高松宮記念

高松宮記念コース解説(中京競馬場芝1200m)

高松宮記念は、向正面直線の真ん中付近からのスタート。緩やかな上り勾配を120m走り、緩やかな下り勾配に入ります。

3~4コーナーの下り勾配でスピードに勢いをつけて、412.5mの長い直線へと向かいます。

ゴール前340m地点より240m地点にかけて勾配率は2.0%、高低差2.0mの急坂が待ち受けています。

勾配率2.0%の急坂は中山競馬場芝コースの次にきつい坂になっています。急坂を越えてここからゴールまでまだ240mもあります。

3~4コーナーの下り勾配でからのハイペースのロングスパートでき、残240mで強烈な末脚を発揮できる瞬発力が求められる、非常にタフなコースです。

高松宮記念はペースを問わず、412.5mの長い直線で瞬発力を発揮できる差し馬が有利になっています。

逃げ切りは難しく、揉まれない外枠の差し馬が好成績をおさめています。

高松宮記念は、外枠に入った鋭い決め手のある人気薄の馬が穴をあけることがあるので注意が必要です。

高松宮記念の歴史

1967年に中京大賞典として創設されたのが高松宮記念の前身です。

1971年に高松宮杯になり中京競馬場芝2000mで開催されました。1996年に1200mに変更されG1へ昇格しました。

1998年高松宮記念になり現在に至ります。高松宮記念は、春のスプリント王決定戦で、歴代王座には、種牡馬で成功しているロードカナロア、キンシャサノキセキなどがいます。

複数年にわたって高松宮記念で3着以内に入る馬が多いのが高松宮記念の特徴です。

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。