シルクロードステークス2020予想

シルクロードステークス2020予想本命馬(京都競馬場芝1200m)

シルクロードステークスの出走馬から有力な競走馬5頭をピックアップ。シルクロードステークスの競馬予想に役立つ競馬予想情報を詳しく解説します。モズスーパーフレア、レッドアンシェル、ディアンドル、アウィルアウェイ、カラクレナイ。シルクロードステークス出走馬のJRA中央競馬情報です。

【①レッドアンシェル】
現在6戦連続で1番人気に支持されている、期待の大きい実力馬です。2走前彦根ステークス(京都競馬場芝1200m)、前走CBC賞(中京競馬場芝1200m)を見事な末脚で差し切って2連勝中の昇り馬です。前走CBC賞は不良馬場でした、今の時計のかかり気味の京都競馬場の馬場はレッドアンシェルに合いそうです。S.フォーリー騎手への乗り替わりも大きなプラスになりそうです。

【②カラクレナイ】
京都競馬場芝1200m開催のオパールステークス、京阪杯、淀短距離ステークスを3戦連続3着。末脚は切れるタイプではありませんが、高いレベルでスピードを持続できます。勝ち負けになると決め手が不足していますが、3着入賞なら可能性は高くなります。5歳牝馬で25戦は少し使われすぎ、見えない疲労蓄積が懸念されます。

【③モズスーパーフレア】
昨年オーシャンステークスを勝ち重賞初制覇達成しました。2走前のハイペースのスプリンターズステークスを逃げて勝ち馬タワーオブロンドンと0秒1差の2着してG1でも通用する実力があることを示しました。前走の京阪杯をスムーズに先手をとって逃げましたが、内ラチが荒れていた馬場に足元をとられて本来のスピード能力をだせず8着に敗れました。京都競馬場芝コースは4戦3着1回と連対実績がなく、コース適性に若干懸念が残ります。

【⑧アウィルアウェイ】
2走前のオパールステークス(京都競馬場芝1200m)は、斤量52キロの恩恵もありましたが、18頭フルゲートで古馬相手に勝ちスピード能力が高いことを示しました。京阪杯(京都競馬場芝1200m)は、勝ち馬から0秒4差の4着に敗れましたが、0秒4差は出遅れた分と考え、スタートさえ普通にできれば、ここシルクロードステークスで勝ち負けになることが推測されます。

【⑬ディアンドル】
デビュー2戦目から5連勝した潜在能力が高い期待の資質馬です。2走前の北九州記念(小倉競馬場芝1200m)は3歳牝馬で古馬との闘いに果敢に挑んで2着に好走しました。前走のスプリンターズステークスは13着に大敗しましたが、G3レベルのあまり速くならない展開ならば、シルクロードステークスで十分勝ち負けになりそうです。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。