シルクロードステークス2020コース解説

シルクロードステークス2020・京都競馬場1200m芝右回りコースの解説

シルクロードステークス京都競馬場の内回りコースは1周距離が1782.86m、直線の長さは329.1mと短くなっています。

3コーナー手前から上がり4コーナーにかけて坂を下りゴール前の直線は平坦で329.1mと短めです。

シルクロードステークスは、上がりの時計が速い決着になる傾向にあります。

京都競馬場1200mのコース形態は、向正面直線の坂下からスタートで約100mの上り坂があり、3コーナーまでは316m。

スタート直後の上り坂の影響でテンはあまり速くなりくいですが、後半3Fが極端に速くなります。

直線は短く329.1mで平坦。3コーナーら4コーナーのカーブが小回りで急カーブのため外にふくれます。

先行力と強力な瞬発力が要求されるコースだけに経済コースを走れる内枠の逃げ・先行馬が圧倒的に有利になります。

過去10年シルクロードステークスの優勝馬はすべて単勝4番人気以内、単勝オッズでは10倍未満で人気馬の信頼度は高いです。

しかし単勝5番人気以降の馬が9頭3着に入っており、着穴波乱傾向が顕著に見られます。

その内単勝50倍以上の馬が5回3着に来ている点は重視した方がいいかもしれません。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。