ホープフルステークス

ホープフルステークスコース解説(中山芝2000m)

中山芝2000m
中山芝2000m

ホープフルステークスは中山開催9日目に開催されます。

5回中山開催最終週ということもあり、3コーナーから4コーナーと直線の内側に傷みがあり、内からの差しが決まりにくい馬場状態です。

ホープフルステークスが開催される中山競馬場芝2000m内回りAコースの1周距離は1,667.1m、幅員は20~32m、直線距離は310m、高低差は5.3mです。

中山競馬場内回りコースの1周距離1,667.1m、直線310mは、4大競馬場の中ではもっとも短い長さです。

コース全体の高低差が5.3mと極めて大きく、この5.3mという数字はJRA全10場の中で最大の高低差です。

スタート地点はホームストレッチの右端で1コーナーまでの距離は約400mと十分な距離があります。

200m過ぎから高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と日本一のキツい坂があり、この急坂をゴールまで2度越えることになります。

1コーナーから2コーナーの中間までは上り坂、向正面の直線は平坦。直線距離は310mと短いので直線から追い出したのではとうてい間に合いません。

3コーナーから4コーナーの緩い下り坂を利用して、差し追い込み馬が長めのロングスパートを仕掛けてくるので、ここから一気にペースが速くなります。

コーナーの出口が小回りなので、スピードにのって進入してきた馬は外へふくらみ、直線は、ばらけるのでインからの強襲も可能になります。

ホープフルステークスで勝ち負けするには、この3コーナーから4コーナーで加速する必要があり、コーナーリングを器用に走りながら加速する瞬発力、直線急坂を駆け上がる底力が要求されます。

中山内回りコースは形態上追い込み馬が勝ち切るのは難しい傾向にあります。

差し馬の勝率が高く、連対率と複勝率は先行馬が好成績。

総合的には先行・差しが互角で、差し馬も十分に勝負になります。

ホープフルステークスが開催される中山競馬場芝2000m右内回りコースで求められる能力は、差し脚質、長めのロングスパートできるスタミナ、コーナーで加速する機動力、瞬発力と坂を駆け上がる底力が求められます。

【ホープフルステークス2022予想】データ分析と傾向

ホープフルステークス
ホープフルステークス

ホープフルステークス過去8年人気別成績

1番人気馬【5.1.0.2】
2番人気馬【2.1.3.2】
3番人気馬【1.2.1.4】
4番人気馬【0.2.1.5】
8番人気馬【0.2.2.4】
9番人気馬【0.0.1.7】

1番人気馬は、過半数の5勝、連対率・複勝率75.0%
2番人気馬は、複勝率75.0%と1番人気馬に並んでいます。
勝ち馬はすべて上位3番人気以内から出ています。
8番人気馬が複勝率50.0%と健闘しています。
10番人気以下の激走はなく、G1昇格後の連対馬10頭はいずれも上位4番人気以内の決着です。

ホープフルステークス過去8年キャリア別成績

1戦の馬【2.0.2.10】
2戦の馬【4.5.4.29】
3戦の馬【1.1.1.23】
4戦の馬【1.1.1.17】
5戦以上馬は【0.1.0.13】

キャリア1戦の馬は、2勝をあげ、複勝率28.6%。
キャリア2戦の馬は、4勝をあげ、複勝率31.0%。
これらキャリア2戦以内の馬で6勝をあげており、3着以内馬24頭中17頭を占めています。
キャリア3戦の馬は、昨年のキラーアビリティが優勝し、複勝率11.5%。
キャリア4戦の馬は、2017年タイムフライヤーが勝利し、複勝率15.0%。
キャリア5戦以上の馬は、2着1回のみです。

ホープフルステークス過去8年前走着順別成績

前走1着馬が【6.8.8.50】
3着以内馬24頭中22頭は前走1着でした。

【ホープフルステークス2022予想】本命馬5選情報

ホープフルステークス
ホープフルステークス

【ガストリック】前走勝ち時計優秀

父ジャスタウェイ。母エーシンエポナ。母の父Curlin。

デビュー戦の2歳新馬(東京芝1800m)と、東京スポーツ杯2歳S(G2・東京芝1800m)を連勝しています。

東京スポーツ杯2歳Sは速めの流れをしっかりと折り合って後方に待機、直線では内から伸び、ゴール前の接戦から抜け出して勝利。

前走の落ち着いた走りと、内から馬郡を気にせず抜け出す器用な脚と勝負根性があるので、コーナーが4回ある2000mへの距離延長に懸念はないと思われます。

勝ち時計の1分45秒8も優秀です。

【ミッキーカプチーノ】多数頭経験

父エピファネイア。母スティールパス。母の父ネオユニヴァース。

デビュー戦の2歳新馬(東京芝2000m)と葉牡丹賞(1勝クラス・中山芝2000m)を連勝しています。

葉牡丹賞は、スタートで遅れましたが、立て直しで中団を追走。

緩みのない流れで持久力が問われる厳しい展開となりましたが、4コーナー手前から早めに仕掛けてのロングスパートから直線で一気に抜け出して2着に3馬身半差をつけて快勝しました。

勝ち時計の1分59秒は優秀で、潜在能力が非常に高いことを示しています。

ホープフルステークスと同じ中山芝2000mで18頭立てのフルゲートの多数頭レースを経験していることは、大きなアドバンテージになります。

短いレース間隔で中山への再輸送が若干懸念されます。

【ハーツコンチェルト】新馬戦圧勝

父ハーツクライ。母ナスノシベリウス。母の父Unbridled’s Song。

デビュー戦の2歳新馬(中京芝2000m)では、2着に8馬身差をつける圧勝で潜在能力が非常に高いことを示しました。

東京スポーツ杯2歳S(G2・東京芝1800m)は、1番人気に支持されましたが、スタートで遅れて後方からの追走。

直線では大外に持ち出され、33秒8のメンバー中最速上がりの末脚で追い込みましたが3着に敗れました。

今回は中山コースに替わり、スタートがカギになりますが、スタートさえ五分なら、一気の抜け出しも十分考えられます。

サンデーサイレンス系×Unbridled’s Songの組み合わせは、無敗の3冠馬コントレイルと同じです。

【シーウィザード】ハイペースどうか

父ビーチパトロール。母メリーウェザー。母の父メジロベイリー。

デビュー戦の2歳新馬(函館芝1800)は、逃げ切って勝利。

2戦目の新潟2歳S(G3・新潟芝1800m)は出遅れてしまい、僅差の3着でした。前走は今回と同じ舞台だった、芙蓉S(OP・中山芝2000m)は、超スローペースを、我慢して3番手を追走。

直線では大外から上がっていき、34秒6のメンバー中最速上がりの末脚でゴール前差し切って勝利。

スローの流れでも折り合いがついたことは大きな収穫でした。

折り合って先行できるので中山芝2000mへのコース適性は高いですが、ハイペースになった時に適応できるかが課題です。

【ファントムシーフ】前走圧勝

父ハービンジャー。母ルパンII。母の父Medaglia d’Oro。

デビュー戦の2歳新馬(阪神芝1600)と野路菊S(OP・中京芝2000m)を、それぞれ上がり3Fメンバー中最速上がりの末脚で抜け出して連勝しています。

野路菊Sは、前走スローペースの中3番手で折り合って追走、直線仕掛けられると抜群の手応えで33秒5のメンバー中最速上がりの末脚を発揮して抜け出し2馬身差、3着馬にはさらに6馬身差の大差をつける非常に強い競馬で圧勝しました。

400mの距離延長で2000mに適応できたことは、ホープフルステークスに向けて大きな収穫でした。

うまく好位で先行できれば勝ち負けまで持ち込めそうです。

【ホープフルステークス2022予想】穴馬5選情報

ホープフルステークス
ホープフルステークス

【セブンマジシャン】展開に左右されにくい

父ジャスタウェイ。母ハピネスダンサー。母の父メイショウサムソン。

デビュー戦の2歳新馬(中山芝1800m)と黄菊賞(1勝クラス・阪神芝2000m)を2連勝中です。

2歳新馬は2番手先行から34秒9のメンバー中最速上がりの末脚で抜け出し勝利。

黄菊賞は後方8番手から34秒7のメンバー中最速上がりの末脚で差し切り勝利。

先行、後方差しと違うレース運びで連勝した自在な脚質は、展開に左右されにくい強みがあります。

2000mの重馬場時計のかかる馬場で勝てたことで、G1特有のスタミナ消耗戦に適応できる可能性は十分にあると思われます。

【キングズレイン】ハイペース向く

父ルーラーシップ。母タッチングスピーチ。母の父 ディープインパクト。

前々走の2歳未勝利(札幌芝1800m)、前走の百日草特別(1勝クラス・東京芝2000m)を連勝。

百日草特別は、内枠から中団を追走、各馬が早目に仕掛ける展開でしたが、折り合って脚をため、馬群を割って抜け出し1着。

2000mの距離延長に対応できたこと、落ち着いて追い出しを我慢できたことは、ハイペースが予想されるG1でも勝ち負けまで持ち込める可能性が高いことを示しています。

【セレンディピティ】更に進化

父ドゥラメンテ。母ジェラシー。母の父ハービンジャー。

前走の2歳未勝利(阪神芝2000m)は、スタートで遅れましたが、道中は落ち着いて後方のポジションを追走、勝負所で仕掛けられると抜群の手応えで上がっていき、抜け出すと一気に差を4馬身に広げて1着、非常に強い勝ち方で成長力を示しました。

まだまだ伸びしろがありホープフルステークスで更に進化している可能性があります。

【グリューネグリーン】揉まれず先行できれば

父ラブリーデイ。母レディーダービー。母の父スペシャルウィーク。

前々走の2歳未勝利(東京芝1800m)、京都2歳S(G3・阪神芝2000m)を連勝。

京都2歳Sは、積極的に前へ先手をとっていき、直線外でも先頭をキープ、後続に抜かせずに逃げ切りました。

前走阪神内回りで見せた先行力を発揮して器用な立ち回りができたので、ホープフルステークスが開催される中山芝2000m内回りコースでも高いポテンシャルを発揮できることが推測されます。

揉まれず先行できれば、勝ち負けできる可能性は十分にあると思われます。

【ジェイパームス】キラーアビリティの半弟

父ジャスタウェイ。母キラーグレイシス。母の父Congaree。

デビュー戦の2歳新馬(東京芝2000m)は、逃げ馬ロッカフラダンサーを見ながらスローペースを折り合って2番手を先行、直線で抜け出し後続に3馬身差をつけて圧勝、潜在能力が高いことを示しました。

ジャスタウェイ産駒で東京向きですが、昨年ホープフルステークスを優勝したキラーアビリティの半弟でもあり、ホープフルステークスへの適性に懸念なく思われます。

無料メルマガ2022年2月

【ホープフルステークス2022枠順確定】

1-1 ファントムシーフ(福永祐一)
1-2 ハーツコンチェルト(松山弘平)
2-3 シーウィザード(浜中俊)
2-4 セレンディピティ(武豊)
3-5 フェイト(坂井瑠星)
3-6 グリューネグリーン(M.デムーロ)
4-7 ボーンイングランデ(斎藤新)
4-8 トップナイフ(横山典弘)
5-9 セブンマジシャン(C.デムーロ)
5-10 ガストリック(三浦皇成上)
6-11 ドゥラエレーデ(B.ムルザバエフ)
6-12 モンドプリューム(横山和生)
7-13 ヴェルテンベルク(横山武史)
7-14 ジェイパームス(D.イーガン)
7-15 キングズレイン(C.ルメール)
8-16 スカパラダイス(今村聖奈)
8-17 ジュンツバメガエシ(石川裕紀人)
8-18 ミッキーカプチーノ(戸崎圭太)