フェブラリーステークス2020予想

フェブラリーステークス2020予想本命馬

フェブラリーステークスの勝ち馬どの馬?穴馬はどの馬?そんな疑問を解決します。
フェブラリーステークス2020の競馬予想特集です。
フェブラリーステークスの出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。
フェブラリーステークスの競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。
ここでは、インティ、モズアスコット、サンライズノヴァ、アルクトス、ヴェンジェンスの競走馬情報を詳しく説明します。
フェブラリーステークス出走馬のJRA中央競馬情報です。
3連単6点勝負はフェブラリーステークス競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。

【②アルクトス】(田辺裕信)

父アドマイヤオーラ。母ホシニイノリヲ。母の父シンボリクリスエス。

2019年に3連勝でG3プロキオンステークス(中京競馬場ダート1400m)を勝利して重賞初勝利を挙げました。

さらに前走G1マイルチャンピオンシップ(盛岡競馬場ダート1600m)では、G1・5勝のゴールドドリームに先着しての2着と実力が本物であることをG1マイルチャンピオンシップの結果で示しました。

アルクトスは全7勝中5勝を東京競馬場ダートコースで挙げています。

東京競馬場ダート1600mに限定すれば4戦4勝と抜群のコース相性の良さを誇ります

【⑤インティ】(武豊)

父ケイムホーム。母キティ。母の父Northern Afleet。

2019年7連勝でG1フェブラリーステークスを優勝しましたが、以降は勝ち鞍に恵まれていません。

2走前のチャンピョンズカップ(中京競馬場ダート1600m)は厳しい流れを逃げて3着、前走の東海ステークスは中団前目に控えて追走、4コーナー2番手で通過、先に抜け出したエアアルマスに食い下がりますが及ばず3着でした。

東海ステークス(京都競馬場ダート1600m)では無理にハナにこだわらず控える競馬を学習できたことは大きな収穫だったと言えます。

逃げ切りが難しいタフなG1フェブラリーステークスを昨逃げ切った実力は相当に高いと言えます。

過去G1フェブラリーステークスで連覇した馬は14年・15年のコパノリッキーだけです。

フェブラリーステークスの連覇に向けて万全を期して挑みます。

【⑦ヴェンジェンス】(幸英明)

父カジノドライヴ。母スペシャルクイン。母の父スペシャルウィーク。

2019年にポラリスステークス(阪神競馬場ダート1400m)、天保山ステークス(阪神競馬場ダート1400m)のオープンを2連勝。

その後200mの距離延長で更に資質が開花、みやこステークス(京都競馬場ダート1800m)で重賞初制覇を達成しました。

過去10年のフェブラリーステークスの3着以内に入った30頭中23頭は、前走の距離が1800m以上だったことから、ヴェンジェンスは4戦連続で1800mを走ってからのフェブラリーステークス参戦で本来の高い潜在能力を発揮しての激走に期待が持てそうです。

【⑨サンライズノヴァ】(松山弘平)

父ゴールドアリュール。母ブライトサファイヤ。母の父サンダーガルチ。

2018年アハルテケステークス(東京競馬場ダート1600m)、グリーンチャンネルC(東京競馬場ダート1400m)、武蔵野S(東京競馬場ダート1600m)を3連勝した東京競馬場ダートの鬼巧者です。

普通は届きそうにない後方から鬼のロングスパートで後方一気を決めました。

2019年はG1マイルチャンピオンシップ(盛岡競馬場ダート1600m)を好位からメンバー中最速上がりの末脚で差し優勝しました。

前走の武蔵野ステークス(東京競馬場ダート1600m)はトップハンデ59キロを背負い5着に健闘しました。

東京競馬場ダートで過去に5戦連続でメンバー中最速上がりの末脚を記録した瞬発力は正に東京競馬場ダートコース仕様だと言えます。

【 ⑫ モズアスコット】(C.ルメール)

父Frankel。母India。母の父Hennessy。

2018年、連闘で挑んだ安田記念を優勝したモズアスコットが、フェブラリーステークスで史上5頭目となるJRA芝・ダートG1制覇を目指します。

初ダートだった前走の根岸ステークスは直線抜群の手応えで長く良い脚を使い、鮮やかに差し切って勝利しました。

2018年秋以降に2着以内のレースは3戦すべて1400mでした。

過去10年フェブラリーステークス優勝馬の内7頭は前走が1800m以上、前走が1400mだった馬で3着以内に入った7頭は全て前走が根岸ステークでした。

このことから200mの距離延長は問題なさそうです。

【フェブラリーステークス枠順確定】

1 ブルドッグボス(和田竜二)
2 アルクトス(田辺裕信)
3 ワイドファラオ(福永祐一)
4 タイムフライヤー(S.フォーリー)
5 インティ(武豊)
6 ミッキーワイルド(北村友一)
7 ヴェンジェンス(幸英明)
8 キングズガード(秋山真一郎)
9 サンライズノヴァ(松山弘平)
10 ノンコノユメ(真島大輔)
11 モジアナフレイバー(繁田健一)
12 モズアスコット(C.ルメール)
13 デルマルーヴル(M.デムーロ)
14 ミューチャリー(御神本訓史)
15 ケイティブレイブ(長岡禎仁)
16 ワンダーリーデル(横山典弘)

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。