天皇賞(春)

【天皇賞(春)2021予想】コース解説

天皇賞(春)コース特性(阪神3200m芝、1週目外回りから2週目内回り)

2021年の天皇賞(春)は京都競馬場整備工事による開催日程の変更により阪神競馬場で行われる。

阪神競馬場芝外回りBコースの1周距離は2,113.2m、阪神競馬場芝内回りBコースの1周距離は1,713.2m、幅員は20~25m、直線距離は359.1m、高低差は2.4mです。

向こう正目面に半ばからのスタートで1周目は外回り、2周目は内回り。

1周目の阪神外回りコースは、カーブもゆったりと広々とした3、4コーナーを回って直線に向く。

3コーナー手前に上り坂があり、4コーナーの出口手前の残り約600mから、ゴール板までの残り190m地点まで緩やかな下り勾配が設けられ、1回目の阪神名物の上り坂へと向かい2周目の内回りコースに入る。

2周目の内回りコースは内ラチの経済コースを走れる機動力に優れた先行馬が有利になる。

コーナーワークでの機動力と器用な脚で距離ロスの少ない走りができることが天皇賞(春)で求められる条件の一つだ。

天皇賞(春)は、コーナーが6回ある外回りから内回りを走る変則コース。

1周目の外回りの向こう正目面に半ばから正面のゴール板までコーナーは広くゆったりとした展開で流れることが推測される。

阪神内回りコースで開催されるG1の宝塚記念、大阪杯は残り800m地点の3コーナーの下り坂から一気にペースが速くなっていきますが、阪神3200m芝の外回りから内回りを走る変則コースでは2周目で、ある程度の好位につけることで内ラチの経済コースを走れるため、正面スタンド前から1コーナーにかけて一旦ペースが上がっていくことが推測される。

2コーナーから3コーナー手前まではペースは落ち着き、緩い下り坂の3コーナー、ゴールまで約残り800m地点からの残り約190m地点までの約1.6mの緩やかな下り坂を利用してのロングスパートを仕掛けてくるためペースが一気に速くなっていきます。

ゴール前の残り約190mから70m付近には阪神名物の高低差1.8m、勾配率1.5%の2回目の急坂が待ち受ける。

スタートからゴールまで阪神名物の急坂を2度越えるタフなコース設定。

阪神3200mでの初めてのG1開催でペースを読むことは非常に難しく、有力馬がけん制し合いペースが遅くなり人気薄の逃げ馬がまんまと逃げきることも想定しておいた方がよさそうです。

天皇賞(春)がG1の緩みのない展開なら、高いレベルでのスタミナ消耗戦になりパワー不足の先行馬が坂で失速。

天皇賞(春)は、コーナー6回ある変則外回り内回りコースで、1周目の外回りでは折り合い、2周目の内回りでは、内ラチを器用なコーナーワークで距離ロスを最小限に抑えて走れる器用な脚、狭いコーナーでの加速力、機動力、馬力と独特の内回り適性能力が求められる。

2021年4月24日阪神9R23140円3連単6点的中
2021年4月24日阪神9R23140円3連単6点的中
<2021年4月24日25日の収支報告です>

【3連単6点通常コース:回収率】
購入レース⇒36レース
的中レース⇒6レース
購入金額(1点100円で試算)⇒21600円
払い戻し金額⇒71880円
レース的中率⇒16.7%
回収率⇒332.8%
収支⇒50280円プラス 

1点 100円で⇒50280円プラス
1点 200円で⇒100560円プラス
1点 500円で⇒251400円プラス
1点1000円で⇒502800円プラス
https://talmudic.net/2021-1-4-24-25syuusi/

【天皇賞(春)2021予想】本命馬情報

【①ワールドプレミア】上がりのかかる消耗戦

父ディープインパクト。母マンデラ。母の父Acatenango。
2019年の菊花賞(G1・京都芝3000m)は、馬群の内目の7番手を追走。ロスなく立ち回り、直線で内から割って抜け出して、サトノルークスをクビ差おさえてG1で重賞初制覇。有馬記念(G1・中山芝2500m)3着、日経賞(G2・中山芝2500m)3着と内回りコースでの実績もある。スタミナが豊富なので、天皇賞(春)が、前半から速いペースで上がりのかかる消耗戦になれは、鋭い末脚で差し切ってくる可能性は十分にある。折り合いがつくので長距離向きだ。

【②アリストテレス】良馬場の方が

父エピファネイア。母ブルーダイアモンド。母の父ディープインパクト。
昨年菊花賞は、コントレイルとの差をクビ差まで詰めて2着に入賞、世代トップクラスの実力があることを示した。アメリカジョッキーC(G2・中山芝2200m)は、前日からの雨の影響で、かなり時計の掛かる馬場。菊花賞以来の実戦だったが成長していた。6番手追走から4コーナーで外を回って上がっていき、直線外から伸びて抜け出し、時計のかかる馬場に対応して重賞初制覇を達成。阪神大賞典は、前日深夜からの雨で、時計の掛かる馬場。中団の6番手を追走。好位にいたディープボンドをマークして上がっていったが伸びを欠いて7着。末脚が切れるタイプなので良馬場の方が力を出せるはず。2戦連続長い距離を重馬場で走っているので、天皇賞(春)当日までに疲労が抜けきっているかが鍵になりそうだ。

【③カレンブーケドール】68年ぶり

父ディープインパクト。母ソラリア。母の父ScatDaddy。
カレンブーケドールは昨年のスイートピーS(L)以降勝ち鞍はないが、G1で2着3回、重賞6回の2着と一線級馬相手に好走した実績がある。デビューから全14戦で掲示板を確保、常に上位を狙える高い潜在能力がある。昨年のジャパンカップ(G1)では、2着馬コントレイル、3着馬デアリングタクトとタイム差なしの4着、現役トップクラスの実力があることを示した。日経賞(G2・中山芝2500m)は、先行馬を見ながら3番手で先行、直線は内ラチ沿いに進むが、ウインマリリンに半馬身届かず2着。天皇賞(春)を優勝した牝馬は1953年のレダ1頭のみ。68年ぶりに偉業達成なるか注目される。

【⑤ディアスティマ】強い心肺機能

父ディープインパクト。母スウィートリーズン。母の父ストリートセンス。
前々走のグッドラックH(2勝クラス・中山芝2500m)は大外枠の16番からダッシュして前へ。先手をとってマイペースで逃げた。直線に入ってもスピードを持続、後続を7馬身差突き放して逃げ切って勝利。天皇賞(春)と同じコースの前走の松籟S(3勝クラス・阪神3200m芝、1週目外回りから2週目内回り)は、昇級戦だったが、落ち着いてマイペースで逃げる。後続の追撃を凌いで2着馬に3馬身の差をつけて勝利。天皇賞(春)と同じ阪神3200m芝外内の変則コースで圧勝した実力は決してフロックではなく本物だ。強い心肺機能はまさに長距離向き。初G1挑戦でG1制覇なるか注目だ。2004年天皇賞(春)を大逃げで優勝したイングランディーレの再来か。

【⑫ディープボンド】独特の内回り適性

父キズナ。母ゼフィランサス。母の父キングヘイロー。
昨年の京都新聞杯(G2・京都芝2200m)は、1番人気のアドマイヤビルゴをマークして5番手を追走、直線は外を回って上がっていき、マンオブスピリットとの叩き合いをクビ差抜け出して優勝。前走は距離適性が高い阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)では、4番手で先行、3コーナーの勝負所で上がっていき、直線でも抜群の反応で、抜け出して、2着馬ユーキャンスマイルとの差を5馬身に広げての圧勝。長距離適性が非常に高いことを示した。ディープボンドは、狭いコーナーでの加速力、機動力、馬力と独特の内回り適性があり、阪神開催の天皇賞(春)なら好勝負必至だ。

天皇賞(春)の最有力本命馬は
この馬だ! ⇒
人気ブログランキング
3連単6点勝負の
紹介文にて最有力本命馬公開中!(現在20位)
是非ご確認下さい。

3連単6点で万馬券4本的中!(4月24.25日)

2021年4月24日阪神9R23140円3連単6点的中
2021年4月24日阪神9R23140円3連単6点的中
2021年4月24日新潟8R11480円3連単6点的中
2021年4月24日新潟8R11480円3連単6点的中
2021年4月25日新潟7R14320円3連単6点的中
2021年4月25日新潟7R14320円3連単6点的中
2021年4月25日新潟10R15570円3連単6点的中
2021年4月25日新潟10R15570円3連単6点的中

<天皇賞(春)>
3連単6点勝負の
『先行配信』のご案内です。
是非1度案内を
見て頂ければ幸いです。
大好評です。
お気軽にご利用ください。
3連単6点予想を
お支払いの前に
先行して配信します。
お支払いは翌週の金曜日までに
お願いしています。
詳しくはこちらからどうぞ↓

3連単6点勝負のご案内です。

3連単6点勝負実際の配信サンプルです。

【天皇賞(春)2021予想】穴馬情報

【④シロニイ】機動力

父キングカメハメハ。母シラユキヒメ。母の父サンデーサイレンス。
ソダシの叔父にあたるシラユキヒメ一族。芝やダートの中距離を主戦としていたが、2走前の松籟S(3勝クラス・阪神芝3200m)で4着に善戦。格上挑戦となった前走の阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)は2番手を先行して4着と長距離適性を示した。天皇賞(春)と同じ松籟Sを4着したコース適性、そして天皇賞(春)2週目と同じ阪神内回りを器用に走れる機動力は見逃せない。着穴でおさえておきたい天皇賞(春)の穴馬候補。

【⑦ユーキャンスマイル】阪神長距離巧者

父キングカメハメハ。母ムードインディゴ。母の父ダンスインザダーク。
昨年の阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)は、内ラチの9番手を追走。直線でも内から馬郡を割って抜け出して優勝。天皇賞(春)(G1・京都芝3200m)でも4着に入線。今年の阪神大賞典は、12番手の後方を追走。直線で36秒8のメンバー中最速上がりタイの末脚で2着、長距離戦で変わり身を示した。天皇賞(春)2周目の阪神内回りで器用な脚で走れる機動力がある。阪神芝3000mは2戦1勝・2着1回の阪神長距離巧者。長距離適性が高く天皇賞(春)阪神芝3200mで行われる今年の天皇賞(春)は、チャンスだ。

【⑭ウインマリリン】牝馬のワンツー

父スクリーンヒーロー。母コスモチェーロ。母の父FusaichiPegasus。
3歳時には、ミモザ賞(1勝クラス・中山芝2000m)、フローラS(G2・東京芝2000m)を2連勝、オークス(G1・東京芝2400m)は、不利な外枠16番から2着に入線した。前走の日経賞(G2・中山芝2500m)は3番手のインコースを追走、直線でも内を突いて上がっていき後続に並ばせずに押し切って優勝。長距離レースに対応できたことは大きな収穫だった。今年の天皇賞(春)は京都ではなく、2周目が内回りとなる阪神コース。中山の内回りで3勝をあげている器用さは天皇賞(春)がある阪神コースでいかされるはずだ。68年ぶりに天皇賞(春)で牝馬のワンツーの歴史的快挙が見られるか注目される。

【⑮オセアグレイト】距離延長プラス

父オルフェーヴル。母ブルーダヌーブ。母の父Bahri。
全5勝を芝2200mから3600mで挙げているスタミナ豊富なステイヤー。昨年のステイヤーズS(G2・中山芝3600m)は、雨が降り続いて時計の掛かる馬場。3番手を先行して上がり3Fを34秒7のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し優勝したスタミナはまさしく屈指のステイヤーだ。有馬記念(G1)、日経賞(G2)は芝2500mでの自力勝負では、分が悪かった。天皇賞(春)の距離延長は、間違いなくプラスになる。天皇賞(春)3勝の横山典弘騎手騎乗は心強い。

【⑰オーソリティ】自在な脚

父オルフェーヴル。母ロザリンド。母の父シンボリクリスエス。
デビュー2連勝した資質馬。昨年の青葉賞(G2)を2分23秒0のレースレコードで快勝したが、レース後に軽度の骨折が見つかり、休養を余儀なくされた。復帰初戦となったアルゼンチン共和国杯(G2)では、3番手先行から抜け出す横綱相撲の強い競馬で快勝。前走のダイヤモンドS(G3・東京芝3400m)は3番手のインコースを追走。器用な脚で終始、内を立ち回り直線で先頭に立ったがグロンディオーズにクビ差交わされて2着も、3着馬には5馬身差をつけていた。長距離適性が高く短い直線のコースならと思わせる走りだった。インコースを器用な脚で立ち回れるので天皇賞(春)の2周目の内回りで、自在な脚を使い抜け出す可能性は十分にあると思われる。

天皇賞(春)の最有力穴馬は
この馬だ! ⇒
人気ブログランキング
3連単6点勝負の
紹介文にて最有力本命馬公開中!(現在20位)
是非ご確認下さい。

2021年4月25日新潟10R15570円3連単6点的中
万馬券

万馬券4本的中!実際の配信予想(2021年4月24日25日)

【天皇賞(春)2021予想】コース適性

【⑤ディアスティマ】阪神芝3200mで勝利

父ディープインパクト。母スウィートリーズン。母の父ストリートセンス。
直近の2走は芝2500m、芝3200mを逃げて2連勝、それぞれ2着馬と差は7馬身、3馬身と大差で勝っています。無類のスタミナがあり長距離レースへの適性が高い馬です。今年の天皇賞(春)の阪神芝3200mは2周目が内回りコース、逃げて経済コースの内ラチを走れることは、大きなアドバンテージになることは間違いなさそうです。阪神芝3200m、1週目外回りから2週目内回りで勝利実績があるのはディアスティマ1頭のみです。コース経験は本番天皇賞(春)で必ずいかされます。

【⑦ユーキャンスマイル】阪神芝3000m連帯率100%

父キングカメハメハ。母ムードインディゴ。母の父ダンスインザダーク。
昨年の阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)優勝以降は、凡走が続いていてが、前走の阪神大賞典で2着、コース替わりで一変しました。阪神芝3000mは2戦1勝・2着1回、連帯率100%の阪神長距離巧者です。昨年の天皇賞(春)4着の実績から、長距離適性が高く天皇賞(春)阪神芝3200mへのコース適性は高いです。昨年の天皇賞(春)では2番人気に支持されている実力馬。阪神芝3200mで開催される天皇賞(春)なら昨年以上の成績になる可能性も十分にあります。

【⑫ディープボンド】内回りの機動力

父キズナ。母ゼフィランサス。母の父キングヘイロー。
前走の阪神大賞典(G2・阪神芝内3000m)では、2着馬ユーキャンスマイルとの差を5馬身に広げての重馬場での圧勝は長距離適性が高いことと、実力がG1級であることを示しています。直線距離が359.1mと短いため、3、4コーナーから激しいロングスパートになる可能性が高く、内回りの狭いコーナーでの機動力の有無が、天皇賞(春)阪神芝3200mの攻略のカギになります。ディープボンドは、機動力、馬力と独特の内回り適性が高いことから、天皇賞(春)が京都コースから阪神コースに替わる今年なら勝ち負けは必至になると思われます。

【⑮オセアグレイト】内回り巧者

父オルフェーヴル。母ブルーダヌーブ。母の父Bahri。
芝2400m以上の長距離レースで4勝を挙げているスタミナが豊富な馬です。昨年優勝したステイヤーズSは、コーナーを8回通過する中山芝3600m内回りコースです。例年ステイヤーズSと天皇賞(春)は関連性が低い傾向にありますが、今年の天皇賞(春)は、2周目が阪神の内回りコースを走ります。そのためステイヤーズSでの優勝実績は、重視した方が良さそうです。特殊コースの阪神芝3200m、1週目外回りから2週目内回りは、波乱の要素が多いコースです。

【⑯メロディーレーン】芝3000mの重賞で入線

父オルフェーヴル。母メーヴェ。母の父Motivator。
全3勝を2400mと2600mで挙げています。阪神コースでは芝2600mと2400mで勝っている実績から、阪神長距離レースレースへの適性は高いと言えそうです。菊花賞(G1)5着、阪神大賞典(G2)5着と芝3000mの重賞で入線した実績があります。牝馬でも長距離レース重賞に対応できるスタミナがあります。勝ち負けするには厳しい面がありますが、3着で穴をあける可能性はあると思われます。

天皇賞(春)の最有力コース適性穴馬は
この馬だ! ⇒
人気ブログランキング
3連単6点勝負の
紹介文にて最有力本命馬公開中!(現在20位)
是非ご確認下さい。

3連単6点勝負の無料メルマガのご案内です。

3連単万馬券
3連単万馬券

【天皇賞(春)2021予想】血統情報

【①ワールドプレミア】豊富なスタミナ

父ディープインパクト。母マンデラ。母の父Acatenango。
ワールドエース(皐月賞2着、マイラーズカップ優勝)の全弟。母マンデラは独オークス3着。母父アカテナンゴはG1を7勝した名馬でドイツのリーディングサイアーに輝いた名種牡馬で、1990年ジャパンカップを制覇したLandoなど6頭のG1馬をだしています。母父アカテナンゴは豊富なスタミナとパワーを伝え、ディープインパクトとの配合でスタミナが押し上げられています。天皇賞(春)過去10年、母父か母母父がノーザンダンサー系という馬が12頭。またノーザンダンサーの4×5~5×5のインブリードが多く、ノーザンダンサーのインブリードは、天皇賞(春)向きの血統となっている。ワールドプレミアは、母母父がノーザンダンサー系BeMyGuestで、ノーザンダンサーの4×5のインブリードを持っています。

【②アリストテレス】長距離血統

父エピファネイア。母ブルーダイアモンド。母の父ディープインパクト。
父エピファネイアは、非サンデーサイレンスで菊花賞、ジャパンカップの優勝馬。皐月賞馬エフフォーリアは、エピファネイア×ハーツクライで、サンデーサイレンスのインブリード18.75%、4×3。3冠牝馬デアリングタクトは、エピファネイア×キングカメハメハ×ディープインパクトで、サンデーサイレンスのインブリード18.75%、4×3。アリストテレスもサンデーサイレンスのインブリード18.75%、4×3です。このサンデーサイレンスのインブリードが、馬の潜在能力を高めている血統であることが推測されます。SadlersWellsのインブリー12.50%、4×4でスタミナと底力を押し上げている血統です。母ブルーダイアモンドは未勝利馬ですが、兄弟にヴィクトリー(皐月賞優勝)、リンカーン(菊花賞2着)がいます。母牝系バレークイーンからはフサイチコンコルド(日本ダービー優勝)、アンライバルド(皐月賞優勝)がでている優秀な牝系です。長距離向きの血統配合です。

【⑤ディアスティマ】スタミナ配合

父ディープインパクト。母スウィートリーズン。母の父ストリートセンス。
ディープインパクト産駒は、天皇賞(春)は過去10年で2勝・2着1回。母スウィートリーズンは エイコーンS、スピナウェイS、テストSの米国ダートG1を3勝。母の父ストリートセンスは、ケンタッキーダービー、BCジュヴェナイル 、トラヴァーズS米国ダートG1を3勝で、ストリートクライ×ディキシーランドバンド×ヒズマジェスティというスタミナ配合の血統です。ディープインパクトと母系のマキアヴェリアンとブラッシンググルームの配合はヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)、ヴィブロス(ドバイターフ)と同じで大舞台に強い血統と言えます。

【⑫ディープボンド】SS系10勝

父キズナ。母ゼフィランサス。母の父キングヘイロー。
モガミポイントの同じモガミヒメの牝系にローレルゲレイロ(スプリンターズS、高松宮記念)がいます。2代母のモガミヒメは、マルゼンスキー、Nijinskyの血統背景からスタミナ豊富な血統です。母の父キングヘイローはカワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、クリールカイザー(AJCC)の長い距離の重賞勝ち馬も排出しています。天皇賞(春)は過去10年サンデーサイレンス系が10勝。天皇賞(春)過去8年、サンデーサイレンス系が連帯率100%。今年の天皇賞(春)は阪神で開催されるため、過去データは参考にしにくいが、距離的にサンデーサイレンス系の天皇賞(春)血統的適性は高いと思われます。

【⑰オーソリティ】母ロザリンドはエピファネイアの全妹

父オルフェーヴル。母ロザリンド。母の父シンボリクリスエス。
昨年のステイヤーズSではオセアグレイトとタガノディアマンテがワンツーを決め、今年2月ダイヤモンドSでは、オーソリティが2着、松籟ステークスではシルヴァーソニックが3着に入線するなど、3000mを超えるレースでのオルフェーヴル産駒の活躍が目立っています。母ロザリンドは、エピファネイアの全妹。母の母がシーザリオは日米のオークス馬。シーザリオの牝系は、Sadler’sWellsを持つ長距離レースに強い血統になっています。

天皇賞(春)の最有力血統馬は
この馬だ! ⇒ 人気ブログランキング
3連単6点勝負の
紹介文にて最有力本命馬公開中!(現在20位)
是非ご確認下さい。

【天皇賞(春)2021枠順確定】

1-1 ワールドプレミア(福永祐一)
1-2 アリストテレス(C.ルメール)
2-3 カレンブーケドール(戸崎圭太)
2-4 シロニイ(松若風馬)
3-5 ディアスティマ(北村友一)
3-6 マカヒキ(藤岡康太)
4-7 ユーキャンスマイル(藤岡佑介)
4-8 ディバインフォース(武豊)
5-9 ジャコマル(横山和生)
5-10 ゴースト(セ5、鮫島克駿)
6-11 メイショウテンゲン(酒井学)
6-12 ディープボンド(和田竜二)
7-13 ナムラドノヴァン(内田博幸)
7-14 ウインマリリン(横山武史)
8-15 オセアグレイト(横山典弘)
8-16 メロディーレーン(池添謙一)
8-17 オーソリティ(川田将雅)

【天皇賞(春)2021予想オッズ】

人気順馬名予想オッズ
1ディープボンド3.4
2アリストテレス3.7
3ワールドプレミア4
4カレンブーケドール7
5オーソリティ9.3
6ディアスティマ10.9
7ユーキャンスマイル12.8
8ウインマリリン20.4
9オセアグレイト53.9
10ナムラドノヴァン87.5
11ディバインフォース107.2
12メロディーレーン117.6
13シロニイ137.2
14メイショウテンゲン161.7
15マカヒキ163.1
16ジャコマル208
17ゴースト232
天皇賞(春)2021予想オッズ
3連単6点勝負の無料メルマガのご案内です。

料金は一切不要の完全無料です。でご安心頂ければ幸いです。
月曜から金曜は重賞情報土・日曜は重賞予想をお届けします。
形式上有料情報のご案内をさせて頂きますが不要の方はスルーして頂ければ幸いです。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net からの受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内です。

【3連単6点勝負】のご案内情報をお届けします。
充実した内容ですので見るだけでも価値があります。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net から【3連単6点勝負】のご案内をお送り致しますので、受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負のご案内フォームです。