オークス

オークス(優駿牝馬)2020コース解説(東京競馬場芝2400m)

スタート地点から最初の1角までは約300mの距離があります。

1~2角中間から向正面直線の残り約1300m地点までは緩やかな下り坂、3角手前に高低差1.5mというけっこう急な上り坂が待ち受けています。

約60m平坦の後4角の中間まで再び下ります。4角手前からは再び若干の上り坂です。

そして直線の残り480m地点~残り260m地点にかけての220mで高低差は2mの急坂を駆け上がります。

ゴール前の直線は525m9となっています。

中山や阪神に比べると勾配自体は、なだらかでも220mの坂を上るには、馬の能力がストレートに反映されます。

広い東京コースでゴール前の直線距離も長く、芝2400mという距離は、ほぼ全馬が未知の距離となります。

折り合いに懸念がなければ、3歳牝馬同士のレースということで、厳格な距離適性はあまり問われない傾向が強いようです。

距離適性よりも、決め手があれば距離克服は十分可能です。

展開は未経験の距離で、各馬がけん制し合うことからスローペースになることが多く、たまに平均ペースとなります。

展開にかかわらず、直線上がり3Fは11秒台のラップを刻み、速い末脚が要求されます。

逃げ・先行馬が先手をとって押し切るのは非常に厳しいレースです。

東京芝2400mでは、逃げ・先行馬の勝率、連対率は、悪くありませんが、オークスにおいてはあてはまらない傾向が顕著に表れています。

オークスにおいては差し馬、追い込み馬が圧倒的に好走馬の多数を占めています。

どんな展開でも速い末脚を使えるかが、オークスの最重要ポイントになります。

オークス(優駿牝馬)の歴史

1938年に英国オークスを参考として、阪神優駿牝馬が創設され、1946年に優駿牝馬に、1965年からはオークスと呼ばれるようになりました。

オークスの過去の優勝馬には、ラヴズオンリーユー、アーモンドアイ、ソウルスターリング、ジェンティルドンナ、アパパネ、ブエナビスタ、シーザリオなどの名馬がいます。

当初は阪神芝2700mから、1940年に2450m、1943年に2400mへと距離短縮されました。

その後、1946年に東京競馬場に舞台が移り現在に至ります。

オークス過去10年でJRA賞最優秀3歳牝馬10頭中、7頭はオークスで優勝した馬でした。

ほとんどの馬にとって2400mは未知の距離です。

距離対応できるキーポイントは、スタミナより、『どんな展開でも速い末脚を使える』かです。

【3連単6点通常コース】5月2日3日

【3連単6点通常コース】
購入レース⇒37レース
的中レース⇒4レース
購入金額(1点100円で試算)⇒22200円
払い戻し金額⇒53640円
レース的中率⇒10.8%
回収率⇒241.6%
収支⇒31440円プラス
 
1点 100円で⇒ 31440円プラス
1点 200円で⇒ 62880円プラス
1点 500円で⇒ 15720円プラス
1点1000円で⇒314400円プラス

3連単6点勝負の無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内フォームです。