上1勝クラス(阪神競馬場芝2600m)を、2分37秒1のJRAレコードで快勝しました。340キロの小さな馬体で昨年菊花賞へ出走、後方16番手から上がり3Fメンバー中最速上がり35秒7の末脚で勝ち馬から0秒4差の5着に大健闘しました。格上挑戦になりますが、斤量49キロの軽いハンデで1発大駆の可能性を秘めています。

【②レッドジェニアル】
京都競馬場は5戦2勝・3着2回で複勝率80%です。昨年の京都新聞杯(京都競馬場芝2200m)は、のちのダービー馬ロジャーバローズをおさえて優勝しています。胴長でトップスピードにのるまで時間を要する大きなトビ走法は、広く直線が長い京都競馬場外回りコース向きと言えます。ニジンスキーのインブリードが豊富なスタミナを伝えています。日経新春杯京都競馬場芝2400mでのスタミナ消耗戦になれは本領発揮してくるでしょう。

【④レッドレオン】
比叡S(京都競馬場芝2200m)は、6ヵ月半の休養明けで馬体重が12キロ増えてました。3番手追走からインコースを器用な脚で走り、直線インを突いて上がっていき勝利しました。デビューから最高馬体重の460キロで勝てたことは、馬が本格化したことを十分に示しています。オープンクラスへ昇級初戦での重賞挑戦、54キロのハンデをいかして重賞初制覇の可能性も十分あると思われます。

【⑦タイセイトレイル】
500万下は距離を2200m以上を主戦にして変わり身を見せ12戦目で勝ち上がりました。前走ジャパンカップは15着に大敗しましたが前々走のアルゼンチン共和国杯(東京競馬場芝2500m)では33秒2の猛烈な末脚で2着まで追い上げました。芝2200m以上では9戦1勝・2着4回・3着2回で複勝率77%を誇る長距離適性があります。

【⑬アフリカンゴールド】
半兄にドバイワールドCを制覇したアフリカンストーリーがいる良血馬です。アフリカンゴールドは父がステイゴールドにかわり芝の長距離への適性が高くなっています。母系にデインヒルが配合されたステイゴールド産駒にナカヤマフェスタやフェノーメノのG1馬がいる相性が良い配合です。京都競馬場は7戦1勝・2着2回、残り800mからの早めのロングスパートを積極的仕掛けてスタミナ勝負に持ちこめれば 日経新春杯で勝機は十分にあると思います。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。