エプソムカップ

エプソムカップ2020予想傾向

東京競馬場芝1800m開催のエプソムカップ。エプソムカップ過去10年の優勝馬のうち3頭が毎日王冠(東京競馬場芝1800m)を優勝していることから、東京競馬場芝1800mへのコース適性が予想をする上で最重要ポイントになります。エプソムカップ過去10年の優勝馬の8頭は、成長力と勢いのある4歳馬です。東京競馬場芝1800mで勝利実績のある4歳馬が狙い目になりそうです。この条件を満たしているのはピースワンパラディです。

エプソムカップ2020の勝ち馬はどの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。エプソムカップ2020の競馬予想特集です。3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。有力な競走馬5頭をピックアップ。ここでは、レイエンダ、アイスストーム、アンドラステ、サトノアーサー、ピースワンパラディの競走馬情報を詳しく説明します。

【④サトノアーサー】の出走馬情報です。(D.レーン)

父ディープインパクト。母キングスローズ。母の父Redoute’s Choice。
雨の影響を受け時計の掛かる馬場だった、2年前2018年のエプソムカップ(東京競馬場芝1800m)の優勝馬です。直近の3走大阪城ステークス(阪神競馬場芝1800m、稍重)3着、六甲ステークス(阪神競馬場芝1600m、稍重)2着、都大路ステークス(京都競馬場芝1800m、重)3着と時計のかかる馬場で連続好走している重馬場巧者です。今回オーストラリアの名手D.レーン騎手に乗り替わることで、潜在能力を最大限引き出してくれる可能性が高く、復活優勝が期待されます。東京開催8週目で馬場が荒れてきており、高速決着になることは考えにくく、時計のかかる馬場になってきていることが推測され、重馬場巧者+D.レーン騎手で好勝負は必至になります。

【⑤ピースワンパラディ】の出走馬情報です。(津村明秀)

父ジャングルポケット。母クリアソウル。母の父アグネスデジタル。
湘南ステークス(東京競馬場芝1600m・稍重)は、好位の4番手の好位を追走、直線は外を回って抜け出し、ゴール前に迫ってきた後続に抜かせず勝利しました。3走前のオリエンタル賞(東京競馬場芝1800m・重)を、34秒5の速い末脚で抜け出し勝利した実績があり、東京競馬場芝1800mへのコース適性に懸念はありません。デビューから全8戦すべて3着以内に来ている安定感抜群の実力馬です。津村明秀騎手へ乗り替わり、昨年愛知杯優勝以来、約1年半ぶりの重賞制覇に期待がかかります。

【⑦サラキア】の出走馬情報です。(石橋脩)

父ディープインパクト。母サロミナ。母の父Lomitas。
未だ2勝馬ですが、ローズステークス(阪神競馬場芝1800m)2着、エプソムカップ(東京競馬場芝1800m)2着と重賞での好走実績は、潜在能力が高いことを十分に示しています。逃げ、先行、差しと多彩で自在な脚質は、レース展開に左右されにくいメリットがあります。朝日杯FS優勝、皐月賞2着、日本ダービー2着したサリオスの半兄にあたる血統です。母系のニジンスキー、デインヒルの血脈が流れているので時計のかかる馬場でのスタミナ勝負を得意にしています。

【⑬アイスストーム】の出走馬情報です。(武豊)

父ストーミングホーム。母デザートチル。母の父Red Ransom。
これまで東京競馬場芝1800mは4戦2勝・3着1回でアイスストームが最も得意にしているコースです。前走のメイステークス(東京競馬場芝1800m)は、4か月半ぶりの休養明けでしたが太目感はなく仕上がっていました。道中は後方の10番手を折り合って追走しました。直線へ向くとインから強襲、馬郡を割って抜け出すと先行したソーグリッタリングを交わして優勝しました。内ラチを器用に走れる機動力、と馬郡を苦にしない強靭な精神力があります。アイスストームとのコンビで3勝を挙げている武豊騎手の騎乗は非常に心強く、ここは勝ち負けになりそうです。

【⑯アンドラステ】の出走馬情報です。(岩田望来)

父オルフェーヴル。母ヴァリディオル。母の父Dynaformer。
前走のパールステークス(新潟競馬場芝1800m・雨・良)は、良馬場開催でしたが雨の影響で時計の掛かる馬場でした。そんな中、出遅れて後方9番手から直線で33秒5の強烈な末脚で差し勝利しました。時計の掛かる馬場33秒5の末脚が使えたことは、潜在能力は相当高いことを十分に示しています。母の父の父がスタミナと持続力に優れRobertoで、時計のかかる重馬場、パワーの要る馬場を得意な血統を受け継いでいます。東京開催8週目で馬場が荒れてきており、時計のかかる馬場で持続力勝負の展開になった時は1番怖い存在になります。

【⑰レイエンダ】の出走馬情報です。(C.ルメール)

父キングカメハメハ。母ラドラーダ。母の父シンボリクリスエス。
日本ダービーと天皇賞(秋)を制覇したレイデオロの全弟という血統。2019年のエプソムカップ(東京競馬場芝1800m)を、2番手で先行しながら、上がり3Fを32秒7の猛烈な瞬発力を発揮して見事優勝しました。東京競馬場芝コースでは2勝・2着1回と高いコース適性を誇ります。全兄レイデオロも東京開催G1を2勝しています。東京コース適性の高さは血統的な影響からきています。昨年5番人気のレイエンダを優勝へと導いた主戦のルメールが騎乗予定でエプソムカップ連覇の可能性が一気に高まりました。

エプソムカップコース解説(東京競馬場芝1800m)

エプソムカップは、ポケット地点からの変則スタートです。

スタート直後2コーナーを斜めに曲がるので外目を通らされると不利になるため内枠が断然に有利になります。

スローで流れる傾向があり、ロスなく内ラチを走れる器用さと機動力はコース克服の必須条件です。

外枠の先行馬は終始外を回らせられるので2000m重賞で勝てるスタミナとスピード能力の高さが求められます。

また内枠の追込み馬も2コーナーまでの激しい先行争いで前が詰まるので馬郡を割って抜け出せる強い精神力がなければひるんでしまいます。

逃げ・先行馬に有利なスローペースからの瞬発力勝負になりやすいので、先行力に加えて直線での瞬発力が要求されます。

G1にはない距離で芝1800m独特の適性のある人気薄の芝1800m巧者が穴をあけることがあるのでチェックしておきたい項目です。

東京開催8週目で馬場が荒れてきていることから、時計のかかる馬場に対応できるパワーも求められます。

【エプソムカップ2020枠順確定】

エプソムカップ2020枠順

1-1 ソーグリッタリング(藤井勘一郎)
1-2 サトノガーネット(吉田豊)
2-3 ギベオン(戸崎圭太)
2-4 サトノアーサー(D.レーン)
3-5 ピースワンパラディ(津村明秀)
3-6 ダイワキャグニー(内田博幸)
4-7 サラキア(石橋脩)
4-8 マイネルファンロン(三浦皇成)
5-9 エメラルファイト(石川裕紀人)
5-10 マイネルハニー(野中悠太郎)
6-11 アトミックフォース(武藤雅)
6-12 シャドウディーヴァ(M.デムーロ)
7-13 アイスストーム(武豊)
7-14 インビジブルレイズ(田辺裕信)
7-15 ゴーフォザサミット(北村宏司)
8-16 アンドラステ(岩田望来)
8-17 レイエンダ(C.ルメール)
8-18 トーラスジェミニ(木幡育也)

【3連単6点通常コース】5月2日3日

【3連単6点通常コース】
購入レース⇒37レース
的中レース⇒4レース
購入金額(1点100円で試算)⇒22200円
払い戻し金額⇒53640円
レース的中率⇒10.8%
回収率⇒241.6%
収支⇒31440円プラス
 
1点 100円で⇒ 31440円プラス
1点 200円で⇒ 62880円プラス
1点 500円で⇒ 15720円プラス
1点1000円で⇒314400円プラス

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。