神戸新聞杯

神戸新聞杯コース解説(中京競馬場芝2200m)

中京芝2200m
中京芝2200m

2006年の阪神競馬場の馬場改修により阪神外回りコースが新設され、神戸新聞杯は2007年から阪神芝外回りコースの2400mで開催されていました。

昨年に引き続き神戸新聞杯は、京都競馬場工事により中京競馬場芝2200mで開催されます。

3コーナーから4コーナーの内柵沿いに軽微な傷みがありますが、その他の箇所は良好な状態です。中京競馬場芝Aコースの1周距離は1,705.9m、幅員は28~30m、直線距離は412.5m、高低差は3.5mです。

中京競馬場芝コースの1周距離は阪神競馬場や中山競馬場の内回りコースよりも長く、直線の長さは京都の外回りよりも長いコース形態です。

ローカル競馬は小回りコースのイメージが強いですが、中京競馬場はイメージ以上にサイズが大きい競馬場です。

4コーナーにあるポケットからのスタート。

正面スタンド前直線を走り、1コーナーまでの距離は約500mです。

スタート後約200mで約2.0mの上り坂、その後1から2コーナーのカーブは緩い上り坂で、向こう正面中間の残り1080m地点まで1mの緩い上り坂が続きます。

その後は緩やかな下り坂に入り3から4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。

スパイラルカーブとは、コーナーの入り口は緩やかで、コーナーの出口がきつい特殊な形をしたカーブです。

入り口は緩やかで、スピードを落とさずに進入でき、コーナーの出口は小回りで、スピードにのって進入してきた馬は外へふくらみ、直線はばらけるのでインからの強襲も可能になります。

直線はゴール手前の340m地点から240m地点にかけて高低差2.0m、勾配率2.0%の急坂が待ち受けます。

スタートからゴールまで神戸新聞杯では、この急坂を2回超えることになるため、スタミナと持久力が要求されるタフなコースです。

先週土曜日は芝5レース中4レースで先行馬が勝利、日曜日は6レース中3レースで差し馬が勝利、月曜日5レース中4レースで差し馬が勝利。

開催が進むにつれて外差しが決まりやすい傾向がでています。

内の芝が少し荒れてきています。

神戸新聞杯では大外一気でも決まる馬場で開催されると思われます。

内回り、小回りコースで脚を余して苦戦していた、瞬発力のある馬が神戸新聞杯で狙い目です。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【神戸新聞杯2022予想】データ分析と傾向

神戸新聞杯
神戸新聞杯

神戸新聞杯過去10年単勝オッズ別成績

3.9倍以下は、9勝・2着3回・3着1回・着外3回、勝率75.0%、連対率81.3%、複勝率81.3%。
4.0倍以上は、1勝・2着7回・3着9回・着外106回、勝率0.8%、連対率6.5%、複勝率13.8%。

過去10年の優勝馬のうち9頭は単勝オッズが3.9倍以下でした。
神戸新聞杯過去10年で馬連の万馬券はありませんでした。
神戸新聞杯は平穏で、手堅い決着の傾向が高い重賞です。

神戸新聞杯過去10年単勝人気別成績

1~3番人気は、10勝・2着5回・3着4回・着外11回、勝率33.3%、連対率50.0%、複勝率63.3%。
4~8番人気は、勝・2着回・3着回・着外回、勝率0%、連対率10.0%、複勝率18.0%。
9番人気以下は、勝・2着回・3着回・着外回、勝率0%、連対率0%、複勝率3.4%。

神戸新聞杯過去10年全て勝ち馬は3番人気からでています。

神戸新聞杯過去10年優勝馬の単勝人気と皐月賞と日本ダービーの着順

2012年・ゴールドシップ・1番人気・皐月賞1着・日本ダービー5着
2013年・エピファネイア・1番人気・皐月賞2着・日本ダービー2着
2014年・ワンアンドオンリー・1番人気・皐月賞4着・日本ダービー1着
2015年・リアファル・3番人気・皐月賞出走なし・日本ダービー出走なし
2016年・サトノダイヤモンド・1番人気・皐月賞3着・日本ダービー2着
2017年・レイデオロ・1番人気・皐月賞5着・日本ダービー1着
2018年・ワグネリアン・2番人気・皐月賞7着・日本ダービー1着
2019年・サートゥルナーリア・1番人気・皐月賞1着・日本ダービー4着
2020年・コントレイル・1番人気・皐月賞1着・日本ダービー1着
2021年・ステラヴェローチェ2番人気・皐月賞3着・日本ダービー3着

神戸新聞杯優勝馬10頭9頭は皐月賞または日本ダービーに出走経験があり、9頭全て、皐月賞または日本ダービーで5着以内に入っていました。
日本ダービー5着馬プラダリアが神戸新聞杯に参戦します。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【神戸新聞杯2022予想】本命馬情報

神戸新聞杯
神戸新聞杯

【サトノヘリオス】2度のレコード勝ち

父エピファネイア。母エアマグダラ。母の父サンデーサイレンス。

デビュー戦の2歳新馬(新潟芝1800m)は、スタートで大きく出遅れてしまい4着に敗退。

2歳未勝利(中京芝2000m)は、好スタートから3番手で先行、直線では34秒3のメンバー中最速上がりの末脚で内を突いて抜け出し、高速馬場に対応してレコードタイムで勝利しました。

エリカ賞(1勝クラス・阪神芝2000m)は中団の6番手を追走、4コーナー手前から上がっていき、直線は35秒2のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出して1着、高速馬場に対応して1分59秒7の2歳コースレコードで勝利しました。

ホープフルS(G1・中山芝2000m)はスタートの遅れが全てで13着。

スプリングS(G2・中山芝1800m)は、中団のインコースを追走、直線も内から進出して3着に善戦しました。

皐月賞(G1・中山芝2000)は17着に大敗しました。

前走ラジオNIKKEI賞(G3・福島芝1800m)は、最内枠から控えて中団のインコースを追走、直線入り口で外へ出されて伸びていき、逃げていたショウナンマグマに迫りましたが、クビ差で届かずに3着に好走しました。

2戦連続でレコード勝ちした高いスピード能力があり、神戸新聞杯が末脚を発揮できる展開になれば力強い末脚でまとめて差し切れる能力は十分にあります。

【プラダリア】日本ダービー5着

父ディープインパクト。母シャッセロール。母の父クロフネ。

3走前の3歳未勝利(阪神芝2400m)は、距離延長、重馬場を全く問題にせず7馬身差をつけた見事な勝ち方で潜在能力が高いことを示しました。

そして前々走の青葉賞(G2・東京芝2400m)は5番手で折り合い、1000m通過が1分58秒9の緩みのない上がりのかかる展開で、直線は外から伸びて勝利しました。

日本ダービー(G1・東京芝2400m)は、先行馬からはやや離れた5、6番手を追走、直線に入って、内目からじわじわ伸び、鋭さに欠けましたが5着に善戦しました。

神戸新聞杯優勝馬10頭中9頭は皐月賞または日本ダービーに出走経験があり、9頭全て、皐月賞または日本ダービーで5着以内に入ったデータから、プラダリアが有力になります。

【アスクワイルドモア】中京芝2200mレコード勝ち

父キズナ。母ラセレシオン。母の父ゼンノロブロイ。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)を2分09秒5のJRAレコード、驚異的な時計で外から差し切って勝利しました。

2分09秒5のレコードは自分の走りに徹したことと、2歳から重賞を使われ重賞4戦目の経験が生かされた結果だと思われます。

日本ダービー(G1・東京芝2400m)は、京都新聞杯JRAレコード勝ちから中2週での参戦はさすがに厳しく12着に敗れました。

神戸新聞杯が開催される同じコースで京都新聞杯(G2・中京芝2200m)を2分09秒5のJRAレコード勝ちした実績から神戸新聞杯では勝ち負けは必至になりそうです。

【ジャスティンパレス】G1・2着の実力

父ディープインパクト。母パレスルーマー。母の父Royal Anthem。

2歳新馬(中京芝2000m)は2番手先行から直線では34秒3のメンバー中最速上がりタイの末脚で抜け出して1馬身半差をつけてデビュー戦を快勝しました。

黄菊賞(1勝クラス・阪神芝2000m)は、2番手先行から直線34秒6の末脚で抜け出して勝利、接戦をものにした勝負根性は高く評価できます。

ホープフルステークス(G1・中山芝2000m)は、先行馬のやや後ろの5番手を追走直線、先に抜け出したキラーアビリティを見ながら上がっていき2着に好走して実力を示しました。

皐月賞(G1)9着、日本ダービー(G1)9着と実力を発揮できませんでした。

ホープフルステークス2着の実力馬、スタートさえ綺麗に決まれば神戸新聞杯で好走する可能性は十分にあると思われます。

【ビーアストニッシド】適性距離どうか

父アメリカンペイトリオット。母マオリオ。母の父ネオユニヴァース。

京都2歳S(G3・阪神芝2000m)を逃げて2着、共同通信杯(G3・東京芝1800m)を逃げて3着、スプリングS(G2・中山芝1800m)を逃げて1着。

スプリングS(G2・中山芝1800m)はスタートで躓きましたが果敢に攻めてハナへ、ゴールまでしぶとい脚を使い5番人気で重賞初制覇しました。

皐月賞(G1)11着、日本ダービー(G1)10着とクラシックでは大敗しました。

適性距離は1800m。神戸新聞杯では、やはり距離が長すぎる可能性があります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【神戸新聞杯2022予想】穴馬情報

神戸新聞杯
神戸新聞杯

【ヴェローナシチー】京都新聞杯2着

父エピファネイア。母アモーレエテルノ。母の父ゼンノロブロイ。

すみれS(L・阪神芝2200m)は、スタート遅れて道中は控えて追走、直線、追い上げていき3着に入選しました。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)は2分09秒5のJRAレコード決着から0秒1差の2着に好走しました。

前走白百合S(L・中京芝2000m)は、道中は中団から、直線に入ると内の馬を競り落とし2着に入線。

京都新聞杯で中京芝2200を2分09秒6の好時計で2着した実績から、神戸新聞杯でも好勝負は必至になることが推測されます。

【パラレルヴィジョン】瞬発力級品

父キズナ。母アールブリュット。母の父マクフィ。

デビュー戦の3歳未勝利(中山芝2000m)は、無理はせず後方の9番手に控えて追走から、勝負所での手応えは良くポジションを上げていき直線、内の先行馬を交わして抜け出し1着、いきなり潜在能力が高いことを示しました。

前走の3歳以上1勝クラス(東京芝2000m)は、スタートで遅れて後方8番手を追走、直線は大外から追い込みエイカイマッケンロ、バラジに迫っていき、交わして勝利しました。

直線の瞬発力は一級品です。直線の長い中京コース(神戸新聞杯)なら存分に末脚を発揮できると思われます。

【ボルドグフーシュ】ハイペースなら

父スクリーンヒーロー。母ボルドグザグ。母の父Layman。

今年初戦の3歳1勝クラス(中京芝2000m)は35秒8の末脚で追い込み3着。

3走前のゆきやなぎ賞(1勝クラス・阪神芝2400m)は、4コーナー7番手から33秒3の末脚で差し切って勝利。

前走の京都新聞杯(G2・中京芝2200m)はレコード決着のハイペースを4コーナー12番手から35秒4の末脚を使い3着。

前走の一宮特別(2勝クラス・中京芝2200m)は、道中はじっくり構えて7番手の後方を追走、後半外から押し上げていき、直線、外から手応えよく34秒8の末脚で伸びて抜け出すと差を広げて勝利しました。

直近4走全てでメンバー中最速上がりの末脚を使い2勝・3着2回です。

神戸新聞杯がハイペースでレースが流れれば、ボルドグフーシュが神戸新聞杯でまとめて差し切っても驚けません。

【レヴァンジル】先行力と末脚

父ドゥラメンテ。母トゥリフォー。母の父Frankel。

3走前のゆりかもめ賞(1勝クラス・東京芝2400m)は、距離延長となりましたが、好位の4番手を追走、直線に入っても余力十分で上がっていき、競り勝って勝利しました。

前々走のすみれS(L・阪神芝2000m)は、前走とは一転ペースを落として逃げることができ、直線でも先頭でしたが、ゴール前ポッドボレットに交わされて2着。青葉賞(G2・東京芝2400m)は、好位追走から直線、上がっていきましたが、反応はもうひとつで伸びきれず5着でした。

先行してから、直線でも速い末脚を使えるので、神戸新聞杯中京の長い直線は走りやすいと思われます。

【ジュンブロッサム】距離延長

父ワールドエース。母エンプレスティアラ。母の父クロフネ。

アーリントンC(G3・阪神芝1600m)は4コーナー17番から33秒3のメンバー中最速上がりの末脚で4着まで差を詰めました。

前走3歳1勝クラス(中京芝1600m)は、32秒6のメンバー中最速上がりの末脚を使いましたが4着。

前走の出雲崎特別(1勝クラス・新潟芝1800m)は4コーナー6番手から33秒2の強烈な末脚で差し切って勝利しました。

直線瞬発力勝負の展開なら有力ですが、2200mへの距離に適応できるかが神戸新聞杯で鍵になります。

【3連単6点勝負】ブログの説明と活用方法

1.3連単6点勝負の全体像
2.ブログについて
3.無料メルマガについて
4.有料メルマガについて
5.Twitterについて
6.まとめ

👇👇👇

【神戸新聞杯2022予想】コース適性情報

神戸新聞杯
神戸新聞杯

【アスクワイルドモア】JRAレコード

父キズナ。母ラセレシオン。母の父ゼンノロブロイ。

中京芝2200mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

中京コースは2戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。

芝2200mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

左回りは3戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は33%。

稍重・重・不良馬場は0戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は50%です。

直線での末脚が切れるタイプです。

中京の長い直線は有利になると思われます。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)を2分09秒5のJRAレコードで勝利した実績は重視したが良さそうです。

【ヴェローナシチー】高いコース適性

父エピファネイア。母アモーレエテルノ。母の父ゼンノロブロイ。

中京芝2200mは1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%。

中京コースは2戦0勝・2着2回・3着0回で複勝率は100%。

芝2200mは2戦0勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%。

左回りは2戦0勝・2着2回・3着0回で複勝率は100%。

稍重・重・不良馬場は1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%です。

トータルの複勝率は優秀です。

1勝馬ですが、2着・3着に確実に入線できる高いコース適性があります。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)は2分09秒5のJRAレコード決着から0秒1差の2着に好走したコース適性は軽視できません。

【ボルドグフーシュ】総合力は1番

父スクリーンヒーロー。母ボルドグザグ。母の父Layman。

中京芝2200mは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

中京コースは3戦1勝・2着0回・3着2回で複勝率は100%。

芝2200mは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

左回りは3戦1勝・2着0回・3着2回で複勝率は100%。

稍重・重・不良馬場は0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%です。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)は2分09秒5のJRAレコード決着から0秒3差の3着に好走した実績があります。

中京芝2200m、中京コース、芝2200m、左回りで全て複勝率100%です。

神戸新聞杯で人気になりそうにありませんが、ボルドグフーシュがコース適性からの総合力は1番かとおもわれます。

【コントゥラット】コース巧者

父エピファネイア。母アスクデピュティ。母の父フレンチデピュティ。

中京芝2200mは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

中京コースは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

芝2200mは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

左回りは2戦1勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%。

稍重・重・不良馬場は1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%です。

時計の掛かる馬場での末脚は間違いなく世代ではトップクラスです。

前残りの高速馬場で差し切れる末脚もあります。

一発大穴激走の可能性があるコース巧者です。

【パラレルヴィジョン】豪快な末脚

父キズナ。母アールブリュット。母の父マクフィ。

中京芝2200mは0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

中京コースは0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

芝2200mは0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

左回りは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。稍重・重・不良馬場は0戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%です。コース改修後に行われた中京芝2200mの3歳限定特別戦18レースで、逃げ切り勝ちは2頭だけです。上がり3F1位の馬は10勝・2着5回・3着2回・着外3回で複勝率85.0%と抜群の好走率を誇ります。

無傷2連勝中で、いずれもメンバー中最速上がりの末脚を発揮して後続を引き離す強い競馬内容でまだ底を見せていません。

脚質から中京芝2200m(神戸新聞杯)で豪快に差し切る可能性があります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【神戸新聞杯2022予想】血統情報

神戸新聞杯
神戸新聞杯

【プラダリア】

父ディープインパクト。母シャッセロール。母の父クロフネ。

ラディウス(JRA3勝)の近親。

2代母のリトルオードリーは報知杯4歳牝馬特別(G2)の勝ち馬です。

ディープインパクト×クロフネはレイパパレ(大阪杯)やステファノス(大阪杯2着・天皇賞秋2着)などと同じです。

ディープインパクト×グルームダンサーはスマートレイアー(京都大賞典など重賞4勝)などと同じです。

2400mで2連勝した実績からも長距離適性高く、ここ神戸新聞杯を快勝して菊花賞へ駒をすすめてほしい実力馬です。

【パラレルヴィジョン】

父キズナ。母アールブリュット。母の父マクフィ。

メートルダール(中日新聞杯)、マスターワーク(JRA2勝)の近親。

母アールブリュットはJRA4勝。

母の母イグジビットワンはパオロメザノッテ賞(伊G3・芝2000m)優勝馬です。

父キズナは、ソングライン(安田記念)、アカイイト(エリザベス女王杯)、ディープボンド(阪神大賞典)、ファインルージュ(紫苑S)、アスクワイルドモア(京都新聞杯)を出して種牡馬としての評価も高いです。母系からスタミナも受け継いでおり、中長距離に適応できる血統です。

【ヴェローナシチー】

父エピファネイア。母アモーレエテルノ。母の父ゼンノロブロイ。

シュペルミエール(JRA5勝)、グランデマーレ(JRA5勝)の近親です。

エピファネイア×ゼンノロブロイはシーズンズギフト(JRA2勝)と同じ。

父エピファネイアからスタミナ、母系中距離向きのパワーを受け継いでおり芝2200mに懸念がない血統配合です。

【アスクワイルドモア】

父キズナ。母ラセレシオン。母の父ゼンノロブロイ。

母ラセレシオンはペルーサ(青葉賞)の全妹でパシャドーラ(JRA3勝)の半妹です。

近親にアルファフォーレス(JRA3勝)などがいます。

サンデーサイレンス×サンデーサイレンスの配合で、サンデーサイレンス25.00%3×3のサンデーサイレンスの濃厚なクロスで非常に高い潜在能力を受け継いでいます。

京都新聞杯(G2・中京芝2200m)を驚異的な時計2分09秒5のJRAレコードを叩き出したことはそれを証明しています。

【ボルドグフーシュ】

父スクリーンヒーロー。母ボルドグザグ。母の父Layman。

母ボルドグザグはレゼルヴォワール賞(仏G3)優勝馬。

今年の日本ダービー2着馬イクイノックスと同じBelga牝系。

母父レイマンはサンデーサイレンス産駒で、Hail to Reason×Hail to Reasonの配合。

スクリーンヒーローの母の父サンデーサイレンスでサンデーサイレンス25.00%3×3のサンデーサイレンスの濃厚なクロスがあります。

とびが大きく血統的に広いコースでの中長距離に向いている配合です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【神戸新聞杯2022枠順確定】

1-1 リカンカブール(藤岡康太)
1-2 ボルドグフーシュ(吉田隼人)
2-3 ミスターホワイト(松若風馬)
2-4 コントゥラット(北村友一)
3-5 ヴェローナシチー(団野大成)
3-6 ヤマニンゼスト(武豊)
4-7 ジャスティンパレス(鮫島克駿)
4-8 メイショウラナキラ(秋山真一郎)
5-9 サトノヘリオス(浜中俊)
5-10 レヴァンジル(M.デムーロ)
6-11 パラレルヴィジョン(C.ルメール)
6-12 ジュンブロッサム(坂井瑠星)
7-13 ビーアストニッシド(岩田康誠)
7-14 プラダリア(池添謙一)
8-15 アイキャンドウイッ(和田竜二)
8-16 アスクワイルドモア(岩田望来)
8-17 サンセットクラウド(幸英明)