阪神ジュベナイルフィリーズ・コース特性(阪神芝1600m右外)

スタート地点は向こう正面の平坦地点から、3コーナー手前の所で上り坂がある。残り600m地点から直線の半ばにかけて緩やかな下り勾配が設けられている。そこからすぐにゴール前の高低差こそ1.8mながら、勾配は1.5%の急坂が待ち構える。直線距離は473m。全般的にフェアで紛れが生じにくい、真の実力を問われるコースで全馬力を発揮しやすい舞台。平均から速めのペースで流れることが多く前傾ラップになり真の底力が問われることになる。2歳馬にとってはタフな舞台だ。外回りコースになった06年以降は逃げ切るのは難しくなり、先行馬も残るのは容易ではない。差し馬が圧倒的に好成績で、勝ち馬の大半を占める。ペースにかかわらず差し馬有利の傾向がある。改造工事が竣工した2006年以降は基本的には枠順の有利・不利が少ないコースになり、あまり気にしなくてもいいと思われるが、1枠・5枠・7枠がやや優勢で外枠でも全く問題ない。前半に体力を温存し、脚を溜めて後半の末脚勝負に持ち込めるタイプを狙いたい。