アメリカジョッキークラブカップ2020予想穴馬(AJCC)

アメリカジョッキークラブカップ2020予想穴馬(AJCC)

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。ニシノデイジー、ウラヌスチャーム、サトノクロニクル、グローブシアター、ゴーフォザサミット(回避、白富士ステークス出走予定)。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)出走馬のJRA中央競馬情報です。

【①ウラヌスチャーム】
中山競馬場芝2200m2戦1勝・2着1回。中山競馬場は4戦1勝・2着3回。ともに連対率は100%です。中山競馬場芝2200mで好走実績がある馬が再度好走する傾向が強いのがAJCCの傾向です。直線で抜け出す一瞬の末脚が持ち味。直線の短いAJCC中山競馬場でウラヌスチャームの一瞬の瞬発力が最大限発揮できます。

【⑧グローブシアター】
朝日杯FS優勝馬リオンディーズの全弟、半兄弟に菊花賞とジャパンCを優勝したエピファネイア、 ホープフルSと皐月賞を優勝したサートゥルナーリアがいる超良血馬です。昨年のダイヤモンドS6着以来約1年ぶりの長期休養明けになります。先行力があり中山競馬場芝2200mは向いていると思われます。今週の中山競馬場は恐らく内差しが決まりやすくなっている可能性があり、器用に内ラチを走ることができる良血馬グローブシアターのAJCCでの激走に期待です。

【⑨ニシノデイジー】
2歳時に未勝利、札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sを3連勝して重賞2勝を挙げました。ホープフルSを3着した後のクラッシックでは馬券圏外でした。前走の菊花賞の9着は距離が長かったようです。10戦中9戦で上がり3Fを出走馬中3位以内の末脚を使っています。AJCC中山競馬場芝2200m右外回りコースは先行馬有利は否めませんが、AJCCの展開次第では2着、3着までなら十分狙える範囲内と思われます。

【⑫サトノクロニクル】
G1以外の10レースでは90%の連対率です。G1菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)では苦戦を強いられましたが、3走前の阪神大賞典(阪神競馬場芝3000m)、前走小倉記念(小倉競馬場芝2000m)2着とG2、G3では勝ち負けできる実力馬です。中山競馬場芝2200mは2戦2着1回・3着1回と好走実績も十分にあります。中山競馬場芝2200m好走リピーターでの一発に注意しておきたいAJCCの穴馬です。

回避【ゴーフォザサミット】白富士ステークス出走予定
デビュー2戦目の未勝利、百日草特別を連勝。その後はクラシック出走を目指して共同通信杯4着、スプリングS7着、青葉賞1着でダービー出走が叶いましたが、3歳時に月1回のレースをダービーまで4か月続けたことで、ズブさが出てしまい、以降9戦連続で馬券に絡めていません。チャレンジC5着からのレース間隔は約2か月です。リフレッシュ効果を実感するには、もう少し長い休養が必要なのかもしれません。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。