マイルチャンピオンシップ3連単

マイルチャンピオンシップ2020予想コース解説(阪神芝1600m外回り)

スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄りで、平坦のスタートです。

3コーナー手前にある内回りコースへの分岐の所で上り坂があります。緩やかな3~4コーナーのカーブを回ります。

4コーナーの出口手前の残り約600mから、直線残り190m地点まで緩やかな下り勾配が設けられています。

そこからすぐにゴール前の阪神名物の上り坂が待ち受けています。

高低差1.8m、勾配率1.5%の急坂があります。120mで1.8mの高低差を駆け上がって、残り70mで決め手を発揮することが求められるタフなコースです。

スピードとパワーを兼ね備えていることも必須条件になります。

コーナーが2回の外回りコースで、スタートから3コーナーまで444m、ゴール前の直線476mと直線部分の距離が長く、各馬が実力を発揮しやすいコース設定になっています。

このため、紛れが生じにくく、馬の実力が反映されやすいコースです。

前半から速いラップを刻む速い流れになっても、脚を溜めつつ、直線で瞬発力を発揮できる、高いレベルの能力が求められます。

マイルチャンピオンシップはこれまで京都芝1600m外回りで開催されていましたが、改修工事のため今年は阪神芝1600m外回りコースに舞台を移して開催されます。

先週のエリザベス女王杯の走破時計2分10秒3は、アーネストリーが2011年に宝塚記念で記録したコースレコード2分10秒1に迫る超高速馬場での高速決着でした。

マイルチャンピオンシップは激しい先行争いから前半からハイペースになることが推測され、上がりのかかる直線勝負になり、スピードの持続力がある馬が好走する馬場状態です。

マイルチャンピオンシップ予想2020予想過去10年傾向とデータ分析

過去10年前走レース別成績

マイルチャンピオンシップの前走レース別成績は、富士ステークス組は43頭出走して3勝・2着4回・3着1回で、勝率6.9%、連対率13.7%、複勝率15.7%です。

また富士ステークスで優勝した馬の成績は、6頭出走して1勝・2着2回・3着1回で勝率16.6%、連対率50.0%、複勝率66.7%と優秀な成績になっています。

スワンステークス組は33頭出走して1勝・2着4回・3着1回で、勝率3.0%、連対率12.8%、複勝率15.4%で、馬券に絡んだ6頭中5頭はスワンステークスで3着以内でした。

ちなみに2015年以降の5年のマイルチャンピオンシップ3着以内の馬15頭すべて前走は掲示板を確保していました。

過去10年年齢別成績

3歳馬2勝、4歳馬4勝、5歳馬3勝、6歳馬1勝です。

中でも4歳馬は4勝・2着6回・3着3回で勝率11.1%、複勝率36.1%で好成績を残しています。

逆に7歳馬以上は1度も馬券に絡んでいません。

究極のスピードレースになることから高齢馬には厳しいレースと言えます。

過去10年単勝人気別成績

2番人気1勝、3番人気2勝、4番人気3勝、5番人気2勝、6番人気以下2勝で、1番人気の馬は現在10連敗中です。

2016年から2018年は1馬人気の馬は馬券に絡んでいません。

3連単の配当は過去10年すべて万馬券で、4回は10万馬券の配当でした。

3連単は高配当の可能性があるレースです。

過去10年関西馬が8勝

過去10年関西馬が8勝、関東馬の2勝。

長距離輸送がない関西馬の有利は揺るぎないようです。

マイルチャンピオンシップ2020予想本命馬5選まとめ情報

【②レシステンシア】先行力と持続力は1級品

父ダイワメジャー。母マラコスタムブラダ。母の父LizardIsland。

デビュー3連勝で阪神JFを優勝。

桜花賞2着、NHKマイルC(G1)2着とマイルG1で好走。NHKマイルC後に左第1指骨剥離骨折が判明、治療に専念するため長期休養に入りました。

今回のマイルチャンピオンシップは約半年の骨折休養明けです。

1週前追い切りは栗東坂路で4F51秒9-11秒6の好時計をマーク、骨折は軽度のもので追い切りからほぼ完治したと見ても問題はないと思われます。

6戦3勝・2着1回・3着1回、G1の成績は3戦1勝・2着1回です。先行力と持続力は1級品で、今の阪神の高速馬場は合っています。

休み明けでも仕上がりの早い牝馬、斤量の恩恵もあり勝ち負けする条件は整っています。

【④グランアレグリア】4戦連続最速上がり

父ディープインパクト。母ピッツフライ。母の父Tapit。

グランアレグリアは、デビューから9戦6勝・2着1回・3着1回、NHKマイルカップ以外はすべて3着以内に入線しています。

6勝中3勝はG1、G2とG3で1勝ずつ挙げて重賞を5勝しています。今年の安田記念は、アーモンドアイに2馬身半差をつけて完勝しています。

前走のスプリンターズS(G1・京都芝1200m)は後方15番手からメンバー中最速上がり33秒6の末脚で差し、2着馬ダノンスマッシュに2馬身差をつけて優勝しています。

阪神C(G2)、高松宮記念(G1)、安田記念(G1)、スプリンターズS(G1)と4戦連続で上がり3Fをメンバー中最速上がりの末脚を使っています。

瞬発力をいかせる阪神外回りコースは合っています。G1・3連勝でマイルチャンピオンシップ制覇できるか注目されます。

【⑦アドマイヤマーズ】しぶとい脚と持続力

父ダイワメジャー。母ヴィアメディチ。母の父Medicean。

2018年にデビュー4連勝で朝日杯FSを優勝。

翌年2019年にはNHKマイルC(G1)を優勝。海外初遠征で香港マイル(G1)を3歳馬で見事優勝してG1・3勝目を挙げました。

スワンS(G2)は58キロを背負っての3着は休み明けとしては合格点です。叩き2走目での上積み効果が期待できます。

時計や上がりがかかる馬場で、しぶとい脚を使いスピードを持続できるタイプです。

その反面、高速決着は脚質が合わない可能性があり、今の阪神高速馬場への対応力が鍵になります。

【⑧インディチャンプ】昨年マイル王者

父ステイゴールド。母ウィルパワー。母の父キングカメハメハ。

2019年の安田記念(G1)、マイルチャンピオンS(G1)を優勝したマイル王者です。マイル重賞を4勝しているマイルレースのスペシャリストです。

これまでG1に参戦する前に必ず前哨戦を使っていましたが、今回のマイルチャンピオンシップは、安田記念からぶっつけ本番での参戦になることから、太め残りになっていないかを注意深く観察することが重要チェックポイントです。

昨年と違う阪神コースに替りますが、マイルチャンピオンシップ連覇達成なるか注目されます。

【⑰サリオス】抜け出す反応抜群

父ハーツクライ。母サロミナ。母の父Lomitas。

デビューから6戦4勝・2着2回で勝率66%、連対率100%です。デビューから無敗の3連勝で朝日杯FS(G1)を優勝。

クラシックはぶっつけ本番で無敗の3冠馬になったコントレイルに次ぐ皐月賞(G1)2着、日本ダービー(G1)2着に好走した実力は本物です。

毎日王冠(G2)では強豪古馬相手に3馬身差をつけて圧勝、これまでコントレイルにしか先着を許しておらず、サリオスの実力は現役馬の中でトップクラスの可能性が高いです。

先行力があり、好位から抜け出す時の反応が抜群です。スピードの持続力と瞬発力に優れていることから、今の高速馬場の阪神競馬場でその能力を最大限発揮できることが推測されます。

マイルチャンピオンシップ2020予想穴馬5選まとめ情報

【⑥ラウダシオン】高速馬場得意

父リアルインパクト。母アンティフォナ。母の父Songandaprayer。

NHKマイルC(G1・東京芝1600m)では、逃げたレシステンシアをマークして2番手を追走、直線では抜群の反応で並んでいき交わして先頭へ、1馬身半差をつけて優勝しました。

距離適性が懸念され9番人気でしたが、距離延長に対応してマイル適性が高いことを示しました。

また高速馬場で快勝していることから、今の阪神の高速馬場はラウダシオンにとって大きなプラスになりそうです。

前走の富士S(G2・東京芝1600m)は、NHKマイルカップ以来約5ヵ月の休養明けで馬体重が16キロ増えていましたが太目感はなく成長分でした。

筋肉がついてよりマイラーらしい体形になってきていました。

レースは3番手を先行して直線で抜け出すかと思われましたが、外から伸びてきたヴァンドギャルドに交わされ惜しい2着でした。

しかし、休み明けの3歳馬として古馬との対決で勝ち負けできたことは、マイルチャンピオンシップに向けて大きな収穫でした。

【⑨カツジ】上昇度はトップクラス

父ディープインパクト。母メリッサ。母の父ホワイトマズル。

スワンS(G2・京都芝1400m)は、逃げたロケットを見ながら2番手を追走していましたが、早めに仕掛けて先頭に立っていき、4コーナーでは馬場の良い外を回る余裕があり、直線でひと伸びして、猛追してきたステルヴィオ、アドマイヤマーズのG1馬を振り切って優勝しました。

先行して押し切る強い競馬での勝利は、決してフロックではなく、馬が本格化してきたことを十分に示しています。

上昇度は出走馬中でトップクラス、マイルチャンピオンシップで一発激走があっても驚けません。

【⑭サウンドキアラ】重賞3連勝

父ディープインパクト。母サウンドバリアー。母の父アグネスデジタル。

京都金杯(京都競馬場芝1600m)、京都牝馬S(京都競馬場芝1400m)、阪神牝馬S(阪神競馬場芝1600m)の重賞を3連勝している実力馬です。

2走前のヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)は、大外枠から、アーモンドアイの前の3番手を先行、直線は33秒8の末脚で伸びてはいるものの、次元の違うアーモンドアイの瞬発力に交わされましたが、ノームコアには抜かせない勝負根性を見せて2着に入線しました。

スワンS(G2・阪神芝1400m)は、1番人気に支持されましたが、約5が月ぶりの休み明けで反応が鈍く、外から伸びてきた後続の馬に交わされて10着に敗れています。

高速決着のヴィクトリアマイルを2着した実績から、高速馬場の阪神競馬場で大きな変わり身を見せてくる可能性は十分にあると思われます。

【⑮ペルシアンナイト】4連続で馬券に絡むか

父ハービンジャー。母オリエントチャーム。母の父サンデーサイレンス。

ペルシアンナイトは、マイルチャンピオンシップで2017年1着、2018年2着、2019年3着と高速決着のマイルG1を得意にしていることから、高速馬場の阪神コースに替わっても問題はなさそうです。

2018年大阪杯(G1・阪神芝2000m)で2着していることからゴール前の急坂への対応力に懸念はありません。

2走前の札幌記念(G2・札幌芝2000m)は9番手追走から上がり3Fでメンバー中最速上がり34秒5の末脚を使って2着。

前走の富士S(G2・東京芝1600m)は4着でしたが35秒2の末脚を発揮しています。

マイルチャンピオンシップは開幕3週目の阪神競馬場で開催され、先週までレコード続出の高速馬場、良馬場開催ならおそらく1分32秒を切る高速決着になることが推測され、ペルシアンナイトが最も得意にしている展開になり、マイルチャンピオンシップ4年連続で馬券に絡む可能性は十分にあります。

【⑯ヴァンドギャルド】富士S優勝馬注目

父ディープインパクト。母スキア。母の父Motivator。

2019年、3歳以上1勝クラス(阪神芝1600m)、三年坂特別(京都芝1600m)、ウェルカムステークス(東京芝1800m)を一気の3連勝でオープン入りした実力馬です。

3走前のマイラーズカップ(京都芝1600m)は、出遅れの影響が大きく3着に敗れましたが、直線で見せたメンバー中最速上がり32秒7の末脚は際立っていました。

前走の富士S(G2・東京芝1600m)は、4か月半ぶりの休み明けでしたが仕上がっていました。

道中は中団の8番手を追走、4コーナーで外を回って上がっていき、直線でも外から伸びてメンバー中最速上がり34秒6の末脚を発揮して抜け出し優勝しました。

全5勝を1600m、1800mで挙げていることから,マイル適性は十分に高いようです。

阪神コースはこれまで4戦して3回33秒台の末脚を使っていることから、マイルチャンピオンシップが開催される阪神コースへの適性は高いことが推測されます。

マイルチャンピオンシップ2020予想コース適性馬5選まとめ情報

【②レシステンシア】阪神JF5馬身差

父ダイワメジャー。母マラコスタムブラダ。母の父LizardIsland。

阪神芝1600mは3戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。阪神コースは3戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。

芝1600mは4戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。レシステンシアが優勝した阪神JFは、平均から速めのペースで流れることが多く前傾ラップになり真の底力が問われることになり2歳馬にとってはタフなコースです。

外回りコースになった06年以降は逃げ切るのは難しくなったコースで、2着馬の5馬身差をつけて逃げ切っていることから、阪神芝1600mへのコース適性は間違いなく高いです。

【④グランアレグリア】高速決着のG1を3勝

父ディープインパクト。母ピッツフライ。母の父Tapit。

阪神芝1600mは2戦1勝・3着1回で複勝率は100%。阪神コースは3戦2勝・3着1回。芝1600mは6戦4勝・3着1回で勝率は67%です。

マイルG1は桜花賞(G1・阪神芝1600m)、安田記念(G1・東京芝1600m)を制覇。スプリントG1は、高松宮記念(G1・中京芝1200m)2着、スプリンターズS(G1・中山芝1200m)優勝。

コース形態の違う4つの競馬場でG1を勝ち負けしていることから、競馬場を問わず、潜在能力を発揮できる自在性が高い馬です。

高速決着のG1を3勝していることから、先週までレコード続出の阪神の馬場への適性も高く、マイルチャンピオンシップでの勝ち負けは必至です。

【⑦アドマイヤマーズ】マイル適性は世界レベル

父ダイワメジャー。母ヴィアメディチ。母の父Medicean。

阪神芝1600mは1戦1勝。阪神コースは1戦1勝。芝1600mは8戦6勝で勝率は75%と高いアベレージを誇る屈指のマイラーです。

朝日杯FS、NHKマイルC、香港マイルでG1を3勝しています。特に香港マイルで世界の強豪マイラー相手に完勝、アドマイヤマーズのマイル適性は世界レベルです。

前半速いラップを刻む厳しい展開をスピードの持続力とパワーでねじ伏せる強い競馬ができることから、阪神芝1600mのコース適性に懸念はありません。

【⑧インディチャンプ】芝1600m12戦7勝

父ステイゴールド。母ウィルパワー。母の父キングカメハメハ。

阪神芝1600mは3戦1勝・2着1回で連対率は67%。

阪神コースは5戦2勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。

芝1600mは12戦7勝・2着1回・3着1回で複勝率は75%。

2019年安田記念(G1・東京芝1600m)・マイルチャンピオンS(G1・中山芝1600m)を優勝、今年の安田記念は3着、厳しいレース展開になりやすいマイルG1で、高い潜在能力を発揮しています。

芝1600mは12戦7勝で勝率58%と高いアベレージを誇るマイル巧者です。

阪神芝1600mはゴール前に高低差1.8m、勾配率1.5%の急坂があります。

120mで1.8mの高低差を駆け上がって、残り70mで決め手を発揮することが求められるタフなコースです。

スピードとパワーを兼ね備えているインディチャンプが実力を発揮できるコースです。

【⑰サリオス】芝1600m3戦3勝

父ハーツクライ。母サロミナ。母の父Lomitas。

阪神芝1600mは1戦1勝。阪神コースは1戦1勝。

芝1600mは3戦3勝。

昨年阪神芝1600mで開催された朝日杯FSを、2着馬に2馬身半差をつけて快勝、芝1600mは3戦3勝の実績からコース適性、距離適性に懸念はありません。

毎日王冠(G2・東京芝1800m)は古馬相手に3馬身差をつけて完勝した実力は本物です。

先週のエリザベス女王杯の走破時計2分10秒3は、アーネストリーが2011年に宝塚記念で記録したコースレコード2分10秒1に迫る超高速馬場での高速決着でした。

マイルチャンピオンシップは激しい先行争いから前半からハイペースになることが推測され、上がりのかかる直線勝負になり、スピードの持続力があるサリオスに向いている馬場状態と言えそうです。

マイルチャンピオンシップ2020予想血統馬5選まとめ情報

【②レシステンシア】

父ダイワメジャー。母マラコスタムブラダ。母の父LizardIsland。

父ダイワメジャー産駒は、京都重賞1勝に対して阪神重賞6勝とゴール前に急坂のある阪神競馬場を得意にしています。

母マラコスタムブラダはアルゼンチンのG1ヒルベルトレレナ大賞を優勝、デインヒルとサドラーズウェルの組み合わせを持つパワーとスタミナ型です。

母の父Lizard Islandは、現役時代にG1勝ちはありませんでしたが、2014年にマラコスタムブラダ(ヒルベルトレレナ大賞)、2013年エミレーツガール(エリセオラミレス賞)の2頭のG1馬を輩出して種牡馬として成功しています。

母の父Lizard IslandはNijinskyを持つのでスタミナを伝えています。

父ダイワメジャーからスピード、母系からはパワーとスタミナを受け継いでいます。タフな消耗戦に強い血統です。

【④グランアレグリア】

父ディープインパクト。母タピッツフライ。母の父Tapit。

母タピッツフライはG1ジャストアゲイムS (芝8F)、G1ファーストレディS (芝8F)を制覇した米国屈指のマイラーで高速決着を得意にしていた、厳しい流れのG1に向いている血統です。

母の父Tapitが米国G1ウッドメモリアルSの優勝馬、種牡馬として23頭のG1馬をだしている名種牡馬です。

北米リーディングサイアーで国内では産駒のテスタマッタがフェブラリーステークス(東京ダ1600m)を優勝しています。

母の父Tapitの影響で折り合い面が難しく、1200mから1600mのハイペースのスピード勝負で無類の強さを発揮する血統です。

その為今開催の阪神芝の高速馬場はグランアレグリアにとってプラスになります。

【⑦アドマイヤマーズ】

父ダイワメジャー。母ヴィアメディチ。母の父Medicean。

父ダイワメジャー産駒は、京都重賞1勝に対して阪神重賞6勝とゴール前に急坂のある阪神競馬場で好成績をおさめています。

母ヴィアメディチは仏G3リューリー賞(芝1600m)勝ち馬。母父Mediceanは、英G1ロッキンジS(芝8F)、英G1エクリプスS (芝10F)の優勝馬で、種牡馬として7頭のG1馬をだしています。

母父Medicean×ダイワメジャーの配合は時計や上がりのかかる馬場を得意にしているため、高速決着になると少し厳しい血統です。

20日の雨の影響が残り時計のかかる馬場になった時は要注意です。

【⑧インディチャンプ】

父ステイゴールド。母ウィルパワー。母の父キングカメハメハ。

昨年の安田記念(G1・東京芝1600m)とマイルチャンピオンシップ(G1・京都芝1600m)を制覇して、2019年JRA賞最優秀短距離馬に輝いたマイルチャンピオンです。

半兄にシルクロードS(G3・京都芝1200m)を勝ったアウィルアウェイがいる血統です。

母の母トキオリアリティーはリアルインパクト(G1安田記念・G1ジョージライダーS)、ネオリアリズム(G1・QE2世C)、アイルラヴァゲイン(G3オーシャンS)などを産んだ名繁殖牝馬です。

ステイゴールド×キングカメハメハはステイフーリッシュ(G2京都新聞杯)と同じ血統配合です。

母系の影響が色濃くでたマイラー体型で、スピードの持続力が抜群でマイルレースで高いポテンシャルを発揮できる血統です。

【⑰サリオス】

父ハーツクライ。母サロミナ。母の父Lomitas。

半姉に府中牝馬Sを勝ったサラキアがいます。

母サロミナは独のオークス馬。

母方にニジンスキーとデインヒルの配合があるハーツクライ産駒にワーケア(G1ホープフルS・3着)がいます。

母系にデインヒルを持つハーツクライ産駒は、1600mから1800mで活躍する傾向があります。

母の父Lomitasは、ドイツ芝2400mのG1のオイロパ賞、バーデン大賞、ベルリン銀行大賞を優勝しています。

種牡馬としては8頭のG1馬をだし、代表産駒に凱旋門賞を制覇したデインドリームがいます。

父母ともにスタミナがある血統なので、高速決着の上がりのかかるスタミナ消耗戦で無類の強さを発揮でる血統です。

マイルチャンピオンシップ2020枠順確定

1-1 ベステンダンク(藤岡佑介)
1-2 レシステンシア(北村友一)
2-3 ケイアイノーテック(津村明秀)
2-4 グランアレグリア(C.ルメール)
3-5 メイケイダイハード(酒井学)
3-6 ラウダシオン(武豊)
4-7 アドマイヤマーズ(川田将雅)
4-8 インディチャンプ(福永祐一)
5-9 カツジ(池添謙一)
5-10 ブラックムーン(幸英明)
6-11 スカーレットカラー(岩田康誠)
6-12 アウィルアウェイ(藤岡康太)
7-13 タイセイビジョン(石橋脩)
7-14 サウンドキアラ(松山弘平)
8-15 ペルシアンナイト(大野拓弥)
8-16 ヴァンドギャルド(戸崎圭太)
8-17 サリオス(M.デムーロ)

マイルチャンピオンシップ2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1グランアレグリア1.5
2サリオス2.9
3インディチャンプ8.3
4レシステンシア14.1
5アドマイヤマーズ23.7
6ラウダシオン43.8
7サウンドキアラ55
8ヴァンドギャルド76.7
9ペルシアンナイト86.9
10スカーレットカラー113.9
11カツジ128.9
12アウィルアウェイ137.1
13タイセイビジョン192.7
14ケイアイノーテック249.4
15ベステンダンク329.6
16ブラックムーン360
17メイケイダイハード373.8
マイルチャンピオンシップ2020予想オッズ
3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。