セントウルステークス

セントウルステークスコース解説(中京競馬場芝1200m)

中京芝1200m
中京芝1200m

中京競馬場芝コースの1周距離は1,705.9m、幅員は28~30m、直線距離は412.5m、高低差は3.5m。向正面直線の真ん中付近からのスタートです。

緩やかな上り勾配を120m走ったところが向正面の半ばあたりで高低差が1番高いところです。

そこから直線の入口にかけて緩やかな下り勾配。

3~4コーナーはスパイラルカーブです。

スパイラルカーブとは、コーナーの入り口は緩やかで、コーナーの出口がきつい特殊な形をしたカーブのことをいいます。

入り口は緩やかなので、スピードを落とさずに進入でき、コーナーの出口が小回りなので、スピードにのって進入してきた馬は外へふくらみ、直線はばらけるのでインからの強襲も可能になります。

高松宮記念の勝負ところは、3~4コーナーの下り勾配からのロングスパートです。

3~4コーナーの下り勾配でスピードに勢いをつけて、412.5mの長い直線へ。ゴール前340m地点から240m地点にかけて勾配率は2.0%、高低差2.0mの急坂が待ち受けます。

勾配率2.0%の急坂は中山競馬場芝コースの次にきつい坂です。

急坂を越え、ここからゴールまで240m、強烈な末脚を発揮できる瞬発力が求められます。

非常にタフなコースで、ペースを問わず、412.5mの長い直線で瞬発力を発揮できる差し馬が有利な傾向があります。

逃げ切りは難しく、揉まれない外枠の差し馬が好成績をおさめています。

外枠に入った鋭い決め手のある人気薄の馬が穴をあけることがあるので注意が必要です。

【セントウルステークス2022予想】データ分析と傾向

セントウルステークス
セントウルステークス

セントウルステークス過去10年年齢別成績

5歳以下は、10勝・2着8回・3着5回・着外61回、勝率11.9%、連対率21.4%、複勝率27.%。
6歳以上は、0勝・2着2回・3着5回・着外58回、勝率0%、連対率3.1%、複勝率10.8%。

過去10年の3着以内の30頭中23頭は、年齢が5歳以下でした。
6歳以上の勝ちはなく複勝率10.8%で、5歳以下の馬が中心になります。

セントウルステークス過去10年前走別成績

G1・G2組は、5勝・2着2回・3着2回・着外15回、勝率20.8%、連対率29.2%、複勝率37.5%。
G1・G2組以外は、5勝・2着8回・3着8回・着外104回、勝率4.0%、連対率10.4%、複勝率16.8%。

過去10年の3着以内の30頭中9頭は、前走がG1・G2組で、複勝率37.5%と好走率が高い傾向にあります。狙いは人気薄の前走G1・G2組です。

セントウルステークス過去10年同年のJRA重賞において2着以内に入った経験の有無別成績

経験ありは、9勝・2着8回・3着5回・着外23回、勝率20.0%、連対率37.8%、複勝率48.9%。
経験なしは、1勝・2着2回・3着5回・着外96回、勝率1.0%、連対率2.9%、複勝率7.7%。

過去10年の3着以内30頭中22頭は、同年のJRA重賞において2着以内に入った経験がある馬でした。複勝率48.9%と好走率が高い傾向にあります。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【セントウルステークス2022予想】本命馬情報

セントウルステークス
セントウルステークス

【メイケイエール】地力は本物

父ミッキーアイル。母シロインジャー。母の父ハービンジャー。

阪神ジュベナイルF(G1)、桜花賞(G1)を制覇したソダシと近親の良血馬です。

2歳新馬(小倉芝1200m)、小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)、ファンタジーS(G3・阪神芝1200m) を、デビュー3連勝した実力馬です。

阪神ジュベナイルF(G1・阪神芝1600m)はスタートで出遅れながら、優勝馬ソダシと0秒2差に差を詰めて4着に好走。

チューリップ賞(G2・阪神芝1600m)は雨の影響が残って時計は掛かかる馬場、途中から折り合いを欠きましたが、直線粘って同着1着。

昨年のスプリンターズS(G1・中山芝1200m)はスタートで遅れ、7番手を追走、直線は伸びを欠いていましたがそれでも4着に粘り能力の高さを示しました。

3走前のシルクロードS(G3・中京芝1200m)は4番手のインコースを追走、直線でもインから上がっていき抜け出し勝利しました。

高松宮記念(G1・中京芝1200m)は、勝ち馬ナランフレグと0秒1差の4着。

前走の京王杯スプリングC(G2・東京芝1400m)は、道中は中団の6番手を追走から勝負所で上がっていき、直線伸びて抜け出し勝利、折り合いがスムーズとはいえませんでしたが、それでも抜け出す地力は本物です。

【ソングライン】強烈な末脚

父キズナ。母ルミナスパレード。母の父シンボリクリスエス。

今年初戦サウジアラビア遠征の1351ターフスプリント(G3・芝1351m)では世界の強豪馬を相手に見事に優勝して、実力を世界に向けてアピールできました。

前々走のヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)は、3コーナーで不利を受けて馬群の中で少しバランスを崩しましたが、すぐに立て直して33秒2の末脚で3着レシステンシアと同タイムの5着まで粘り込みました。前走の安田記念(G1・東京芝1600m)は、中団の10番手を追走、勝負ところで馬群の外を回って直線へ、スムーズに伸びていき、内の馬を交わして優勝。

芝1200mは初めてになりますが、ペースを問わず、412.5mの長い直線で瞬発力を発揮できる差し馬が有利な傾向がり、ソングラインの強烈な末脚は発揮できれば、セントウルステークスへ対応できると思われます。

回避【ジャングロ】適性距離

父More Than Ready。母Goodbye Stranger。母の父Broad Brush。

報知杯中京2歳S(OP・中京芝1200m)は逃げて、34秒7のメンバー中最速上がりの末脚を使い3馬身半差をつける圧勝も余力を残していました。

マーガレットS(L・阪神芝1200m)は、控えて4番手を追走、直線、先頭のショウナンマッハを交わして抜け出し勝利。

ニュージーランドT(G2・中山芝1600m)は、積極策でハナへ先手をとってスムーズに逃げ、直線に入っても先頭、そのまま逃げ切って勝利。

直線ゴールまえで、後ろから迫られても、もうひと伸びしているので実力は本物です。

3連勝で重賞初制覇。NHKマイルC(G1・東京芝1600m)は、大きく出遅れて最後方18番手から追走、33秒8の末脚で伸びましたが7着でした。

芝1200mで2勝しているように、本来は芝1200mが1番合っています。

適性距離に替わりセントウルステークスで、巻き返してくる可能性が大いにあります。

【ダディーズビビッド】着なら

父キズナ。母ケイティーズギフト。母の父フレンチデピュティ。

夕刊フジオーシャンS(G3・中山芝1200m)は、中団追走から、勝ち馬ジャンダルムと0秒2差の4着に入線しました。

前々走鞍馬S(OP・中京芝1200m)、安土城S(L・中京芝1200m)と中京芝1200mで連続2着に入線して、スプリントレースへの適性が高いことを示しました。

ここ9戦は勝ち切れていませんが、2着3回・3着2回。セントウルステークスでも2着、3着なら十分狙える実力馬です。

【ボンボヤージ】自在な脚

父ロードカナロア。母ディープインアスク。母の父ディープインパクト。

前走の北九州記念(G3・小倉芝1200m)は、フルゲートの1枠1番から二の脚でインコースから中団に上がっていき、4コーナーでもうまくスペースがあき、そこを突いて抜け出し、後続に並ばせず、1馬身半差をつけて勝利しました。

ボンボヤージとタイセイビジョンは進路取りの差、自在な脚がありセントウルステークスでもインコースからうまく抜け出せれば、重賞連勝の可能性は十分あると思われます。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【セントウルステークス2022予想】穴馬情報

セントウルステークス
セントウルステークス

【モントライゼ】重賞実績

ダイワメジャー。母ムーングロウ。母の父Nayef。

3歳時には、小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)を2着、京王杯2歳S(G2・東京芝1400m)を2番手先行から抜け出して優勝、デビュー4戦目で重賞を勝った資質馬です。

昨年はファルコンS(G3・中京芝1400m)で3着に好走。

その後6戦は馬券に絡めず苦戦が続いています。

前走の北九州記念(G3・小倉芝1200m)は、出遅れましたが、4コーナー11番手から5着まで差を詰めた走りから、復調気配が感じられました。

重賞で1勝・2着1回、3着1回の実績があり、セントウルステークスで軽視できません。

【ファストフォース】昨年のCBC賞レコード

父ロードカナロア。母ラッシュライフ。母の父サクラバクシンオー。

昨年のCBC賞は、勝ち時計1分6秒0の日本レコードで優勝しました。

昨年北九州記念(3着)、京阪杯(2着)以降は、5戦連続の凡走が続いています。

セントウルステークス過去10年、6歳以上は、0勝・2着2回・3着5回・着外58回、勝率0%、連対率3.1%、複勝率10.8%のデータと、年齢的な衰えから3着が精一杯かもしれません。

【コムストックロード】左回り得意

父シルバーステート。母ニシノムーンライト。母の父Diesis。

左回りは10戦2勝・2着2回・3着1回で複勝率は50%。左回り10回の経験はセントウルステークスで大きなアドバンテージになります。

たまに出遅れますが、スタートがスムーズなら、持ち前のスピード能力と先行力を発揮できます。

得意の左回りコースなら好勝負は必至です。

【サンライズオネスト】実力つけた

父ダイワメジャー。母サイモンドルチェ。母の父ジャングルポケット。

今年2戦目の阪急杯(G3・阪神芝1400m)は、好位の3番手で先行から、直線でじわじわ上がっていき3着に粘り込みました。

前走の鞍馬S(OP・中京芝1200m)は、レコードを記録するかなりの高速馬場で先団につけないとやや厳しい馬場を後方13番手から4着まで差を詰めて実力を示せたことで、セントウルステークスでの好走の可能性がでてきました。

【タイセイアベニール】展開次第

父ベーカバド。母ハロードリーム。母の父ブライアンズタイム。

函館スプリントS(G3・函館芝1200m)は、じっくり構えて後方14番手のインコースを追走、直線でも内ラチ沿いを突いて追い込み、狭いスペースを割って進出し3着争いで先着、堅実さをここでも発揮。

展開の影響を受けやすい脚質ではありますが、スプリントレースの激しい先行争いで前半なし崩しに脚を使うハイペースになれば、33秒台の末脚が使えるので、強烈な末脚で直線まとめて差しきることがあっても驚けません。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【セントウルステークス2022予想】コース適性情報

セントウルステークス
セントウルステークス

【メイケイエール】重馬場巧者

父ミッキーアイル。母シロインジャー。母の父ハービンジャー。

中京芝1200mは2戦1勝・2着・3着0回で複勝率は50%。

中京芝コースは2戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。

芝1200mは6戦3勝・2着0回・3着0回で複勝率は50%。

左回りは3戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は67%。

稍重・重・不良馬場は3戦2勝・2着0回・3着0回で複勝率は67%です。

重馬場開催の高松宮記念(G1・中京芝1200m)は、勝ち馬ナランフレグと0秒1差の4着。

中京芝1200mで開催されたセントウルステークス過去2年は、1分07秒2、1分07秒9、持ち時計的に懸念は残りますが、セントウルステークスが時計の掛かる馬場になれば、圧勝の可能性があります。

【ダディーズビビッド】持ち時計1位

父キズナ。母ケイティーズギフト。母の父フレンチデピュティ。

中京芝1200mは3戦0勝・2着2回・3着0回で複勝率は67%。

中京芝コースは8戦2勝・2着4回・3着0回で複勝率は75%。

芝1200mは2戦0勝・2着2回・3着0回で複勝率は40%。

左回りは12戦2勝・2着4回・3着2回で複勝率は67%。

稍重・重・不良馬場は2戦0勝・2着0回・3着1回で複勝率は50%です。

中京芝1200mは3戦2着2回ですが、1分07秒3の持ち時計はセントウルステークス出走メンバー中1位です。

昨年のセントウルステークスは1分07秒2の決着でしたので、ダディーズビビッドがセントウルステークスで突き抜ける可能性は十分にあると思われます。

【サンライズオネスト】持ち時計2位

父ダイワメジャー。母サイモンドルチェ。母の父ジャングルポケット。

中京芝1200mは2戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は0%。

中京芝コースは4戦0勝・2着0回・3着1回で複勝率は25%。

芝1200mは3戦1勝・2着0回・3着回0で複勝率は33%。

左回りは8戦0勝・2着0回・3着1回で複勝率は16%。

稍重・重・不良馬場は4戦1勝・2着1回・3着0回で複勝率は50%です。

中京芝1200mでは複勝率は0%ですが、持ち時計1分07秒4は、はセントウルステークス出走メンバー中2位です。

前走の鞍馬S(OP・中京芝1200m)は、レコードを記録するかなりの高速馬場で4着に入線した走りがセントウルステークスで再現できれば好勝負必至です。

【ソングライン】左回り複勝率89%

父キズナ。母ルミナスパレード。母の父シンボリクリスエス。

中京芝1200mは未経験。

中京芝コースは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

芝1200mは未経験。左回りは9戦5勝・2着2回・3着1回で複勝率は89%。

稍重・重・不良馬場は1戦0勝・2着1回・3着0回で複勝率は100%です。

芝1200mは未経験で適性は未知数ですが、左回りは複勝率89%と非常に高い適性があることから、左回りの芝1200mなら対応できる可能性があると思われます。

回避【ジャングロ】距離短縮変り身

父More Than Ready。母Goodbye Stranger。母の父Broad Brush。

中京芝1200mは1戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

中京芝コースは1戦0勝・2着0回・3着0回で複勝率は100%。

芝1200mは3戦2勝・2着0回・3着1回で複勝率は67%。

左回りは3戦1勝・2着0回・3着0回で複勝率は33%。

稍重・重・不良馬場は1戦0勝・2着0回・3着1回で複勝率は100%です。

中京芝1200mは1馬身半、3馬身半差で圧勝しており、ベストの距離が1200mの可能性があります。

距離短縮で大きな変り身を見せてくる可能性があります。

3連単6点勝負のご案内フォームです。

【セントウルステークス2022予想】血統情報

セントウルステークス
セントウルステークス

【メイケイエール】シラユキヒメの牝系

父ミッキーアイル。母シロインジャー。母の父ハービンジャー。

シラユキヒメの牝系で阪神ジュベナイルF(G1)、桜花賞(G1)を制覇したソダシやハヤヤッコと近親です。

母ユキチャンは関東オークス(G2)、クイーン賞(G3)、TCK女王盃競走(G3)の重賞を3勝しています。サンデーサイレンス×Topsider×クロフネが配合されたことでパワーとスピード能力が押し上げられています。3代母のシラユキヒメは白毛で有名な一族の牝系です。

母の父ハービンジャーはダンヒチ系で、折り合いに難しさはありますが、ハイペースの芝1200mなら折り合えます。

父ミッキーアイル似のマイラー体型の大跳びでスプリンターでありませんが、周りに馬がいるとエキサイトして、かかって行きたがるのでスプリントレースに向いています。

【ソングライン】高速馬場向き血統

父キズナ。母ルミナスパレード。母の父シンボリクリスエス。

母ルミナスパレードはJRA4勝(芝ダ1200~1400m)。

母の母ルミナスポイントはノーザンリバー(重賞6勝)の全姉でJRA5勝のオープン馬でした。

3代母ソニンクの牝系からディアドラ(G1・2勝)、ロジユニヴァース(ダービー馬)、ランフォルセ(重賞4勝)など活躍馬が多くでています。

キズナ×シンボリクリスエスはアカイイト(エリザベス女王杯)と同じです。

キズナ産駒の無駄のない脚捌きで走るマイラー。

サウジアラビア遠征の1351ターフスプリント(G3・芝1351m)では世界の強豪馬を相手に芝スプリントで見事に優勝していますが、ここは初の1200mへの対応がカギになりそうです。

【モントライゼ】短距離血統

父ダイワメジャー。母ムーングロウ。母の父Nayef。

ダイワメジャー×ミスタープロスペクター系の組み合わせとノーザンダンサーのクロスがある血統配合はアドマイヤマーズと血統構成が似ています。

母の父Nayefは、ドバイシーマクラシック等中距離G1で4勝を挙げています。

母の母MysticGoddessはクイーンメアリーS(英G2・芝5.0F)を2着した短距離馬です。

ダイワメジャーとMysticGoddessを配合されたことで短距離適性が高くなっています。

【ボンボヤージ】高速馬場向き

父ロードカナロア。母ディープインアスク。母の父ディープインパクト。

ファンタジスト(京王杯2歳S)の全弟でコロラトゥーレ(JRA5勝)の半弟。

ロードカナロア×ディープインパクトはアドマイヤハダル (皐月賞4着)、ジュビリーヘッド(函館スプリントS2着)、ドナウデルタ(JRA6勝)などと同じ血統配合です。

ロードカナロア産駒は芝1200m重賞を12勝、そこへ2代母マーズプリンセスが配合されデインヒル×Robertoで短距離適性を高めています。

回避【ジャングロ】スピード牝系

父More Than Ready。母Goodbye Stranger。母の父Broad Brush。

父More Than Readyは米国G1キングズビショップS(ダ7.0F)の優勝馬。父More Than Readyはヘイロー系のスピード型種牡馬で14頭のG1を輩出しています。

近親にレニャーノ賞(伊G2・芝2000m)を優勝したヴェールラケースなどがいます。

日本ではカフェファラオ(フェブラリーS連覇)やナックビーナス(キーンランドC)の母父でもあります。

牝系はスピード能力が重ねられた配合で、短距離適性が高い血統です。

先週の的中実績です!(2022年9月3日4日)

☆有料メルマガ先週の的中実績(2022年9月3日4日)
万馬券2本的中しました!
2022年9月3日小倉11R30,370円3連複6点的中
2022年9月3日新潟10R10,400円3連単6点的中
2022年9月3日小倉9R3,820円3連単6点的中
2022年9月3日札幌6R6,180円3連単6点的中
2022年9月4日札幌12R6,340円3連単6点的中
回収率⇒231.7%<2022年9月3日4日通常コース>
回収率⇒421.8%<2022年9月3日4日重賞コース>
無料メルマガ先週の的中実績(2022年9月3日4日)
無料メルマガ穴馬予想6R予想中3Rで穴馬的中しました!
新潟記念穴馬的中!10番人気1着!(2022年9月4日)
丹頂ステークス穴馬的中!7番人気3着!(2022年9月4日)
テレQ杯穴馬的中!8番人気2着!(2022年9月3日)
https://talmudic.net/lastweekshitresults202-9-4/

3連単6点勝負のご案内フォームです。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

【セントウルステークス2022枠順確定】

1-1 ボンボヤージ(川須栄彦)
2-2 シャンデリアムーン(斎藤新)
3-3 ジャスパープリンス(松山弘平)
4-4 メイショウケイメイ(古川吉洋)
4-5 メイケイエール(池添謙一)
5-6 タイセイアベニール(藤岡康太)
5-7 サンライズオネスト(横山典弘)
6-8 モントライゼ(川田将雅)
6-9 ダディーズビビッド(竹之下智昭)
7-10 チェアリングソング(坂井瑠星)
7-11 ソングライン(C.ルメール)
8-12 ファストフォース(団野大成)
8-13 ラヴィングアンサー(菱田裕二)

3連単6点勝負無料メルマガのご案内です。

料金は一切不要の完全無料です。でご安心頂ければ幸いです。
月曜から金曜は重賞情報土・日曜は重賞予想をお届けします。
形式上有料情報のご案内をさせて頂きますが不要の方はスルーして頂ければ幸いです。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net からの受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負無料メルマガ登録フォームです。

3連単6点勝負のご案内です。

【3連単6点勝負】のご案内情報をお届けします。
充実した内容ですので見るだけでも価値があります。
@icloud.com 以外のドメインメールで登録いただければ幸いです。
sanrentanrokutensyoubu@talmudic.net から【3連単6点勝負】のご案内をお送り致しますので、受信許可設定をお願いします。
下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。

3連単6点勝負のご案内フォームです。