根岸ステークス2020予想本命馬競馬情報

根岸ステークス2020予想本命馬(東京競馬場ダート1400m左)

根岸ステークスの出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。根岸ステークスの競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。コパノキッキング、ミッキーワイルド、ワンダーリーデ、モズアスコット、ワイドファラオ。根岸ステークス出走馬のJRA中央競馬情報です。

【③ミッキーワイルド】
2走前のプロキオンステークスを強敵相手に2着に好走しました。前走霜月ステークスは休み明けでしたが、外を回って差し切って勝ちました。東京競馬場ダート1400mは3戦2勝・3着1回の得意コースです。またダート転向後9戦3勝・2着5回・3着1回で100%の複勝率を誇ります。4走ぶりにM.デムーロ騎手が騎乗します。

【④ワンダーリーデル】
2走前の武蔵野ステークス(東京競馬場ダート1600m)をメンバー中最速上がりの35秒0の末脚で差し優勝しました。チャンピオンズカップは11着に敗れましたが、敗因は距離とコーナーが4回あるコースが合わなかったことです。これまで5勝を挙げているダート1400mに距離短縮することで潜在能力を最大限出し切きって根岸ステークスでの巻き返しが期待されます。

【⑤コパノキッキング】
2走前JBCスプリント2着、前走カペラステークスは最も重い斤量58kgを背負って藤田菜七子騎手とのコンビで強い競馬内容連覇しました。今回の根岸ステークスは昨年コパノキッキングを優勝へと導いたO.マーフィー騎手が騎乗します。全9勝中8勝は1200m以下の距離で挙げていますが、昨年根岸ステークスを勝利しており、距離延長に不安はありません。

【⑥ワイドファラオ】
初めてのダートで重賞ユニコーンステークスを逃げって優勝しました。前走のG1チャンピオンズカップは14着に大敗してますが、テレ玉杯オーバルスプ2着、みやこステークス5着と実力は示しています。休み明け4歳、重賞2勝馬で古馬になっての成長力に期待できそうです。

【⑪モズアスコット】
一昨年の安田記念を制覇したG1馬です。以後はマイルを中心に使われて苦戦していますがスワンステークスを2年連続2着、距離は1400mがベストの距離と思われます。初めてのダートで走ってみないとわからないですが、前走マイルチャンピオンシップからの距離短縮はプラス材料になります。芝からダートへ替わり根岸ステークスで大きな変わり身を見せる可能性もあるでしょう。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。