エルムステークス

エルムステークスコース解説(札幌ダ1700m右)

札幌ダ1700m
札幌ダ1700m

札幌競馬場ダートコースの1週距離は1487.2m、幅員は20m、直線距離は264.3m、高低差は0.9mです。1周の距離は、ローカルのダートでは中京競馬場に次ぐ大きさですが、直線の長さは264.3mと東京競馬場ダートコースの直線の長さ501.6mの約半分とかなり短い直線になっています。

中京競馬場ダートコースは1周距離が1530m、直線の長さが410.7mです。

札幌競馬場と中京競馬場を比較すると札幌競馬場がいかにまるっこい独特なコース形態をした競馬場なのかが分かります。

コーナー部分の占める割合が多いため、外を回れば回るほど距離的なロスが大きくなってしまいます。

コーナーでの機動力に加えて騎手の手腕が大きく勝ち負けに影響してきます。

コーナーが緩やかで、更に直線距離が264.3mと短いため好位から長くいい脚を使える逃げ・先行馬が有利な傾向があります。

その反面、緩いカーブで一気に捲くり直線入口で好位につける馬が馬券に絡むパターンもあるので追い込み馬にも注意は必要です。

総合判断はスタートからゴールまで高いレベルでスピードを持続する豊富なスタミナを持った馬の好走度が高い傾向があります。

まるっこい独特なコース形態でコーナー部分占める割合が多いため、コーナーワークの上手さ、コーナーで加速できる機動力がある馬が、エルムステークスコースへのレース適性が高いことが推測されます。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【エルムステークス2022予想】データ分析と傾向

エルムステークス
エルムステークス

函館競馬場で代替された2013年と昨年を含む過去10年を中心に分析します。

エルムステークス過去10年単勝人気別成績

1番人気は、2勝・2着1回・3着3回・着外4回、複勝率60%。
1~4番人気では、9勝・2着5回・3着4回・着外22回、複勝率45%。
7番人気は、1勝・2着1回・3着1回・着外7回、複勝率30%。

1~4番人気が優勝馬10頭中9頭を占めています。
昨年のエルムステークスは4→7→11番人気で3連単19万馬券でした。
7番人気の複勝率が良い。

エルムステークス過去10年年齢別成績

4歳は、4勝・2着1回・3着2回・着外10回、複勝率41.2%。
5歳は、4勝・2着3回・3着4回・着外21回、複勝率34.4%。
6歳以上は、2勝・2着6回・3着4回・着外71回、複勝率14.5%。

4歳、5歳馬が好成績
6歳以上が好走した12頭中11頭は5番人気以内で人気薄の好走は少ないレースです。

エルムステークス過去10年前走クラス別成績

前走オープン特別組6勝・2着3回・3着2回・着外45回、複勝率%19.6。

前走JRA重賞組は、1勝・2着5回・3着4回・着外32回、複勝率23.8%。
前走地方競馬組は、1勝・2着2回・3着4回・着外19回、複勝率26.9%。
前走3勝クラス組は、2勝・2着0回・3着0回・着外5回、複勝率28.6%。

前走クラス別ではオープン特別組の好走が多く
前走JRA重賞組,地方競馬組は、複勝率は高めだですが勝ち切れていません。
前走3勝クラス組が出走してくれば要注意です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【エルムステークス2022予想】本命馬情報

エルムステークス
エルムステークス

【オメガレインボー】一瞬の瞬発力

父アイルハヴアナザー。母ワイキューブ。母の父アグネスタキオン。

昨年はマリーンS(函館ダ1700m)2着から、エルムS(G3・函館ダ1700m)へ参戦して、勝ち馬からと0秒1差の2着に好走して実力を示しました。

今年も昨年と同様のローテーションでマリーンS(函館ダ1700m)4着からの参戦になります。

直線での末脚は鋭く、一瞬の瞬発力もあり短い直線でも差し切れる脚があります。

【ブラッティーキッド】8連勝中

父シニスターミニスター。母デザートレジーナ。母の父タヤスツヨシ。

地方競馬で5連勝した後、JRA再転入。転入後は、3歳以上1勝クラス(函館ダ1700m)、竜飛崎特別(2勝クラス・函館ダ1700m)、報知杯大雪H(3勝クラス・札幌ダ1700m)を3連勝でオープンクラス入りしました。

好位で先行して、直線でも鋭い末脚が使える潜在能力が非常に高い馬です。

現在8連勝中の勢いで重賞初制覇なるか注目されます。

【ウェルドーン】上積みあり

父ヘニーヒューズ。母ツルマルオジョウ。母の父ダンスインザダーク。

関東オークス((G2・川崎ダ2100m)1着、ジャパンダートダービ(G1・大井ダ2000m)3着、レディスプレリュード(G2・大井ダ1800m)3着に入線して実力がついてきたことを示しました。

前走マリーンS(函館ダ1700m)は2番手先行から直線でスピードを持続して2着に粘りました。

久々を使われての上積みが見込め、エルムステークスでの上位進出を狙います。

【スワーヴアラミス】昨年優勝馬

父ハーツクライ。母ベイトゥベイ。母の父Sligo Bay。

一昨年のマーチS(G3・中山ダ1800m)で重賞初制覇を達成。

昨年のエルムS(G3・函館ダ1700m)を優勝。

7歳を迎えた今年は東海S(G2・中京ダ1800m)を勝って重賞3勝目を挙げて、年齢的な衰えがないことを示しました。

今回は58.0kgの斤量を背負うことになりますが、実力、実績からエルムステークス連覇の可能性は十分あると思われます。

【アイオライト】気配上昇

父ローレルゲレイロ。母ステラアクトレス。母の父オペラハウス。

昨年のベテルギウスS(L・阪神ダ1800m)を勝利した後、今年初戦から東海S(G2)13着、マーチS(G3)13着、栗東S(L)14着と3戦連続で2桁着順に大敗しました。

前走の大沼S(L・函館ダ1700m)は3番手先行から抜け出す強い競馬で勝ち、3戦連続で2桁着順のイメージを払拭。

気配は上昇中で重賞制覇達成できるか注目されます。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【エルムステークス2022予想】穴馬情報

エルムステークス
エルムステークス

【ロードレガリス】上積みは大きい

父ハーツクライ。母レディマーメイド。母の父Fusaichi Pegasus。

地方競馬で2連勝してからJRAへ再転入後は破竹の4連勝を飾りました。

昨年のアルデバランS(OP・中京ダ1900m)は、後方15番手で控えていき、向こう正面に入ったあたりからじわじわ上がっていき、直線37秒0のメンバー中最速上がりの末脚で激しい追い比べを制して1着、JRA5勝目をマークしました。

前走プロキオンS(G3・小倉1700m)は、約1年ぶりの休み明けでしたが直線は37秒4のメンバー中最速上がりの末脚で4着まで差を詰めました。

休み明けを使われての状態面の上積みは大きいと思われます。

【フルデプスリーダー】勝負根性

父ヘニーヒューズ。母ファーストチェア。母の父ジャングルポケット。

前走のマリーンS(OP・函館ダ1700m)は3番手を先行からゴール前の接戦を制して5勝目をマークしました。

1戦毎に地力をつけており、エルムステークスが重賞初挑戦になりますが、前走の勝負根性があれば十分勝ち負けまで持ち込めるかと思われます。

【ヒストリーメイカー】高齢馬

父エンパイアメーカー。母チヨノドラゴン。母の父バブルガムフェロー。

今年で8歳と高齢馬ですが、マーチS(G3・中山ダ1800m)3着、プロキオンS(G3・小倉ダ1700m)は14番人気の低評価を覆して2着に好走していることから、年齢的な衰えに懸念はありません。

重賞で2着4回・3着2回の豊富な経験を生かして、エルムステークスで念願の重賞タイトル獲得なるか注目されます。

【ロードエクレール 】展開の鍵を握る

父ロードカナロア。母タッチアス。母の父Mineshaft。

馬郡に包まれると弱さを見せることがあります。全4勝中3勝を逃げ切って勝利しています。

今年になって逃げて1着、2着、3着、3着、展開の鍵を握るロードエクレールがエルムステークスをマイページで逃げることができれば1発の可能性は大いにあると思われます。

【ダノンファラオ】重賞3勝の実績

父American Pharoah。母クリスプ。母の父El Corredor。

ここ5戦は勝ちきれない競馬が続いていますが、重賞3勝・2着2回・3着1回の実力は侮れません。

先行力と機動力があり、経済コースの内ラチをスムーズに走ることが出来ればエルムステークスでも上位進出も十分可能だと思われます。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【エルムステークス2022予想】血統情報

エルムステークス
エルムステークス

【オメガレインボー】3代母Roberto系

父アイルハヴアナザー。母ワイキューブ。母の父アグネスタキオン。

ファンシーリシェス(JRA3勝)の半弟で、近親に朝日杯FS優勝馬のセイウンワンダー、リシェス (JRA1勝、地方5勝)などがいます。

母ワイキューブ(JRA4勝)、は北九州記念3着馬。父アイルハヴアナザーはサンタアニタダービー 、プリークネスS、ケンタッキーダービーの米国G1を3勝、アナザートゥルース(ダイオライト記念)などの父です。

3代母アンカースティームはRoberto系でマイラー体型を受け継ぎ1700mまでなら問題ない血統です。

【アイオライト】イットー牝系

父ローレルゲレイロ。母ステラアクトレス。母の父オペラハウス。

テイエムデジタル(JRA2勝)の半弟で、ムアットビップ阪神JF3着)、テイエムイットー(JRA5勝)やペルフェット(JRA6勝)の近親です。母の母カムイイットーの父の父はNijinskyでJRA2勝しています。

3代母イットーの牝系からはハギノトップレディ(JRA7勝)、ハギノカムイオー(JRA7勝・宝塚記念(OP))、ダイイチルビー(安田記念・スプリンターズS)、マイネルセレクト(JBCスプリント)などの優秀な馬がでています。

父ローレルゲレイロは高松宮記念、スプリンターズSを勝った短距離馬ですが、母父オペラハウスでSadler’s Wellsの血脈が流れておりスタミナとパワーを受け継ぎ1700mへの距離に懸念のない血統配合です。

【スワーヴアラミス】母からダート適性

父ハーツクライ。母ベイトゥベイ。母の父Sligo Bay。

デッドアヘッド(JRA3勝)の全兄でキッズアガチャー(JRA3勝)の半兄です。

母ベイトゥベイはナッソーS(G2)、ナタルマS(G3)の優勝馬。母父スライゴーベイはハリウッドターフカップ (米G1・芝12F)の優勝馬。

母からダート適性を受け継ぎ、父ハーツクライなので距離もう少し長い方がいい血統です。

成長力豊富なハーツクライ産駒、6歳でエルムS優勝、7歳で東海S優勝と重賞を勝っており、年齢的な衰えはありません。

【フルデプスリーダー】近親にエフフォーリア

父ヘニーヒューズ。母ファーストチェア。母の父ジャングルポケット。

ロジハービン(京成杯2着)の半兄でヴァフラーム(JRA5勝)やコンダクトレス(JRA3勝)の半弟で、近親にアドマイヤムーン(ジャパンC・宝塚記念・ドバイデューティーF)、エフフォーリア(皐月賞・天皇賞秋・有馬記念)がいる超良血馬です。

父ヘニーヒューズはモーニン(フェブラリーS)、アジアエクスプレス(朝日杯FS)、ワイドファラオ(ニュージーランドT)などを輩出している名種牡馬です。父ヘニーヒューズからダート適性、母の父ジャングルポケットから成長力と瞬発力を受け継ぎ、距離的に1700mはベストの血統です。

【ロードエクレール】母の父ダート巧者

父ロードカナロア。母タッチアス。母の父Mineshaft。

ロードプレステージ(JRA3勝)の半弟、母父Mineshaftはエーピーインディ産駒です。

ジョッキークラブゴールドC、ピムリコスペシャルH、サバーバンH、ウッドワードSの米国ダートG1を4勝した北米年度代表馬。

4頭のG1馬をだし、カジノドライヴ(フェブラリーS2着)やザッハーマイン(JRA3勝・地方7勝)の父でもあります。

父ロードカナロアは、アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンスマッシュをだしている日本を代表馬する名種牡馬です。

母父Mineshaftの影響強くダ1700mに適応できる血統です。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【エルムステークス2022枠順確定】

1-1 ロードエクレール(石川裕紀人)
2-2 アイオライト(菱田裕二)
3-3 オメガレインボー(横山和生)
3-4 ブラッティーキッド(水口優也)
4-5 アメリカンシード(柴山雄一)
4-6 ウェルドーン(武豊角田晃一)
5-7 ヒストリーメイカー(池添謙一)
5-8 ダノンファラオ(浜中俊)
6-9 フルデプスリーダー(丹内祐次)
6-10 ブラックアーメット(角田大和)
7-11 ロードレガリス(富田暁)
7-12 スワーヴアラミス(松田大作)
8-13 バティスティーニ(鮫島克駿)
8-14 ダンツキャッスル(吉田隼人)

3連単6点勝負無料メルマガのご案内です。

料金は一切不要の完全無料です。でご安心頂ければ幸いです。
月曜から金曜は重賞情報土・日曜は重賞予想をお届けします。
形式上有料情報のご案内をさせて頂きますが不要の方はスルーして頂ければ幸いです。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net からの受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内です。

【3連単6点勝負】のご案内情報をお届けします。
充実した内容ですので見るだけでも価値があります。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net から【3連単6点勝負】のご案内をお送り致しますので、受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負のご案内フォームです。