平安ステークス

平安ステークス2020予想本命馬と傾向

平安ステークスは、7年前から5月に移動し、距離も100m延長されました。平安ステークス過去7年、馬体重が500キロ以上だった馬が5勝、その内4勝は520キロ以上の大型馬が優勝しています。平安ステークス過去7年、前走が中山競馬場、京都競馬場だった馬は全敗です。阪神競馬場だった馬が4勝、東京競馬場だった馬が2勝、地方競馬だった馬が1勝しています。狙いは520キロ以上の大型馬で、前走阪神競馬場で勝ち負けした馬が狙い目になりそうです。前走の仁川ステークス(阪神競馬場ダ2000m)で勝利、馬体重が前走時546キロだったヒストリーメイカーが狙い馬になります。

平安ステークス2020予想オッズ

人気順馬名予想オッズ
1オメガパフューム2.7
2ゴールドドリーム3.6
3ロードレガリス4
4スワーヴアラミス5.2
5ヴェンジェンス7.8
6スマハマ28.8
7ハヤヤッコ32.1
8マグナレガーロ37.3
9ヒストリーメイカー67.5
10アシャカトブ98.9
11ミツバ125.1
12ダンツゴウユウ316.4
13アッシェンプッテル337.7
14メイショウウタゲ506.2
15ヒロブレイブ1004.6
平安ステークス2020予想オッズ

【オメガパフューム】の競走馬情報です。

父スウェプトオーヴァーボード。母オメガフレグランス。母の父ゴールドアリュール。
東京大賞典競走を連覇、帝王賞競走とG1を3勝している実力馬です。2019年は休み明け初戦の平安ステークス3着からG1帝王賞競走を優勝しました。今回も休み明け初戦になり、叩きレースの意味合いもありそうです。これまでの勝利全7勝は前走から馬体重が減っていました。休み明けの馬体重増加なら着までになる可能性もあります。適度な馬体重減で絞り込まれていれば、平安ステークスで勝ち負けになりそうです。

【ゴールドドリーム】の競走馬情報です。

父ゴールドアリュール。母モンヴェール。母の父フレンチデピュティ。
フェブラリーステークス、チャンピオンズカップ、かしわ記念2勝、帝王賞競走でG1を5勝の実績は平安ステークス出走メンバー中でも最上位です。今回は海外遠征から帰国初戦となり、疲れが抜けているかが、勝ち負けの鍵になりそうです。1800mがベストの距離ですが、平安ステークスの1900mは守備範囲です。揉まれ弱さはあるので、直線で外に持ち出す走りが、勝利の方程式です。

【ロードレガリス】の競走馬情報です。

父ハーツクライ。母ディマーメイド。母の父Fusaichi Pegasus。
地方競馬を含めて目下ダート6連勝中と勢いに乗っている上昇馬です。しかも6連勝したすべてで、上がり3Fメンバー中最速上がりの末脚を使っている砂の猛者です。初重賞挑戦になります。6連勝した内容から、一線級強豪馬相手の一戦となりますが、好勝負は必至です。ハーツクライ産駒で晩成型の血統で、ここにきて本格化しています。

【ヒストリーメイカー】の競走馬情報です。

父エンパイアメーカー。母チヨノドラゴン。母の父バブルガムフェロー。
重賞初挑戦だった2走前の東海ステークス(京都競馬場ダ1800m)は勝ち馬と0秒7差の6着は、まずまずの内容でした。前走の仁川ステークス(阪神競馬場ダ2000m)は、外枠から7番手で控えて、前と大きくは離れずに追走。4コーナーは外から上がっていき、直線でも外から抜け出して、オープン初勝利をおさめました。有力馬のほとんどは休養明けなのに対して、ヒストリーメイカーは順調に使われてきた強みがあります。

【スワーヴアラミス】の競走馬情報です。

父ハーツクライ。母ベイトゥベイ。母の父Sligo Bay。
2019年の夏以降は、6戦4勝・2着1回・3着1回と、ハーツクライ産駒特有の成長力で、5歳を迎えて本格化の気配が漂います。前走のマーチステークス(中山競馬場ダ1800m)は、先行力をいかして3番手の好位を追走、勝負所で上がっていき、クリンチャーとの激しい叩き合いを制して優勝しました。ゴール前で見せた勝負根性は正にG1級でした。

【3連単6点通常コース】5月2日3日

【3連単6点通常コース】
購入レース⇒37レース
的中レース⇒4レース
購入金額(1点100円で試算)⇒22200円
払い戻し金額⇒53640円
レース的中率⇒10.8%
回収率⇒241.6%
収支⇒31440円プラス
 
1点 100円で⇒ 31440円プラス
1点 200円で⇒ 62880円プラス
1点 500円で⇒ 15720円プラス
1点1000円で⇒314400円プラス

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。