朝日杯フューチュリティステークス予想

朝日杯FS2019、阪神芝1600m右外回りの
コース適性を
競馬予想に使えるように詳しく解説します。

コーナーが2回で、直線部分を走る距離が十分あり全馬が実力を発揮しやすいコース設定になっている。ペースも平均から速めとなる可能性が十分あり、2歳馬にとってはタフなレースになりやすい。スタート地点は向こう正面の平坦地点から、3コーナー手前の所で上り坂がある。残り600m地点から直線の半ばにかけて緩やかな下り勾配が設けられている。そこからすぐにゴール前の高低差こそ1.8mながら、勾配は1.5%の急坂が待ち構える。直線距離は473m。全般的にフェアで紛れが生じにくい、真の実力を問われるコースで全馬力を発揮しやすい舞台。前傾ラップになると、逃げ・先行馬は苦しくなり、差し・追い込み馬が有利。展開の紛れが少なく、実力がハッキリと出るレースになる。道中しっかりと脚と溜めて終いに末脚を発揮する地力が問われる競馬となり、総合力が高い馬でないと上位争いは厳しいレース傾向がある。スタートから444mの直線を走りぬけて外回りコースへ入る。4コーナーの残り600m地点から直線残り190m地点まで緩やかな下り勾配が設けられて阪神名物の上り坂に繋がる。高低差1.8m勾配1.5%の急坂がある。120mで1.8mの高低差を駆け上がって残り70mで更に決め手を発揮することが求められるタフなコース。スピードとパワーを兼ね備えていることも必要十分条件になる。