ジャパンカップ

ジャパンカップコース解説(東京芝2400m)

東京芝2400m
東京芝2400m

ジャパンカップは、東京開催8週目、先週からCコースを使用され、柵の移動により傷んだ箇所は概ねカバーされましたが、正面直線の内柵沿いに軽微な傷みがあり外差しが決まりやすい馬場状態です。

ジャパンカップが開催される、東京競馬場芝Cコースの1周距離は2,120.8m、幅員は25~35m、直線距離は525.9m、高低差は2.7mです。

ジャパンカップは平均的には、2分24秒台の決着で、速ければ23秒台の時計が出ます。

ジャパンカップ過去10年の走破時計は、2分20秒6から2分26秒1の間で推移しています。

馬場状態で大きくペースが変わってきます。

ジャパンカップのスタート地点は正面スタンド前の直線からです。

最初の1コーナーまでの距離は約313mです。

1コーナーから向正面半ばにかけて高低差1.9mの長い下り坂が続きます。

その直後、3コーナーの手前には、高低差1.5mの上り坂が待ち受けます。

坂を上りきった後は短い平坦部分を挟んで3コーナーにかけて約2m下り勾配が続き、4コーナーは若干の上り勾配になっています。

残り1100m地点から3コーナーにかけての約2mの下り坂で勢いをつけて一気に加速してのロングスパートの仕掛け合いになります。

ゴール前の直線距離は525.9mです。残り460m地点から300m地点にかけては2つめの上り坂は、160mで高低差2.1mのなだらかな上り坂を上がります。

中山や阪神に比べると勾配は緩やかでも、高低差2.1mの坂を上った後も、小回りコースの直線の長さとほぼ同じ300mを全力で走ることが要求されます。

東京芝2400mは、最高の戦いを世界に示す舞台なので先行争いは激しく、600m通過後からペースは落ち着き向正面直線ではゆったりと流れますが、ジャパンカップは全体的に11秒台から12秒台のラップを持続する厳しい展開になることが予想されます。

残り1100m地点の下り坂あたりから徐々にペースアップして11秒台のラップが連続する厳しい流れになっていきます。

この厳しい流れについていける末脚の持続力と鋭い瞬発力が求められます。

直線だけのよーいドンの末脚比べの緩い展開になることはありません。

世界レベルの高い能力が必要で、流れが向いたので勝てたとかになることはなく、極めて高いレベルの瞬発力が勝敗を決める厳しい戦いになります。

高速ラップを刻むので逃げ切りは非常に難しく、先行馬は並大抵の先行力では残れません。

まくり、追い込みも厳しく2012年にオルフェーヴルがかろうじて2着に好走したくらいです。

コース形態上、中心は差し脚質になります。4コーナー出口で、ある程度の順位と馬場の良いところを確保できる騎手の瞬時の判断力も勝ち切る重要なファクターになります。

ジャパンカップ過去10年の優勝騎手は外国人騎手6勝、岩田康誠騎手1勝、武豊騎手1勝、池添騎手1勝、福永騎手1勝です。

ジャパンカップは、外国人騎手が圧倒的に強い傾向が顕著に出ています。

ジャパンカップ最近5年は外国人騎手が4勝を挙げています。

ジャパンカップ過去10年1枠4勝、2枠2勝、3枠1勝と内枠に入った馬が7勝を挙げていることから、圧倒的に内枠が有利です。

ジャパンカップは、高次元の瞬発力と持続力が問われる国内最高峰のG1レースです。

極めて高いレベルが求められるので、中途半端な実力では通用しません。

ジャパンカップは世界レベルの瞬発力勝負に対応できるかが最大のポイント、東京コースへの適性と実績があることも極めて重要です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

https://twitter.com/tvtokyokeiba/followers

【ジャパンカップ2022予想】データ分析と傾向

ジャパンカップ
ジャパンカップ

ジャパンカップ過去20年外国馬成績

外国馬は、【2.1.1.77】で勝率2.5%、連対率3.7%、複勝率4.9%。
日本馬は
関東馬が 【4.3.5.56】 連対率10.3%。
関西馬が 【14.15.14.133】で連対率16.5%。
地方馬が 【0.1.0.6】連対率14.2%。

外国馬は、 2019年に初めて参戦がありませんでした。
2020年は1頭、2021年は3頭でした。
外国馬は苦戦傾向にあり、2005年アルカセット以来、優勝がなく、2006年3着のウィジャボード以降は馬券に絡んでいません。

ジャパンカップ過去20年騎手成績

外国人騎手は 【7.5.7.92】 で勝率6.3% 連対率10.8%、複勝率17.1%

ルメール騎手【3.4.0.10】
岩田康騎手【3.1.1.7】
武豊騎手 【3.0.2.12】
デットーリ騎手2勝.
最近5年は外国人騎手が4勝を挙げています。

ジャパンカップ過去20年枠番成績

1枠馬は【7.4.3.22】
1枠が最多勝で、勝率19.4%、連対率30.6%、複勝率38.9%も全てトップです。
2枠馬【3.0.4.31】勝率2位、勝率7.8%。
3枠馬【3.1.5.30】連対率2位、連対率10.2%。
5枠馬【1.6.1.31】複勝率2位、複勝率20.5%。

1枠が圧倒的の好成績です。

ジャパンカップ過去20年馬番成績

ジャパンカップ過去10年馬番成績
1番が【5.2.2.11】 で最多勝。勝率25% 連対率35%、複勝率45%。
1番が3勝で2位。
4.5.6.15番が2勝。
16番が【1.3.0.12】 で連対率25%。

基本的には内枠有利です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【ジャパンカップ2022予想】本命馬5選情報

ジャパンカップ
ジャパンカップ

【シャフリヤール】JC昨年3着

父ディープインパクト。母ドバイマジェスティ。母の父Essence of Dubai。

海外遠征を挟んで臨んだ前走の天皇賞秋は5着。

好スタートから5番手でパンサラッサを追いましたが勝ち馬イクイノックスから0秒6差と伸び切れず5着でした。

ただ、シャフリヤールにとってジャパンカップが秋の最大の目標だったので、4か月ぶりに天皇賞秋を使ったことで状態面は確実に上昇しています。

ある程度、ためた方が切れるタイプ。昨年のジャパンカップはコントレイル、オーソリティの3着。

G1ドバイシーマクラシックを制覇して、確実に実力をつけています。

大目標のジャパンカップは、万全の状態で高いポテンシャルを発揮してくることが推測されます。

【ダノンベルーガ】天皇賞秋強豪古馬相手に3着

父ハーツクライ。母コーステッド。母の父Tizway。

前走の天皇賞秋は中団後方11番手で脚をため、直線は馬郡を割って内を突き、イクイノックス、パンサラッサには届きませんでしたが、3着と実力がついてきたことを示しました。

天皇賞秋では32秒8の鋭い末脚を使っており、東京コースの長い直線は合っています。

デビュー2連勝で出世レースの共同通信杯を優勝。

皐月賞では直線で外を回った馬が有利な馬場の荒れた内から抜け出し4着。

日本ダービーは4着に敗れましたが、1番人気に支持された非常に潜在能力が高い馬です。

距離が400m長くなることはダノンベルーガにとってプラスに向く好材料です。

世界の強豪相手に、真価を発揮してのジャパンカップ制覇に期待がかかります。

【ヴェラアズール】芝に転向して5戦3勝

父エイシンフラッシュ。母ヴェラブランカ。母の父クロフネ。

前走の京都大賞典は重賞初挑戦で2番人気に支持され、33秒2の強烈な末脚の圧倒的なスピードで2馬身半差をつけて圧勝しました。

5戦前に芝へ路線変更後は5戦3勝・3着2回、全てで上がり3Fはメンバー中最速上がりの末脚を使っています。

東京芝2400mでは2戦2勝、実力は未知数ですが、世界の強豪馬相手のジャパンカップで1発激走の可能性は十分にあると思われます。

ダートでの経験が豊富なので,上がりのかかる展開になったほうがより強い競馬ができるかもしれません。

【ヴェルトライゼンデ】ダービー3着馬

父ドリームジャーニー。母マンデラ。母の父Acatenango。

一昨年のクラシックは、皐月賞8着、日本ダービー3着、菊花賞7着と健闘しました。

4歳時は右前脚屈腱炎で長期離脱。

約1年4カ月ぶりの復帰戦となった今年の鳴尾記念を快勝して、潜在能力が高いことを十分に示しました。

前走のオールカマーはインコースが有利の馬場と展開に苦戦、外々を回っての7着は、度外視して良さそうです。

日本ダービーでコントレイル世代の3着馬、実績のある東京芝2400mなら1発の可能性は十分にありそうです。

【デアリングタクト】 中1週

父エピファネイア。母デアリングバード。母の父キングカメハメハ。

一昨年は無敗で牝馬三冠を達成して挑んだ世紀の一戦のジャパンカップでは、アーモンドアイ、コントレイルに次ぐ3着に入りました。

その後に勝利はありませんが、宝塚記念は3着に入りG1で勝ち負けできるまで調子を上げています。

エリザベス女王杯は1番人気に支持されましたが、重馬場で末脚を発揮できず脚を余しての6着でした。

ジャパンカップが良馬場であれば、馬券に絡んでくる可能性は大きいはずです。

但し、エリザベス女王杯から中1週は、やはり懸念材料です。

【ジャパンカップ2022予想】穴馬5選情報

ジャパンカップ
ジャパンカップ

【ユーバーレーベン】得意舞台

父ゴールドシップ。母マイネテレジア。母の父ロージズインメイ。

東京芝2400mでは昨年のオークスを優勝し、ジャパンカップは6着に好走しています。

札幌記念11着から22キロ減で挑んだ天皇賞秋は14番手追走から直線で差を詰めて8着と見せ場はつくり、ジャパンカップへつながるレースは出来ました。

ジャパンカップ過去10年牝馬の成績は【5.2.1.15】で勝率21.7%、連対率30.4%。

天皇賞秋過去10年は牝馬の成績は2勝(勝率14.3%)、有馬記念過去10年は牝馬の成績は3勝(勝率9.7%)で、ジャパンカップは牝馬の好走率が高いレースです。

天皇賞秋でのダメージはなく、オークスを制覇した得意舞台なら巻き返しての1発激走があっても驚けません。

【テーオーロイヤル】長距離戦での勝利実績

父リオンディーズ。母メイショウオウヒ。母の父マンハッタンカフェ。

昨年の秋から4連勝でダイヤモンドステークスを制覇、続く天皇賞春は3着した逸材。

今年の秋はオールカマー5着、アルゼンチン共和国杯6着と結果が出ていませんが、前走のアルゼンチン共和国杯は、直線でごちゃついた時に接触して外傷を負う不利があったことが敗因です。

これまでの成績は12戦5勝ですが、G1勝利もなく人気薄になりそうです。

長距離戦での勝利実績からジャパンカップがスタミナ勝負になれば一発が期待できるかもしれません。

【カラテ】一流マイラー

父トゥザグローリー。母レディーノパンチ。母の父フレンチデピュティ。

一流マイラーのカラテは、前々走で中距離重賞新潟記念に挑戦。

見事芝2000mの新潟記念快勝をして、中距離適性があることを示しました。

続く前走、天皇賞秋でも直線でしぶとく伸びて6着にまとめました。

スタミナがあるので400mの距離延長になりますが、前でしぶとさを生かした走りができればジャパンカップでも好勝負も十分可能です。

【ユニコーンライオン】中1週

父No Nay Never。母Muravka。母の父High Chaparral。

前走の福島記念を逃げ切って優勝して復活を遂げて、ジャパンカップに参戦するユニコーンライオンに注目です。

矢作調教師は、距離が長いことを含めても馬券に絡む可能性があるから福島記念優勝から中1週の出走を決断。

昨年の宝塚記念は逃げて2着に好走した実力馬、侮れません。

【ハーツイストワール】東京巧者

父ハーツクライ。母レツィーナ。母の父キャプテンスティーヴ。

前走のアルゼンチン共和国杯では直線で不利を受けながら、しぶとく脚を伸ばして2着に食い込みました。

東京コースは【3.6.0.1】と連対率90%の好相性を誇ります。

今年2月の早春ステークスを勝利して、6歳でようやくオープン入りした晩成タイプです。天皇賞は16着に敗れましたが、札幌日経オープン優勝、アルゼンチン共和国杯2着と、着実に実力をつけています。

2着、3着で穴をあける可能性は十分にあります。

無料メルマガ2022年2月

【ジャパンカップ2022予想】コース適性馬5選情報

ジャパンカップ
ジャパンカップ

【ダノンベルーガ】持ち時計1位

父ハーツクライ。母コーステッド。母の父Tizway

東京芝2400mは【0.0.0.1】で複勝率は100%。

東京芝コースは【2.0.1.1】で複勝率は75%。

芝2400m【0.0.0.1】で複勝率は0%。

左回りは【2.0.1.0】で複勝率は75%。

稍重・重・不良馬場は【1.0.0.0】で複勝率は100%です。

東京開催重賞は共同通信杯1着、日本ダービー4着、天皇賞秋着と東京コースへの適性に懸念はありません。

今年の日本ダービーは近年稀にみるハイレベルレースでした。

日本ダービー2着馬イクイノックスは天皇賞(秋)優勝、日本ダービー3着馬アスクビクターモアは菊花賞優勝しており、日本ダービー4着馬ダノンベルーガの実力も高く評価できます。

【シャフリヤール】持ち時計2位

父ディープインパクト。母ドバイマジェスティ。母の父Essence of Dubai。

東京芝2400mは【1.0.1.0】で複勝率は100%。

東京芝コースは【1.0.2.1】で複勝率は75%。

芝2400m【1.0.1.0】で複勝率は100%。

左回りは【2.0.2.2】で複勝率は67%。

稍重・重・不良馬場は【0.0.0.1】で複勝率は0%です。

昨年の日本ダービーを優勝した時計2分22秒5は、ジャパンカップ過去10年の時計と比較すると2位に相当する申し分ない持ち時計です。

芝2410mのG1ドバイシーマクラシックを優勝した実績から距離適性も非常に高いことが推測されます。

【デアリングタクト】 持ち時計3位

父エピファネイア。母デアリングバード。母の父キングカメハメハ。

東京芝2400mは【1.0.1.0】で複勝率は100%。

東京芝コースは【1.0.1.1】で複勝率は75%。

芝2400m【1.0.1.0】で複勝率は100%。

左回りは【1.1.1.1】で複勝率は75%。

稍重・重・不良馬場は【2.1.0.0】で複勝率は100%です。

東京芝2400m開催重賞はオークス優勝、ジャパンカップ3着で複勝率は100%と抜群のコース適性を誇ります。

ジャパンカップ過去10年牝馬が5勝、牝馬特有の瞬発力を発揮しやすいレースです。

【ハーツイストワール】持ち時計5位

父ハーツクライ。母レツィーナ。母の父キャプテンスティーヴ。

東京芝2400mは【3.1.0.1】で複勝率は80%。

東京芝コースは【3.6.0.1】で複勝率は90%。

芝2400m【3.1.0.1】で複勝率は80%。

左回りは【3.7.0.1】で複勝率は91%。

稍重・重・不良馬場は【1.0.0.2】で複勝率は33.3%です。

近2走は札幌日経OP(芝2600m)1位、アルゼンチン共和国杯(芝2500m)2位に入賞してスタミナが豊富であることを示し、スタミナ消耗戦のジャパンカップに繋がるレースが出来ました。

東京芝2400mへのコース適性は出走中で間違いなく上位です。

【ユーバーレーベン】持ち時計7位タイ

父ゴールドシップ。母マイネテレジア。母の父ロージズインメイ。

東京芝2400mは【1.0.0.1】で複勝率は50%。

東京芝コースは【2.0.1.3】で複勝率は50%。

芝2400m【1.0.0.1】で複勝率は50%。

左回りは【2.0.1.1】で複勝率は43%。

稍重・重・不良馬場は【0.0.0.1】で複勝率は0%です。

昨年のオークス馬。昨年ジャパンカップ6着、芝2410mのG1ドバイシーマクラシック5着に好走していることから、コース適性に懸念なく、巻き返しての好走の可能性は十分あると思われます。

【ジャパンカップ2022予想】血統馬5選情報

ジャパンカップ
ジャパンカップ

【シャフリヤール】ディープインパクト産駒4勝

父ディープインパクト。母ドバイマジェスティ。母の父Essence of Dubai。

昨年のジャパンカップ3着馬。

アルアイン(皐月賞、大阪杯)やダノンマジェスティ(JRA4勝)の全弟で、アルナシーム(JRA3勝)の近親。

母ドバイマジェスティはBCフィリー&メアスプリント(米国G1・ダ7F)勝ち馬。

母父Essence of Dubaiは米国重賞4勝。

ディープインパクトの産駒は、コントレイル、ジェンティルドンナ、ショウナンパンドラ、ジェンティルドンナ4勝。

東京芝2400mはベストの距離の血統です。

【ダノンベルーガ】胴長

父ハーツクライ。母コーステッド。母の父Tizway。

ハーツクライ産駒は東京コースを得意にしています。

スワーヴリチャード、シュヴァルグランがジャパンカップを制覇、ジャスタウェイが2着。

レイヴンランS(米G2・ダ7F)2着マリブステイシーの近親。

母コーステッドはBCジュヴェナイルフィリーズターフ(米G1・芝8F)2着、BCフィリーズターフ(米G1・芝8F)2着。

母母マリブピアーはサンタアナS(米G2・芝9F)などのG2を2勝。

母父TizwayはメトロポリタンH(米G1・ダ8F)とホイットニーH(米G1・ダ9F)を優勝。

ダノンベルーガは、母系にニジンスキーが入るハーツクライ産駒で、胴が長く、トップスピードにのるまで時間がかかるので、直線が長い東京コースに向いています。

【ヴェルトライゼンデ】スタミナ

父ドリームジャーニー。母マンデラ。母の父Acatenango。

ワールドプレミア(菊花賞、天皇賞春)やワールドエース(読売マイラーズカップ)の半弟。

ジャックルマロワ賞、イスパーン賞、プリンスオヴウェイルズSのG1を3勝したManduroが叔父にいます。

母マンデラは独オークス3着で、スタミナを伝える血脈です。

父ドリームジャーニーはオルフェーヴル全兄。

昨年ジャパンカップの2着馬はオルフェーヴル産駒のオーソリティでした。

父系、母系ともに東京芝2400mへの適性は高い血統です。

【ボッケリーニ】中距離血統

父キングカメハメハ。母ポップコーンジャズ。母の父ダンスインザダーク。

ラブリーデイ(宝塚記念、天皇賞秋)やパンコミードの(JRA3勝)全弟で、クーデグレイス(JRA4勝)の甥でフラーズダルム(JRA4勝)やヘイルメリー(JRA3勝)の近親です。

母ポップコーンジャズはオークス6着。

キングカメハメハ×ダンスインザダークはユーキャンスマイル(ダイヤモンドS、新潟記念、阪神大賞典)やショウリュウムーン(チューリップ賞、京都牝馬S、朝日チャレンジC)と同じ組み合わせです。

中距離血統で芝2400mは微妙に長い可能性があります。

【デアリングタクト】 ニジンスキー

父エピファネイア。母デアリングバード。母の父キングカメハメハ。

母母デアリングハートはピットファイター(ダート重賞3勝)やサクラシーキング(JRA4勝)の兄弟でクイーンS、府中牝馬S(連覇)の勝ち馬です。

父エピファネイアは、日本ダービー2着、菊花賞優勝、ジャパンカップを優勝した豊富なスタミナを伝える種牡馬です。

父の母シーザリオはオークスとアメリカンオークスを制覇した歴史に残る日米オークス馬で、ニジンスキーの血統を持つことから豊富なスタミナを伝えます。

母系はマイラー血統ですが、高い長距離適性を伝えるエピファネイアが配合されたことで長距離適性が高い血統になっています。

【ジャパンカップ2022枠順確定】

1-1 シムカミル(G.ブノワ)
1-2 オネスト(C.ルメール)
2-3 ヴェルトライゼンデ(D.レーン)
2-4 トラストケンシン(丸田恭)
3-5 グランドグローリー(M.ギュイヨン)
3-6 ヴェラアズール(R.ムーア)
4-7 テュネス(B.ムルザバエフ)
4-8 デアリングタクト(T.マーカンド)
5-9 ユニコーンライオン(国分優作)
5-10 ハーツイストワール(武豊)
6-11 カラテ(菅原明良)
6-12 シャドウディーヴァ(松山弘平)
7-13 テーオーロイヤル(菱田裕二)
7-14 ダノンベルーガ(川田将雅)
7-15 シャフリヤール(C.デムーロ)
8-16 リッジマン(石川裕紀人)
8-17 ユーバーレーベン(M.デムーロ)
8-18 ボッケリーニ(浜中俊)